Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) / 2018年6月12日のツイート

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

仝←この文字の意味や使い方

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

軈←この文字の意味や使い方

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

彁(ゆみか)…

Hello! Saluton! こんにちは! 新人VTuberの入江 彁(いりえ ゆみか)です!語学学習を通して沢山の人と交流したいです!よろしくお願いします!

産経新聞社などが主催する「第9回創作漢字コンテスト」の作品を募集します。100年後まで残るような、世相や生活、夢を反映した「一字」をご応募ください。平成30年9月14日(金)締め切り。#創作漢字コンテスト #加地伸行 #秋元康 sankeisquare.com/event/kanjicon… pic.twitter.com/Uv8FFA0Yzf

飯テロ失礼します。寿司屋で見られる日本の漢字。中の人にはもう漢字を喰っているようにしか見えないわけですが pic.twitter.com/UmNp3aLaCj

節用集のことを知りたいなら、佐藤貴裕先生のこちらのページが便利です。
www1.gifu-u.ac.jp/~satopy/ron.htm

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

お守りって白川静はやはり宗教なのか…<RT

お守りに持ちたい気分RT“@heibonshatoday: 白川静『字通』の普及版が2014年3月に刊行…A5判、2496頁(予定)、定価は1万円+税(1996年刊行の元版はB5判、2000頁、本体2万3000円)漢和辞典の最高峰…pic.twitter.com/9pkx41UIJZ

三省堂の「新明解漢和辞典」は康熙部首以外にいろいろ部首を設置していておもしろいです pic.twitter.com/8qhHEpQmf9

【国内書新刊】
定番の漢和辞典です。通常版よりも判型と文字の大きな机上版が刊行されました!

『全訳 漢辞海 第四版 机上版』
戸川芳郎 監修/佐藤進,濱口富士雄 編/三省堂/税込5,940円
toho-shoten.co.jp/toho-web/searc… pic.twitter.com/IqOoaDQnWb

@Holela3 この「ひるくながい」という字は茨城県の瑞龍遺跡で出土した平安時代と推定される土器片に「女」という文字とともに刻まれている国字で、890年代〜901年頃に完成した現存最古の漢和辞典にもこれと似た文字の掲載があり「孕」の異体字としているみたいです。
ibarakinews.jp/news/newsdetai…

@ishiimark_sign 駅、といえば東京駅に限らず首都圏の駅にてたまーに見かける、この変な字体の案内表記、一体どういった成り立ちを経ればこうなるのか気になるところです。ガムテープを切り貼り合わせたものからですかね? pic.twitter.com/UFFfsSRYuo

【原字はフォントの原点】活版時代の朝日新聞と、現在の紙面を切り取って横に並べました。活版時代の本文書体は5月から紹介している「一倍扁平」です。文字サイズは変われど、書風は今の紙面にも引き継がれています。(鱗)#フォント #朝日書体 #原字 pic.twitter.com/f2oRkANhZt

参考
陳劍:《釋上博竹書和春秋金文的“羹”字異體》 gwz.fudan.edu.cn/Web/Show/295 ;《戰國竹書論集》,上海古籍出版社,2013.12。

twitter.com/kikiishiki/sta…
「粥(鬻)」は「䰜」+「米」からなり、「䰜」に含まれる「弜」は「鼎/鬲/皿」+「火」の一部分が独立したものです。西周金文の「䰜」に従う字を見ればわかります。
「弜」を湯気とするのは、西周金文資料を確認できなかった時代に生まれた誤りです。

@JUMANJIKYO 韓国語の Wiki サイトでこういうのが引っかかりました。 namu.wiki/w/%EA%B5%AD%EC… さんずいで 1 オクターブ上、にんべんで 1 オクターブ下、とのこと。

「㳲」「㴢」「㴣」「㴺」「㵈」「㵉」「㵜」「㶂」「㶃」「㶙」「㶝」「𣴘」

「ろくすい」のこの12字,何なのかと思って調べたら周の時代に確立した音楽の十二律(今でいう十二音階)のオクターヴを表現するための文字らしい。旁は十二律の名称の語頭を取り,「ろくすい」は符号のような意味。

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

ツイセーブでツイートの記録をはじめました twisave.com/JUMANJIKYO

@JUMANJIKYO いいですねぇ。個人文字が地位を得た漢字は、評論家、思想家の吉本隆明が使っていた「𪐷」が有名かな。教科書に載った(これがデカい)JIS漢字、ユニコードへと羽ばたきました。今後も漢字は増えるはず。閉じない世界です。

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@sgtytk1 鏡4つの字は宮澤賢治が詩集『春と修羅』の「岩手軽便鉄道の一月」1926年1月17日の手書き原稿の中で使った「かがみ」と読む字です。この字はすでに符号化が検討され近い将来コンピュータで入力ができる文字になりそうです。

意味を伝える記号としての役割を持つから、作るのは自由だけど、どれだけ多くの人に伝える機能を持てるかが重要な気がする。。。 twitter.com/jumanjikyo/sta…

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

前のツイートで各時代に生まれた国字を一部紹介したようにいつの時代も新しい漢字は生まれていて逆に今の時代に生まれないはずは無い。「躾」や「峠」などの国字も元は誰か一人の創作漢字からスタートした訳で使いやすい文字だったり度々辞書に載せられたりしたため最早俗の字とは言い難くなった。

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

自分より歴史の浅い漢字が存在するわけで、漢字の使用を廃止しない限りこれからも漢字は増え続ける。

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@aramitama9 創作漢字を一般に公表せずに個人的に使い続ければ個人文字の中に留まってしまいますが、実のところ自作の漢字を著作に紛れ込ませたり、立ち上げたブランドに使用したり創作漢字を募集している機関で公表されたりすれば人目に触れるわけですから、創作漢字といえど国字と見ることも可能になります。

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

日本の辞書にのる中で最も新しくできた漢字は日本製漢字の「𩊠(ぬめかわ)」。この字の初出は『広辞苑』の初版で昭和30年(「滑革・𩊠」とある)。戦前の国語辞典類や古典には確認できない文字で更に『広辞苑』の前身『辞苑』にも確認できない(「絖革」とある)。これより古い例があれば御教示下さい。

Eojvc0sj reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

漢字は今だに増え続ける文字体系。但し元素漢字を除いてできたばかりの漢字はどうしても"嘘字"として見られてしまう。あるいは最近の創作漢字も使う人が増えれば将来辞典に載る可能性も十分にある。 pic.twitter.com/GtpXylQW4t

室町〜戦国時代につくられた国字は表意性が豊かで非常に面白いが江戸時代ではすっかり消えたものがほとんど。14〜16世紀当時の国語辞書や漢字字書に新しく載り始めた国字で思いつくものを書くとこんな感じ。 pic.twitter.com/aRecCXtv0y