Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) / 2019年1月15日のツイート

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

進歩が進んだとか変な日本語使っちゃった… twitter.com/JUMANJIKYO/sta…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

素敵な作品をお待ちしております

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

#ゆる募
さて、時は平成も終盤。電気が身近となったいま、新しく「電」の部首を立て電気に関する新しい漢字をつくろう!
【締切】平成31年4月30日改元まで。
【応募方法】リプライかDMで
※秀作は改元以降に『平成電気尽(へいせいでんきづくし)』にまとめて発表。
※いくつでも可。#拡散希望 pic.twitter.com/cvL3OLhezT

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

電気による進歩が進んだのは17~18世紀の西洋で漢字圏に入ってきたのは主に19~20世紀のこと。電気の力で動くカラクリは何種類もあるが漢字圏では19世紀以降電話(𮘁)、電信(𫌷)、リフト(𨋢)など少数は新しい漢字が造られた。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@yamashu44 あれはデイイグと読むとされる沖縄県の稀姓です。改名して消滅した姓ですが唯一一文字でデイゴをあらわすことのできる漢字です笑

[不可解]最初の一行だけ書体で打ってると思い込んでたけど、各字に手書きの痕跡…… pic.twitter.com/wNzfXG45Dy

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@eyckvaughn 「颱」の字が文献に現れるのは18世紀で、台湾で生み出された漢字だとされます。清の乾隆帝時代に台湾(小琉球)について記した『小琉球漫誌』の卷七「海東賸語(中),臺灣字 」に“臺地字多意造,為字書所不載。如番檨之檨字(中略)颱風之颱字。”とあるので1765年には颱が台湾で使われていたようです。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

この辺が分かりやすいだろうか。後ろ3枚は1571年に日本で書かれたもの。「次第」の「第」、「娣婦」や「弟婦」、「兄弟」の「弟」は「㐧」に崩されている pic.twitter.com/cKtYVj05CN

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

漢字圏では「弟」の字を「㐧」と略す(崩す?)ことがよくあった。漢字圏では「第」の異体字として「弟」を使うこともあったが、日本では二字の混同が起って「弟」も「第」も「㐧」と略していたみたい。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

江戸時代までの日本では「弟」も「㐧」と略すことがあったんだけど現在「㐧」の字は「第一」など序数をつくる接頭辞記号としての意識が強くなって「弟」に「㐧」の字が用いられない他、「第」であっても接頭辞用法以外なかなか「㐧」に略されることはないようだ。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

「第」の略字に「㐧」があるけれど「㐧」の字母は「弟」なんだなあ。

1/16 から開催される東京国立博物館『顔真卿展』の弊社の関連書籍の情報は以下のリンクからご覧いただけます。
nigensha.co.jp/data/2019gansh…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

丁度この記事で「鑫」字について分かりやすく解説されています。

新聞漢字あれこれ9 紙面で見つけた幸運の名前?

2019.01.09

kanjicafe.jp/detail/8379.ht…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@tamasu01 このお店も小ささを強調して表現するのに「ミニ」や「小」の字を連ねているが、広東語には「尛𡮐」という「小」を3つ4つ重ねた珍しい漢字が使われている。「非常に小さい」「こまかい」という意味なんだけど転じて「こまごましていて面倒くさい」という意味で一般的に使われている。 pic.twitter.com/t77r8cWaAc

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@Yuki_andon 成り立ちはこの字をつくった人に訊かないわからないですね。塵(ちり)は散るものですが花も散るものです。ひょっとしたら同じく散る塵を花に例えたものなのかもしれません。同音異義語に大波をあらわす「澇(ごみ)」があり元はこちらの意味である可能性もあります。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

143~164.日本語圏で成立した漢字(和製漢字)には「花」を意符とした漢字が特に多い。無常観や生命を宿す「花」だが美的感覚を日本人は特に花に求めていたのかもしれない。「⿰花鳥(つばめ)」は鎌倉期から、「𢯘(てずさむ)」は室町期から知られている。 pic.twitter.com/NL6Vi6h80p

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

この注を見る限り『龍龕手鏡』にある「俗, 奴寡, 奴寬二反」の反切が音の由来っぽい。「奴」は台湾でloo⁵、「寛」は台湾白話でkhuann、「寡」は台湾母語通俗音でkuann²になる。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

台湾で「雫」の字が使われていることがわかった。註釈がわかりづらい。台湾白話でもの(名詞)の前につく言葉なんだろうか。但しこの注音を参照する限り音はluann²となり臺灣閩南語羅馬字拼音方案音節表には示されていない架空の音になる。そもそも台湾語に名詞の前に置く前置詞なんてあるのだろうか。 pic.twitter.com/qWdsgavibx

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@FloralRaft そんなときわたしはGT書体を使つてゐます。舊字體を再現するためにフォントを變る必要があつて一一面倒くさいですが思ふとほりに再現できます。 pic.twitter.com/O4Bq8e6BsA

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@spinda_kkmr あ~、やはり出現頻度はいちじるしく低いですね。わたしも同じ理由で少ないものと考えています

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

以前ツイートした謎の注音符号のすべてについて大体読み方がわかった。「巛」は臺灣閩南語羅馬字拼音符號および臺灣閩南語音標で[uann]、IPAで[uã]、POJで[oaⁿ] 、臺語通用拼音[uaⁿ]で複数の表音方式があるみたい。字典に載せるときは一つに決めないと。 twitter.com/JUMANJIKYO/sta…