Twitter ここしゃにわ Cocosaniwa | ここしゃにわ (@Cocosaniwa) のツイート

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

あたくしがサニワに・・・?むしろサニワってなんなの、新しいファッション関連の職業?

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

おゆはん!!!

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

あたくしが作ったジュエリーを核にしてジェムが現れてくれないかしら刀剣男士みたいに!刀剣男士みたいに!!って念じたけど基本あたくしのジュエリーの石ってガラスとかのイミテーションだったわ……さすがにガラスのジェムはいないわ……

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

今日のお昼はだれといっしょかしら。ひとと食事を共にできるのはとてもいいことね。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

スティーブンユニバースを知ってから日曜日が好きになったわ。なぜなら日曜日よる7時半からの番組だからよ。わりとめっちゃ待ち遠しいわ。たとえ再放送でも待ち遠しいわ。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

愛され審神者が自己投影が過ぎるとかどうとかたまに見るけどあたくしだって愛され審神者でしょどう見たってうちの子達に愛されてるでしょ。えっそういうことじゃない?えっあたくし愛されてないの?うそでしょ?

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

おゆはん!!!

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

YAWARAにはその時代にあったすべてのファッション性やKAWAIIの概念が詰め込まれている素晴らしいアニメね……浦沢直樹は本当にすごいわ。PLUTOとか。ヘラクレスの男前度ほんとどうにかしてほしいわ抱かれたい。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

自分が好きじゃないことにはすべて反対のこと、つまり私の好きなことがあるのだと思うことによって、私は自分の人生を切り開いてきた。どこにだって何にだって、自分が楽しめる要素は転がっているのよ御手杵。そう、あなたがチョコ入りマシュマロを串刺しにしてライターで炙ってたべるのもそのひとつよ

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

今日のお昼はだれといっしょかしら。ひとと食事を共にできるのはとてもいいことね。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

このシャネルマークが目に入らぬか!入らないなら物理的に挿入してやる。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

…………おわかれも、そんなに悪いものでもないわね。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

ほんと、慌ただしいったらないわ。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

今日はきっと、寝ずに宴会ね。宗三の駆け落ちと、和泉とむっちゃんのことに対するお祝いと、明日彼らのお母様が十和田湖に帰るから、お別れ会も兼ねて。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

あたくしにはよくわからないけれど、隣であたくしと手を繋ぎながら見ていた今剣は、肩を竦めて「ぼくもかのじょほしいなあ」なんてぼやいてるし、まあ、いいことだと思っていいのでしょう。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

ほんとうの旅立ちと連れ添いの誓いだと考えたら、そうでもないのかしら。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

ひとが殺されたことに対しておめでたいなんて、なんて不謹慎な社員なのかしら。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

至る部屋中から歓喜の声がするのが中庭にまで響いてくる。灯りをつけて、窓を開けて。笑いながら。おめでとうと口々に。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

ドカンと

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

蜻蛉切は、丸缶に付けられた丸い紅い、血珊瑚みたいなボタンに指を乗せて、

「我々には、2501という合言葉さえ要らない。」

そう嬉しそうに笑みながら、それを押し潰したわ。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

死ぬまで共にいる連れ添いを保ったままで、愛したその連れ添いを殺すことができるなんて、この男はなんて贅沢な生を迎えているのかしら。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

脳を機械に繋いで活かそうとした科学者に、脳は人間の全てではないと言った呪い師がいた。
「そんな小説もありましたな。」
それが、もう可能になってしまうまで遠くまで人間は来てしまった。それなのに、営みだけはいつまでも変わらないのね。死んだり殺されたり愛したり愛されたり遺されたり。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

……泥だらけのそっけない機械のひっついた鉄の丸缶。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

何処にいても逢えるんでしょう。
「ええ。」
何処にいてもいるのでしょう。
「ええ。」
人間なんかすぐ変わっちゃうわ。変わっても側にいてくれるなら、そんなのいちばんのハッピーエンドよ。

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

「社長、シャネル。」
何かしら。
「あれが、私がただの「以前の歌仙」に対する未練で此れを活かしておいたのだと知れば、なんというでしょうか。」
そんなの、本人にお訊きなさい。
「……そうですな。」

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

あなた、此処に歌仙を埋めたことで彼と道を別かったなんて嘘でしょう。
「嘘です。」
見ていたのね。
「ええ。ずっと。枝を付け、あれの游ぐデータの海を見続けた。」
それで?
「既にずっと前から、この脳はあれが海を游ぐのには邪魔なものでしかなかった。」
だから殺す?
「ええ。」

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

「既にそれのものでは無くなった脳を殺すのは、道理に適っているでしょう。」

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

成功したということ?
「そういうことでしょうな。だからもうあれは「歌仙兼定」という個人では既にないのです。」

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

「自分のみであればその自我もすぐに消え、何処まで届くかもわからない。身体の中に誰か別の存在を住まわせ、観測させることが不可欠だろうと判断した。」

「––––––だから、あれは「彼女」と融合することを選んだ。膨大な容量を持つ彼女は、その質量に拘らずあれの自我を食い潰さなかった。」

Dccyqszq reasonably small
ここしゃにわ@Cocosaniwa

「あれは、計算とともに、何処まで行けるかを試したくなったのだそうです。」
何処まで?
「自我を小分けに分散しながら、何処まで自分というものを保っていられるか。」
なんて途方もない話。
「そうですな。」