Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) / 2018年6月27日のツイート

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

講談社の『新大字典』を買うとは素晴らしい。書店にも大抵無いし相当な物好きしか買うことが無いのではなかろうか。

おそらく辞書では新大字典にしか載っていない文字"オンス" pic.twitter.com/kQWwDNhHAx

今まで見た中で一番虫損(虫喰い)がひどい字書。これは鎌倉時代に書かれた漢和辞書『類聚名義抄』の宝菩提院蔵本。これだけでボロい本で貴重な本だと扱いにくくコピーをとるのも相当難しかったようだ。同じ内容の観智院本(天理図書館蔵)は日本国宝。 pic.twitter.com/qgxF719Rhq

刊行中の『類聚名義抄 観智院本』高精細原寸カラー版の紹介記事が、「週刊読書人」6月22日号に掲載されました。本書の解題執筆者である大槻信先生(京都大学教授)のインタビューと、近藤泰弘先生(青山学院大学図書館長)の寄稿です。ぜひご一読ください。
dokushojin.com/article.html?i…

本棚に十分なスペースが無い時に大漢和は買うべきではない

大13「新たなる辞書を歓迎しようじゃないか」
源「ちょっと待って」
林「?」
源「場所なくね?」
広「マジだ」
林「この中で最近一番使用頻度低い奴は」

海「こっちみんな」 pic.twitter.com/bpZJHL3pDl

大1「卷一です」
大2「卷二です」
大3「卷三です」
大4「卷四です」
大5「卷五で」
潮「ちよっと待てまたperfumeか」
大13「DKW13です」
潮「もうちょい良い名前無かったのか」 pic.twitter.com/x1NFLXyrru

小「新小辞林特装版だよ」
典「漢字典第二版ッス」
明「新明解漢和辞典特装机上版でござる」
小「正直俺らモブだよ」
典「気付いたら家にあったやつ」
明「やめろ」
典「正直どの辺が特装なのかもよく知らない」
明「やめろ」
潮「…」 pic.twitter.com/YvFohcuwWc

広1「ケースです」
広2「あ-そです」
広3「た-んです」
広4「付録です」
広5「一日一語です」
広1「五冊合わせて」
「「「「「perfumeです」」」」」
潮「ちゃうやろ」
広2「ちなみに第六版」 pic.twitter.com/a8bEJckvTb

海「漢辞海第三版です」
潮「大きいですね」
海「広辞苑とだいたい同じサイズだよ」
源「因みに一回『漢字海』って誤字したから二回目のツイートだよこれ」
林「メタやめろ」 pic.twitter.com/7r5IlvKx6G

源「お、初めて見る顔だね」
林「新しい辞書だね」
潮「新潮日本語漢字辞典と申します」
源「俺は漢字源第五版、こいつは新漢語林第二版だ」
林「よろしく」 pic.twitter.com/qd8jIop4Pq

咎って面白い形だなーと思って漢字源で成り立ち調べてたら机の上が凄いことになってたからパノラマ撮ってみた。 pic.twitter.com/G2cvMtmof3

いみちぇんの漢字ネタを考えるとき、主に使ってるのは、「学研漢字源」と「角川新字源」です✨ たまに「中華字海」が出てくることもあります☺️ 漢字の成り立ちは諸説あるので、他にも辞書を見比べたりします。漢字字典もそれぞれクセがあるので、同じ字でも引き比べてみるとおもしろいですよ😚 pic.twitter.com/VxiMJwBNBi

「碍」の字,「害」と大して語義が変わってなかった件.(電子辞書の「漢字源 2006年」使用)
「碍」:「さまたげる,じゃまする.さまたげ,じゃまもの」など
「害」:「そこなう,じゃまをする.じゃま,さまたげ」など

アウトプットした二万語に、その漢字を手書きで書きこんだ。これが二年かかったというから、気の遠くなる作業である」(あらまた「データベース夜明け前」231-232ペ)と ゆーのが、 kyuko.asia/book/b10453.ht… か。

「今年三十六歳になる近藤(泰弘)さんが、コンピュータをつかって言語研究に取り組んだのは、十五年前にさかのぼる。室町時代の“漢和辞書”である『音訓篇立』を東大の汎用電算機でデータベース化する作業だった。同僚三人が一年がかりで五万語を入力。当時は優秀な漢字プリンタがなかったので、

「畏れる」とはこういうことか。

友人の勧めで購入したこちら白川静著「字統」を開いていたら気がつくと背筋の伸びた「良い姿勢」で読んでいた。正しい姿勢で読んでしまう本というものはあるものだ。
3部作の他「字訓」「字通」も楽しみだ。 pic.twitter.com/46QiVKgT0d

@FukucheeDaize あくまで日本では表意文字的に使われているのであって成り立ちとしては表語文字、これを踏まえてないと白川静フォロワーのトンデモに引っ掛かる

以前インドに滞在してる時に中村元が実はトンデモ学者で書いたもののほとんどが間違ってるという話を聞いてびっくり仰天したことがあるんですが、考えてみれば梅原猛とか白川静とかもただの詐欺師ですし内田樹が学者だと思われてたりで、日本の文系学問って一体何のために存在してるんでしょうね。

白川信者の中では許慎以降白川静が登場するまで古文字学は発展しなかったことになっているらしい