Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) / 2018年9月のツイート

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@rhnnsi yeah(*´˘`*)♡

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

時代や地域によって違う、あるいは決まっていない。 twitter.com/azito37/status…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@popputi ありがとうございます。常用字のほうが進んでいなくて奇字抄録のようになっていますが御了承下さい。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@rbsbz 戀󠄁や變󠄁でさえも揺れますよね

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@rbsbz 多分揺れですね。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

大学が忙しく8月と9月は字書の編集はほとんど手つかずだったが、この土日ようやく時間ができて親字50字ほど追加。現在合計約2,500字。
#拾萬字鏡

収録は日本国字、字喃、古壮字など方言字が中心。PDF形式約30MB。意見等あればお願いします。
drive.google.com/file/d/1WEnk4l…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@bu2dan 刂ではなく戈になっているビャンビャンの用例は初めて見ました。ありがとうございます。

@JUMANJIKYO ビャンビャン麺の漢字の使い所は看板にして耳目を集める所ではないでしょうか?
大阪の西安料理「朋友」さんです。 pic.twitter.com/yaNubNsQq5

蘊蓄にしかならないがビャンビャン麺に似た字は数種類存在する。 pic.twitter.com/AyRr64vPEN

「砼」はコンクリートの意味をあらわす最近できた漢字だが「人工石」の合字である。声符は「仝(同)」。これまでの漢字の造字方「六書」では説明できないユニークな漢字の一つ。 twitter.com/ServalCandle/s…

66.12〜13世紀の字書『羣籍玉篇』『篇海』に載る仏教系の会意異体字。仏教用語としてよく出る「西天」「善」「天界」「果」などを「佛(仏)」の意符をつけて増画。日常的に複雑な漢字は減画していくものだが特に表意性や視覚的感覚を意識した場合増画することもある。そこには遊び心も垣間見え趣深い。 pic.twitter.com/JuFrkp4fzb

『群籍玉篇』という12世紀の字書に載る奇怪な3字。意味は明らかにされていないが「鬼」と同音で読まれる字であると示されている。「鬼」の異体字である可能性もあるが、この意味深げな漢字がどんな場面で使われたのか気になるところ。 pic.twitter.com/IxFSwL0SxE

Unicode表で見かける「ꙩ」や「ꙭ」とはなんなのか?
キリル文字の一部文献で「目」(око)という語を書くときだけ使われた「目玉のо」らしい。Ꙩко。かわいい。なんというか小学生女子のセンスを感じる。両目はꙭчиと書いたらしい。かわいい。 en.wikipedia.org/wiki/Monocular…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@sshokaki 名作でしたか…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@a4lg ありがとうございます。見慣れない形ですがそこそこみられるものなんでしょうか。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@worun2410 おお、ありがとうございます。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

「池」の次(下)の字はなんていう字? twitter.com/worun2410/stat…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@4th_F1LE_ROOK 如(ごとき)も考えられそうですね。
「狆」はよく分かりません。しかも「中」ではなく原本では「Փ」の如く丸みを帯びています。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@4th_F1LE_ROOK 冠の「如」は呪文「如律令」の「如」かもしれないですね。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@zephyros1960 このようにのこされた古い漢字の形音義を鑑みて失われた(形や)音や義を解明特定していく分野は「疑難字(学)」として位置づけられています。この分野を探究していくと様々な発見があり面白いです。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

66.12〜13世紀の字書『羣籍玉篇』『篇海』に載る仏教系の会意異体字。仏教用語としてよく出る「西天」「善」「天界」「果」などを「佛(仏)」の意符をつけて増画。日常的に複雑な漢字は減画していくものだが特に表意性や視覚的感覚を意識した場合増画することもある。そこには遊び心も垣間見え趣深い。 pic.twitter.com/JuFrkp4fzb

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

『群籍玉篇』という12世紀の字書に載る奇怪な3字。意味は明らかにされていないが「鬼」と同音で読まれる字であると示されている。「鬼」の異体字である可能性もあるが、この意味深げな漢字がどんな場面で使われたのか気になるところ。 pic.twitter.com/IxFSwL0SxE

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@yutchoi @2ga3 苦味氏の仰せの通り馴染み深さにも関わってくる「浊」の使用頻度、出現頻度の問題があると思います。しかし戦前は「廣󠄁」(中が黄)「疂」の俗字を多く用い「広」や「畳」の形は戦前あまり見かけない俗字でしたが採用されたものもあります…。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

「辞」や「辭」、「辯」などに含まれる「辛」は隷書楷書では下2本「𨐌」で書くことがよくある。774年の跋文(あとがき)を持つ『干禄字書』(字の手本書)でも普通にみられる。 pic.twitter.com/45SRVr4uPM

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@Yankun1984 @agata_hikari @k_macchina △表意文字→◎表語文字
❌音はどうでもいい→◎よくない。基本一字につき決まった音がある
❌時代によって全く発音が違う→◎発音は聯綿とした差
❌2,000年以上変わっていない→◎浮雲のようにつねにゆっくり変化し続けている
❌漢帝国の時代の発音が日本語の音読みそのまま→◎そのままのはずがない

寛政5年(1793)の刊記をもつ『楷林』は正字を親字とし下には古典や古文書、或いは古い石碑などでよくみる筆写字形を取り上げており書道や異体字を学習する上で非常に便利な書法字典。『異体字研究資料集成』の第4巻に所収。或いは以下のNDLCで電子画像を見ることができる。
dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid… pic.twitter.com/i3ho7ykwXe

漢字では形声文字の「蠶」や形声あるいは「天虫」から成る「蚕」等、10世紀までには「神虫」から成る「䗝」と書く異体字も生じている。中国神話では蚕女という神、日本神話にもカイコが登場。カイコは製糸業界で重要な役割を担っているし古代から人々に愛されてきたのかも。 twitter.com/Grahoo/status/…