Twitter 拾萬字鏡(漢字情報総合) JUMANJIKYO | 拾萬字鏡(漢字情報総合)(JUMANJIKYO) /「goushuouji」の検索結果

一般の日常では使わないような難しい語義になるほど、どういう文脈で使われてきた言葉か、が重要になってくるのだけど、ネット上でみかける漢検1級勉強してます的な人は、そういうところに注意を払ってるようにはあまり見えないんだよね。

『漢語大詞典』でも動詞として「おさめる」の意味を持つ用例は『鶡冠子』の用例を一例載せるのみの特殊な用法になる。それこそ先秦諸子や出土資料に興味がない限り普通は使わない読みになるんだけど、漢検勉強者はこういう読みだけ覚えてどうするんだろうか?日常生活で使ってみるんでしょうか?

ちらっと眺めてた漢検受験勉強サイト
kanken.jitenon.jp/mondai1z/okuri…
問14李める の読み、私はわからなかったけど、解答の「おさめる」というのを見れば、あぁ、李と理は古代では通じるのだな、ぐらいのことを思い至ることはできるけど、『大漢和』には「おさめる」の訓は採用していないし、

もともと『説文解字』には个の字が載っていて、竹に字の半分をとった形から来ているとあったが、後に个の字の解説部分が脱落したとのこと
この説は後に大きな影響を与えて、清朝の『説文解字』の専門家の段玉裁は、この『六書故』によって箇字の本文に「箇或作个、半竹也。」という一文を復元している

中中辞典を使えない日本文学系の人(学部生レベル)が大漢和なのは、まぁ、しゃぁないかもしれんが、字通を古典漢文を読むツールにするのは…嫌な予感しかしない

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@goushuouji 「匫」で間違いないですね。有難う御𫝶ます。

漢字は表意文字だから読めなくても見るだけで意味がわかる(白目) pic.twitter.com/aHTKZjkhin

ラは楽して引用文の原典を確認しませんでしたのラ
シは信頼できないテキストを使っちゃったのシ

漢文読めないドレミの歌
ドはどこで句読が切れるかわからないのド
レはレアな語釈を無理に当てはめましたのレ
ミは見つかりません、その用例のミ
ファはファーストネームのタブーに気づかなかったのファ
ソはその熟語大型辞典にも載ってないのソ

この「玄」、清朝の誰かさんの諱なので、科挙の受験時なんかのように特に厳格な避諱が求められるような場合には「玄」を上下にばらして書くように求められたらしい。画像は『増広字学挙隅』 pic.twitter.com/6W6p0Pykow

「今朝」も「今日の朝」と「今日(朝じゃなくてもいい)」の両方に解釈できる言葉だけど、この詩の最後に「日昇等皇運、洪基邈且遥」と言ってるので日の出を歌った詩とみれば、
「元旦」を「今(日)の朝」と対応させて「元(日)の旦(あさ)」という意味で使っていると見ることは可能で、

これ、辞書に出てくる初出(本当に初出かどうかは私は確認できてない)の梁・蕭子雲「介雅」(『樂府詩集』巻14)の「四気新元旦、万寿初今朝」という句は、綺麗な対句になっていて「元旦」と「今朝」が対になっている。

旦の字義にこだわっている人が多いね。
後漢末から三国・晋にかけて流行った月旦・月旦評の故事の「旦」が一日(ついたち)を指すことなんかを考えれば、別に元旦が朝だけじゃなくて正月一日全体を指しても字義的におかしくないところはないんだけど。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@goushuouji ありがとうございます。気をつけてみないといけませんね

@JUMANJIKYO 宋本『集韻』は王+﹅になってる
db.sido.keio.ac.jp/kanseki/T_bib_…
の8冊目の14ページ、左のページ

漢検字典には、平仄はおろか漢音・呉音の区別もないのに衝撃を受けている。

最寄の書店にNHK中国語のテキストが無かったので、ちょと大きな書店に立ち寄ったついでに買ってきた pic.twitter.com/KvnxR1cRin

どうみても双声語です
「轗」は「轗軻」という双声語専用字で「轗」単体では使わない=「轗」一文字では意味を成さないはずだけど、漢検字典はどうなってんの?

とりあえず「保母」は五経の一つ『礼記』内則篇に見える由来有る表記
「廢」も「癈」も同音字で古くから互いに通用しており、『礼記』等の現行本の経典なんかも「廢疾」等のように「廢」の字が使われるのが普通
「癈」に捨てるの意味も辞書に載ってる

現代中国語の廿の発音nian4(念)はどこから来たんだろうかね?
古くは宋代の碑文に廿を念と書く例があったようだけど

@fushunia 余談ですが、卵が五色で綺麗だったという話はこの『列女伝』にみえて、玉の筐で覆う話はこれとは別の台型神話になる呂氏春秋の音初篇に見えるようです

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@a4lg @goushuouji この与の異体字はきっと日本や大陸にもありますよね。

Vgqp vjp reasonably small
拾萬字鏡(漢字情報総合)@JUMANJIKYO

@goushuouji はぁ...!なるほど

@JUMANJIKYO 日と与同じ(与日同)とあるべきところが、与の異体字が親字に含まれる烏に引きずられて訛した上に日と合体してしまった説を提唱してみる
glyphwiki.org/wiki/cdp-8dbf-…