Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) / 2018年6月29日のツイート

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

「器(器)」。この字は「㗊」と「犬」に分解できるが、今回の字は「犬」を「尤」に変形した異体字。明代の万暦29年(1601)の刊記が残る『字學三正』などに見える。
#新しいプロフィール画像 pic.twitter.com/jWtXm11EpY

裘錫圭は『文字学概要』の中で陳夢家の提案した「表意・仮借・形声」の三書説に賛同しているが、確かに六書説は甲骨・金文といった先秦の古文字より後になってできた考え方だから、古文字を見ていくのに六書説にとらわれる必要はないんだよな。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

ここで紹介したche-nieの2字は日本側の資料『図書寮本「類聚名義抄」』にしか確認できない字だが現存しない漢籍(中国の資料)を引用しており、佚存字であると見られる。
twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

3月の漢字学会で漢字を研究している先生と話す機会があったのだが、国字や佚存字について研究をしていらっしゃる先生が仰っていた。「日本には古い資料が残る率は高めなんだけど中国の場合なかなか残らないんだよね…」日本の資料にしか確認できない文字であってもそれが国字かどうかの吟味が必要。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

経典などの漢字で書かれた書物が遣唐使などによって日本にもたらされて正倉院など全国各地の寺社や民家に漢字文献が保存されている場合があるのだが、中国では戦乱や禁書政策などにより書籍自体が失くなる場合が度々あってその為に本家で失われて日本の文献にだけのこる漢字がある。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

しかし漢字には会意文字もある訳だから現在国字と思われている字が実は大陸の漢字だったという場合もありそう。反切などがついていない限り本当にあるかは判断がつかないが。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

日本の古文献には中国では失われた漢字が確認できる場合があるのだけれど(佚存(文)字という)、その判断は日本側の文献に漢語音が付いているかどうか、或いは会意では説明がしにくい方法で成り立っている漢字などが目安。

漢字ハングル混じり文で書かれた韓国語のフリー百科事典があるということを知りました。こうやって漢字が混じっていると、韓国語が分からなくても日本語やら中国語やらの知識があればなんとなく分かりますね。 kore.wikia.com/wiki/%EB%8C%80… pic.twitter.com/GS6y9vftqu