Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合) (@JUMANJIKYO) のツイート

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@na257 「ものごとが行き過ぎて勢いが盛ん」という意味です笑 pic.twitter.com/A7QzviuCXf

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@na257 漢字ヲタクなのでこんなクルマを見るとどうしてもこの漢字にみえてしまうw pic.twitter.com/u2iKepnBAT

韓国のニュースで良く見かける漢字だったら「韓,北,美,日,中,獨,露」といった国の名前と「與(与党),野(野党)」といった政治用語、政治家の苗字「朴、金…」、或いは「核」みたいに一文字で強調出来るもの…くらいかな?

@usagitan @kembo_net まとめると、朝鮮半島での貨幣単位は次のように変わりました。
鈫(ムン)→兩(ヤン)→圜(ウォン)→圓(ウォン)→圜(ファン)→圓(ウォン)、圜(ファン)→圓(ウォン)→원(ウォン)。補助単位としては「錢(チョン)」がありますね。

@usagitan @kembo_net 「圜」を「圓」に直したのは、「圜」を「ファン」という読み方に固定し、「圓(ウォン)」の小額単位として使うためだったんですね。

@usagitan @kembo_net 1962年度に貨幣改革を行いながら「圓(ウォン)」と変わりましたので、朝鮮半島では一度も「元」が使われていた時期はありません。ちなみに、「圜
」は朝鮮漢字音で「ウォン」とも、「ファン」とも読めます。

@usagitan @kembo_net 大韓帝国から取り入れた「ウォン」は「圜(ウォン)」と書いてました。その後、日本統治時代に「圓」と直し、また独立後「圜(ファン)」と変え、

@kembo_net まず日本が「圓」を貨幣の正式名称(明治2年)とし、戦後の漢字改革によって「円」
つぎに中国は「圓」を紙幣上の正式名称とするも、日本の後塵を拝することを避けて、一般には「元」を使用。人民元紙幣には「圓」と記載されてあります
韓国は日本式名称を避けて「元」とし、後に漢字廃止でハングル

円と元とウォンって全部同じだったんだな
日本「"圓"って画数多いな 略して"円"にしよう」
中国「"圓"って画数多いな 同じ音だし"元"でいいや」
韓国「"圓"って画数多いな ハングルで"원(ウォン)"と書こう」

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@aquaarbor @Editor_Wei1ye3
「中門」ここでは「(位置が)中の門」に英訳されていますね
ctext.org/dictionary.pl?…

@aquaarbor @JUMANJIKYO 「門に中する」事例は、韓非子や説苑、礼記や朱子語類などに出てくる程度で、本当に事例が少ないです。いずれも、「門の真ん中」を/に「通らない/立たない」という文脈で出てきます。全釈漢文大系の『礼記』では「門に中(ちゅう)する」と読まれていました(汗)。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@Editor_Wei1ye3 @aquaarbor 弘法名義は初期の玉篇を継いでいますが反切は儘でも義の部分(特に出典と注など)かなり省かれている様子です。海水氏の仰る様に字の乱れもあったかもしれません(但し例の2字は弘法名義にないので宋の玉篇で増補された文字だと推測できますね

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@joshephmundy ありがとうございます
日越辞典で確認したところ「cửa hàng bách hóa」の誤でした。

ばーちゃん「これで栄養の付くもの食べなさい」
孫「わーい、ありがとー」

#違法ではないが一部不適切 pic.twitter.com/jhju7DOZNZ

『大漢和』で予習したら、読んでるところそのものを訓読しただけのものが出てきて「何やねん……!!」と思ったけれど、後になって考えたら、そういうところをちゃんと押さえた例文をゼミで使ってたんだなぁ、と、ゼンセの力量に驚嘆至極。

>RT twitter.com/Editor_Wei1ye3…

@JUMANJIKYO @39dayzero 院生時代、前四史などを読んでいたときに、分からなくて大漢和をひくと、その分からない箇所が用例に出ていて、そこにつけられた顔師古注とかを訓読しただけのものを意味に挙げてることがよくあったので、大漢和はすごいですけど、その限界も知った感じがしました。大漢和あるある、です。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@Editor_Wei1ye3 わわ、遉です…^^;

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@Editor_Wei1ye3 @39dayzero 少し意訳してくれた方が漢和辞典としてはうまく日本人に伝わりやすいとおもうのですが、用例が字書にしかない漢字の場合は前後の文もなく義も僅かばかししか書かれていないため難しいのかもしれませんね。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@39dayzero うち3文字は字音(反切)で義ではないですが、時々漢字の音も手がかりになることがあるので書かれている情報はすべて重要ですね。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@nikkei_kotoba 三省堂『図解日本の文字』に拠れば長音符「ー」は漢字の「引」の旁「丨」が由来だそうですね。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

「門に入る」というよりは門に行きあたるみたいな感じかな

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

䦫と䦮、義が「門中」なのか「中門」なのかごっちゃになっている可能性もありそうだけれど、「中門(門に中する)」という意味が少し分かりづらいと感じた。門に入るなどの意味?「(大きさが)中ノ門」「(位置が)中ノ門」の可能性はどうだろう。いずれを考えても字書以外に用例を見つけられず悩む。 pic.twitter.com/gdFWmbVNjy

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

こういう場合は仮名書より漢字で書いた方がまだ効果がありそう。記号ならさらに分かりやすい twitter.com/lady72ko/statu…

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@ponta70718103 鹽に見えます

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

そういえば笹原先生がFBでベトナムの漢字文献では「龍」よりも「竜」の文字を多く用いているのは何故だろうとコメントされていた。

東洋のが龍、西洋のが竜ってのも面白いな。他に、同一字種の中で字体で意味を分けるものあるかな。名字とか?

あとは何でもひっかかればいいと思って『佩文韻府』を引いたけれどかからず。漢籍レポジトリで検索すると元代と明代が一例ずつあるようだ。さすがに和製漢語ではないはずだが、あまり古い例が見つからない。 pic.twitter.com/br29xxmyfr

『大漢和辞典』は『拾遺記』を引いているけど「茫」と「漠」とは離れているし、おまけに「漠」を「漢」に誤っているものだから初めはなぜこの引用なのか分からなかった。1枚目は『大漢和辞典』(1996 修訂第二版第四刷)で2枚目は『広漢和辞典』。 pic.twitter.com/4UXJnOS28z