Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) / 2018年12月のツイート

今年は108まで好きな漢字を紹介して終わります。ありがとうございました。#拾萬字鏡 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

108.寒い日は特に扉のすき間からもれてくる冷気が気になるものだがそんなもれてくる風をあらわす漢字がある。「闏」は朝鮮でつくられた数少ない漢字の一つで会意文字であり、また「風」を声符とする形声文字でもある。 pic.twitter.com/THC9Uds8Er

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

107.チワン語でcaeuzは晩飯の意味をあらわす単語だが漢字で書くと「朝」という文字が入りややこしい。おそらく「朝」は発音をあらわしているものでたまたま意味が対になってしまったものだと思う。 pic.twitter.com/EV8fJIbFrG

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

106.「文字」をあらわす漢字。チワン語圏固有の漢字である。 pic.twitter.com/Pv8XZp6qtU

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

105.日本語圏で「哘」は誘う意をあらわす漢字。口で行こうと誘うことから「哘」と書くのだといわれる。鎌倉時代から日本で使われる文字で現在は青森県七戸町の地名に残る。チワン語圏などにも同形の文字があるが偶然字体がかぶったものだと思われる。 pic.twitter.com/QlIcQTA234

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

104.チワン語圏でビンタを喰らわす意味をあらわす漢字一字。声符は「門(片側のみ)」で意符「打」が両端に来ている不思議な構成の文字。 pic.twitter.com/SWLd1DR9oE

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

103.平成30年ももうそろそろで終るが、干支の組合せでは平成戊戌歳で「成戊戌」とよく似た構えの漢字が並んだ年だった。このような似た形の漢字は昔から混同され、中世の字書には巻頭や巻末の付録に「辨字(べんじ)」や「字辨(じべん)」などという題で互いによく似た漢字の解説があった。 pic.twitter.com/bWGTpluYXx

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

102.日本語圏で「まぶし」を意味する漢字。漢語では「麝香(ジャコウ)」という語もあるようにシカの一種をあらわす形声文字だが 
、日本では声符ある「射」にも意味を見出し室町期にシカやイノシシを待ち伏せる(所・人)の意で「麝」の字を用いた。「まぶし」は中世日本の狩り言葉。 pic.twitter.com/zrPPHY3sd1

ところで朝鮮ではどうであろうとおもい『朝鮮語漢字語辞典』を引くと「坊坊曲曲」とある。大漢和には「坊曲」は見えるがこちらはない。 pic.twitter.com/XauHG5vOeb

そういえば津々浦々って四字熟語、音読みじゃなく訓読みなので中国の古典由来じゃないのかなとおもって大漢和を見たところ多分違うんですね。中国語の辞書を見ると「全国各地」とか「家家户户」とか出ている。 pic.twitter.com/AwxR73YzAH

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

101.形がシンプルなので記号のようにも見えるが漢字。粤語圏では岩山にできている穴をこの字であらわす。由来は不明(分かる方教えて)。同じ字形の文字は日本語圏(円の異体字)や客家語圏(語气詞)にも存在する。 pic.twitter.com/gi7vh6rT0X

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

『国字の字典』が手もとにある人はあとで確認してみてほしいが、国字(日本製漢字)とされることの多いこの「うつむく」の文字は実際は上の二字熟語「奊𡔢」の二字目「𡔢」の変形である。「奊𡔢」は中世の日本の字書にも載る文字で早くから日本でも知られていたことがわかる。 pic.twitter.com/VM1jNFWQv5

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

100.頭が歪む意を持つ聯緜詞「奊𡔢」。正しくない意から引申して官話では曲がった性格である様子や不安定な様子をあらわす言葉として用いられる。意符「夨」は傾く、歪むなどの意味で傾げた頭の様子を描いた象形文字という説がある。 pic.twitter.com/qWn2xWuLaw

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@IIMA_Hiroaki もし「うみ」と当てるためだけの造語だとしたら敢えて別の読みを与えようとしなくてよいのではないかと私なら思ってしまいます。しかし読みを与えることには何か意味があるのでしょうか。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@zoenshiueh_lieu 快&歉?

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

これ、おもしろいことに古辞書でもココロヨシとココチアシにちゃんと分かれている <RT pic.twitter.com/ES9YLSICbY

@mnb0129 「とんでもない」で一語だから、とんでもございません=誤。とんでもないことでございます=正。潔い(いさぎよい)の否定をいさぎわるい、快い(こころよい)の否定をこころわるいと言えないのと同じかと。滅相も無いは自分を謙遜するのに使うような。ございませんについては同様。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

この字だよね。なんだか変な字だ。
yedict.com/zscontent.asp?…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

この字の右側「急」に似た字って「急」なのかな?元はなんていう字だろう? pic.twitter.com/qeqDp6PYg5

そういや、洗濯の「濯」の略字は「沢」つかいますね。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

同書にあるミカタの国字。鬥(たたかう)と鬼から成る。日本近世の兵術書や軍で用いられた位相文字で近世脚本の造字の類を除けば「鬥」を構える唯一の和製漢字かも。 pic.twitter.com/tv82QgP9rQ

曜日の曜を日へんに玉と書くから(私も普段そうやって書いてる)、それの応用編ぽいですよね。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@Marshall_4 御返󠄁事ありがとうございます。
古い建物なんですね。
これはどの都道府県の銭湯ですか。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

洗濯の「濯」
この略字は大変珍しい twitter.com/Marshall_4/sta…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@rhnnsi まさに!!

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

文政6(1823)年の節用集だが「円規(コンパス)」が載っている。手元に資料がないので今調べることができないが日本語の辞書に載るのは結構早い例なんじゃなかろうか。 pic.twitter.com/QhsGYusZim