Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) / 2018年6月13日のツイート

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@24ma 日本でできた漢字に「躻(うつけ)」という字があります。これは中身が空っぽで脳無しであることを指す字です。「身」のつく国字には「躾(しつけ)」もありますがこちらは礼を習うという意味で品性の美しい振る舞いをいいます。人間は躻ではなく躾を目指されるようつとめるべきです。

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@turulaJB まんまですね

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@pigserpent 褒めたいところは色々ありますが枠も総ルビも好い味出ていますね。いろいろ調べられて設計されていて私みたいなモノ好きには甚だしびれまする。

中国の少数民族チワン族が使う「古壮字(現地名Sawndip)」と呼ばれる漢字の一つ。7世紀頃から用いられ宋代には土俗字として一部漢籍にも紹介されるが現在は漢字を廃止しローマ字で書くことがほとんど。但しチワン族の伝統劇(壮劇)の脚本は今でもこれらの文字を使用することがあるらしい。 pic.twitter.com/AoBIk4cLUb

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

世にこれほど心が躍るルーレットがあるとは!
twitter.com/aramatypo/stat…

漢字ルーレットです
全部動詞になる漢字です
今日のラッキー動詞(?)などにお使いください pic.twitter.com/aScbps9hoH

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@pigserpent 変体仮名がうつくしく映えていますね(*´∀`*)

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@Kenta6 仰るとおりです。表現したいことばを知っている漢字で書き表せなければつくってしまうことも屡々でした。

こういう時に、そもそも「いわし」の語源が「弱し」だったかもしれない、みたいな勝手ヨミのような想像をするのが好き twitter.com/jumanjikyo/sta…

国字もそうだが本来漢字ってもっと自由な文字なんだね。 twitter.com/jumanjikyo/sta…

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

今まで見た中で一番虫損(虫喰い)がひどい字書。これは鎌倉時代に書かれた漢和辞書『類聚名義抄』の宝菩提院蔵本。これだけでボロい本で貴重な本だと扱いにくくコピーをとるのも相当難しかったようだ。同じ内容の観智院本(天理図書館蔵)は日本国宝。 pic.twitter.com/qgxF719Rhq

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

「豉」は通常「豆豉」と書き連ねて中国で大豆の発酵した食品を指し示すが、日本ではかつて「ナットウ」と訓んだ。『運歩色葉集』:「豉、ナツトウ」
twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

【(画像参照)】「象」の二簡字。下部を省略した。23X01 pic.twitter.com/lsaSudMgNP

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

53.「汗」をあらわす古壮字。これからの季節、水分補給を忘れずに! pic.twitter.com/hRj1kWBigc

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@wankotaron 古壮字は7割くらいが形声文字でできているので予想不可能な字が殆どですね🐭。

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

チワン族に興味を持った方はどんな文化を持っているか、どこに居住しているか調べて見ると良いゾ(^q^)
チワン語を学んでみるっていうのも楽しい。ちなみに日本にチワン語のテキストは無いかも。当然上で紹介した古壮字の和訳字書もない。そのため本アカウントでは折々古壮字も紹介していきます。

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

中国の少数民族チワン族が使う「古壮字(現地名Sawndip)」と呼ばれる漢字の一つ。7世紀頃から用いられ宋代には土俗字として一部漢籍にも紹介されるが現在は漢字を廃止しローマ字で書くことがほとんど。但しチワン族の伝統劇(壮劇)の脚本は今でもこれらの文字を使用することがあるらしい。 pic.twitter.com/AoBIk4cLUb

昨日6/11 読売新聞 夕刊の、明治書院 新釈漢文体系 完結 の記事。内容は素晴らしいのに、写真が……😓 昭和40年代の駄菓子屋で売っていた「パチモン怪獣」カードみたいな変なポーズで、申し訳ございません🙇‍♂️ pic.twitter.com/lQ0XVs8oOb

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

この方の仰るとおり「鳰」は「入(にふ)」の音の利用であることは見たとおり明らかだとわたしも思います。「鳰」は当時からニホやミホという読みで古典に出ますがカイツブリが博物学の正式名称となった現在「鳰」でカイツブリと読むことも増えてきました。 twitter.com/kanade9393/sta…

旧字旧仮名toka 使u 人ga irunode, 私wa 対抗site 简体字Rōma字o 使u. korega 现実的na 未来no 日本语no 姿da. (私wa 少si 错乱site-iru.) 入力suru no ga 面倒 da. Rōma字no 表记法o 洗练sinai to ikenai. 书ki-nikui.

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@tytyia こちらになります
twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Nimaamsu reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@qvarie いつもツイートを興味深く拝見させていただいております(*´∀`*)現代では符号化されることも新しい漢字が地位を得ていく一歩になりますよね.

漢検 漢字文化研究所 連続講座の講師、円満字二郎さん(辞書編集者)によるコラムが更新されました!
※円満字さんご担当の講座は、9月8日(土)開講、テーマは「『大漢和辞典』と近代の辞書」です。

四字熟語根掘り葉掘り12:「快刀乱麻」の解決を求む!
kanjicafe.jp/detail/8035.ht…

twitter.com/JUMANJIKYO/sta… 
元写植オペレーターとしては、
「こんな字、作れるかあっ!」っと
ちゃぶ台返ししたくなる漢字が嫌いですw twitter.com/JUMANJIKYO/sta…