Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) / 2017年11月のツイート

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

整理がなかなかできないのでしばらく状況も公開していないけれど、一応字書の制作も続けていてまだまだ時間はかかりそう。
図書館か家にある本で調べてノートにメモしたことから順に入力しているためバラバラ(性格があらわれている)。 pic.twitter.com/xhDOv3GYL8

「うざい」って言うと角が立つから「うぞうございます」って言おうかな

28. 𡳤,𡳣,𡳢。嶋,島,嶌みたいに尺がうろちょろしてる。そしてやはり旁に行くことはないらしい。そういえば尺を部品に含む字って意外と少ない気がする。 pic.twitter.com/XqphW0oSfh

27. 㐦。上半身に対して下半身が貧弱すぎる。ワンピースのキャラクターをどことなく髣髴とさせる。ぱっと見貧弱だが、バネみたいな形をしてるので意外と弾性があって丈夫なのかもしれない。 pic.twitter.com/0nksidR65R

𣟕。山火事かな?クッソ燃えやすそうな構成なので憐れみすら感じる。ちなみに隣の木も燃えてしまった「𤒇」もある。これでもかというくらい燃え盛っている。 pic.twitter.com/WVDUNEeHFJ

竹。
普段何気なく使っているが、改めて見てみると字喃のようにかなり独特な字である。
何度も書いたり、じっくり見てたりすると多分ゲシュタルト崩壊を起こす。
シンプルなのに不思議な魅力を持った字である。 pic.twitter.com/MawNWhhBMr

恝。
新漢語林で引くと
1️⃣心に憂いのないさま。
2️⃣心に憂いのあること。
の二つが出てくる。
漢字界の闇を思わせるがともかく、背反する時を持ち合わせる、思春期のような字である。 pic.twitter.com/vrBBuVFNPA

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@kokyose なんか轆轤っぽいですね…

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@yhkondo 先生の書かれた本であることは大学の図書館で見たときに知りました。あこがれます…。何度も借りて返すのが大変なので今では図書館で読んだ本が買うきっかけになっています。音訓篇立は『字鏡』の内容を一部補えるだけでなく他の辞書にない記述もみえるので面白いですね。

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@ringz34 上にうつる物々しい文字たちは、中国の漢字に倣って日本で独自につくった、いわゆる日本製の漢字です…。これらの日本製漢字を日本の文献から約1500種類集めた『国字の字典』が東京堂出版から出ています。興味があれば是非!amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%A…

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

購入。『音訓篇立』を揃いで買うと高かったのでそれぞれ別の書店で上下巻を揃えた。あとは索引のみ。 pic.twitter.com/mFnSQ5mgVK

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@kaiwarehan 字も細かいし目視での確認が疲れて見落しもあると思っていますが、たのしいです。ヒマがあれば2周してまとめたいです。

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@JUMANJIKYO 尚中国の稀少地名漢字については @WangXieyang 氏が詳しく調べている。

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

3年前から図書館で角川日本地名大辞典から稀少地名と難読地名を抜き出してノートに書き集めているが、開いているページにメモしてしまう癖が祟ってメモが散乱。あとでまとめようと思うけれど・・・。ちなみに山形、福島、群馬、栃木、茨城、埼玉、長野、富山、福井、岐阜、滋賀には目を通している。 pic.twitter.com/9pq6RiZpSh

『武生市史』「小字名一覧」をばーっと見た
杉崎町 字赤⿰木管 (あかふさ)
萱谷町 字上峐山 (うえはげやま)
小野町 字一伏三起 (そなだれ)
あたりが目に付いた pic.twitter.com/z9n1l3QEv2

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

『角川大字源』の仮名合字、「ける」「けり」は初めて見た pic.twitter.com/TmTdwBQK0g

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

「ドン樋」と「赤𪴌」。「大湫」の「湫」は「泓」の誤かな pic.twitter.com/ys7uotillS

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@sarasvati635 ああ..なるほど

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

「𨎍䡿」意味深げな・・・
福井県小浜市青井の地名 pic.twitter.com/USFRygQMbd

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

そういえばミカ神社の[镸瓦]と似た[瓦镸]という字が平安ころから出てくるのだが異体字かな?

@rin1070 はい…。でも、数ヶ月前に見つけ出した文字のスクリーンショットだけあるんですけど、どうやって見つけたのか忘れてしまいました。
何かすごい漢字ですよね~。 pic.twitter.com/08Oxgm4xpZ

@JUMANJIKYO なるほどですね
実は今の中国に日常的に言えば
「一咒十年旺,神鬼不敢傍」というので、意味はあまり違わないのですが、殆ど使わない感じかもしれませんね

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@lihpx_919 諸橋轍次『大漢和辞典』(大修館書店)です

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

死ぬ前に、集めた研究資料をだれか後輩の漢字研究者に譲りたい。

8kd0w ax reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

#いいにくいことをいう日
字書の編集のために買った研究資料と文献の費用が8万円を超えた…(8万じゃ研究者としてまだまだ大したことないけど)
昨日も『音訓篇立』を日本の古本屋でポチッと。

『三省堂国語辞典』(第7版)の「くさ〔草〕」が、いろいろに解説してくれていて、楽しい。雑草とか、牛馬のえさにする草とか、屋根にふくカヤとか、マリファナとか、本物と似ているが違う(草ひばり)とか、正式ではない(草相撲)とか…。他の辞書にはあまりない記述。もっと違う草がありそうだが。

地域別のランキングでは、北海道と中部で「凛」(青)が、近畿と中国四国で「凜」(赤)が3位以内にランクイン。何かの偶然で、ちょうど(ざっくり)西の方と東の方で分かれていて面白い。「凜」(赤)は、西日本全体の3位にもランクイン。 pic.twitter.com/kqbP7sCzgu

ここ5年間を拡大。凛も凜も安定の上位。「りん割れ」(凛と凜で票が割れる)を起こしているのに、両方上位は、かなりすごい。クラスに「凜ちゃん」と「凛ちゃん」がいるから書き分けなくちゃという状況もあるのかも。 pic.twitter.com/oEbBVqcEcr