Twitter から 546P | から (@546P) のツイート

Default profile 546 reasonably small

軍師太師以外で惹かれる関係が、太公望と妲己、鏡、伏羲様と女媧様なので、とてもわかりやすい嗜好だと思う…

Default profile 546 reasonably small

太師信者の私は、腐った国〜発言に、元始天尊の指摘と同じ気持ちにさせられてしまうのだよね。頭では、正論だし立場を考えれば言わなければならない事だと思うのだけれど、心が聞仲さまに酷いこと言ってるって感じてしまう。

Default profile 546 reasonably small

軍師太師はCPとかじゃなく寧ろ、描かれている関係こそが最高なんだ。でも、CPとしてみたいもこの二人なんだ。

Default profile 546 reasonably small

そして信者vs腐女子の戦いは続く

Default profile 546 reasonably small

しかし3回目位であれ?軍師太師何これ?って気付いたが最後、腐女子の私の沼はここでした…

Default profile 546 reasonably small

後世に残したいひこぶんみたいなRTも一緒にみたので先入観ありでしたけど、あれは確かに腐女子落ちます。

Default profile 546 reasonably small

聞仲さま…恐ろしい方だ…

Default profile 546 reasonably small

年末無料のRTを見かけ気分転換に軽い気持ちで読んでみただけ、のはずが…まさか…こんな…

Default profile 546 reasonably small

この期に及んで二次元の人物がこの世で一番の推しになるとは全く思ってませんでしたし。

Default profile 546 reasonably small

いやでもしかし「さま」と呼び続ける事によって確実に信仰心は深まっている。ことだまってあるよね…

Default profile 546 reasonably small

この1年弱聞仲さまのことを考え続けた結果信仰心も芽生えて…
と思ったが、信仰故の「さま」だから結構はまってすぐ辺りから信仰はしていた…

Default profile 546 reasonably small

対になるのが美しいのと両者の関係性そのものを表現できるから対比する際は軍師と太師と好んで呼んでいるけど、語る〜の標準の呼び方なので読んでいると非常にホーム感がある

Default profile 546 reasonably small

妄想でどこへでもいけるきってみたいなアイコン
仕様変わって角が欠けてしまったのもらしくていい

追ってはいないが影響は受けてるな〜

Default profile 546 reasonably small

↓下書きにあった

Default profile 546 reasonably small

くるくるしょうじょが推CPから電波受信してる腐女子のテーマソングだ

Default profile 546 reasonably small

太師が築いてきた殷という礎が(反面教師的な面も含めて)あったからこそ、周という新しい国が生まれたと思っているので、周は聞仲さまの孫だ。

Default profile 546 reasonably small

連載時の煽りが秀逸だったというのを見るにつけ、完全復刻版みたいなの出して欲しいな〜と思う。

Default profile 546 reasonably small

封神台の聞仲さまが禁鞭を身につけているのは(ミスでないとして)意志的なものがあるみたいだから、聞仲さまを慕って、禁鞭の魂的な部分が聞仲さまについて来てた、そこからの張奎への継承とかだったらいいなあとか妄想したけど一コマだけだからやはりミスか?

Default profile 546 reasonably small

一生〜とか永遠にとか純粋でなければ信じられない。しかし純粋であり続けるというのは狂気に近いと思う。それでも純粋さを美しく尊く感じる。

Default profile 546 reasonably small

軍師と太師にとってのそれぞれの信念は、自身のレーゾンデートルに等しいものだと思う。

Default profile 546 reasonably small

軍師は、仙道の居ない人間界を作る為に、仙道になったこと、が、そもそも自分を犠牲にしていると思う

Default profile 546 reasonably small

軍師が自己犠牲心の持ち主とはよく言われているが、太師もそういう人に私には見えるのだな。軍師はみんなの為そして力がないから見えやすく、太師は殷の為そして力があるから見えにくいってだけで。でも自分の信念=我儘を押し通す為の行為だから、本人にとっては自己犠牲でもない当然のことなんだけど

Default profile 546 reasonably small

はるか昔に読んだ銀英、伝説が終わり歴史が始まるって最後の一文が今でも憶えている位印象的で大好きなんだけど、封神のラストもこれなんだ。物語の終わりの寂寥感とそこから新しい世界が続いていく余韻の絶妙な表現で存在感がより心に焼き付けられる感じの。

Default profile 546 reasonably small

影の主人公ってどこで言ってたの…?本当ならこの目で見たい…

Default profile 546 reasonably small

容姿も老いていたら大切なものを失っていく様がより辛く見えるというような意見をみて、想像し、確かに…と

Default profile 546 reasonably small

心意気は覇道を征きたい、けど、茨って表現が似合うよねCP的に

本来の意味から捉えると「王道」の反対語って「覇道」らしいから、これから王道CPに対して世間一般的に数が少ないCPのこと「マイナー」とか「茨」とかネガティブな言い方しないで「覇道」って呼んだらいいのでは。弱きも強きも力でなぎ倒してく感じしてかっこいい。

Default profile 546 reasonably small

自分の信念の為お互いの存在を否定し合わなければならないからこその尊重と共感、そしてお互い自分が持ち得なかった強さへの憧憬、みたいな

Default profile 546 reasonably small

何より犠牲を出すこと厭う太公望が、何を犠牲にしてでも自分の大切なものを守ろうとしたことをいちばんエラい所と評価していた聞仲さま

Default profile 546 reasonably small

3回説得が信条の普賢が1回の説得で強固な意志は崩せないと悟るような頑迷な太師に、おまえともっと早く会っていたならもっと違う道が見えていたのだろうと言わしめた太公望と