Twitter 尾花 健一郎 KenichiroObana | 尾花 健一郎 (@KenichiroObana) のツイート

教育勅語にも良いところはあった。
ナチスにも良いところはあった・
憲兵にも良いところはあった。

…どうして、あの連中は年中こんなことばっかり取り上げて、過去の正当化に躍起になっているんだろうか。他にやることがないのか。前を向いて今を生きろよ。

おお、こんな資料が。Kindle版
「京都府一乗寺にある狸谷山不動院というお寺をご存知でしょうか?このお寺には、なぜか大量のタヌキの焼き物――「信楽タヌキ」が置かれている。その数なんと約350体!…」
⇒『ガイドブック「信楽タヌキ… twitter.com/i/web/status/1…

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz こちらこそ、粗造りの愚案に毎度々々有益なご思料を賜わり感謝至極でございます。今後とも宜しくお願い致します。 🙇‍♂️

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz 「カラ」を受ける助詞が「の」でなく「が」であることから、見下しのニュアンスがあるのではと考えました。

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz これは、先のツィートで取り上げた一連の「成」と同様、「(寒々しい)冬の木々のように」→「カラの下木がサヤサヤ」と見ました。

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz そのあたりは、まだよく分かりません。白文万葉集を読んでいて係助詞の「も」には「母」字がよく使われるなぁという印象があったので何となくこの「も」も「と」も助詞と見ましたが、「手元」の「もと」で「太刀もと[に]剣据え」としたほうが意味がとりやすいかなとも思います。

ビーンズ赤羽の本屋が東武ブックスからツタヤに変わって嫌韓本が一掃された。やはり清々しい。
で、思うに、「取次が送ってくるから(仕方なしに置いてる)」って、やっぱウソだよね。東武ブックスが仕入れてたんだよね、腐った本を。
#赤羽 #TSUTAYA #クロスポイント #ビーンズ

私の履歴書・復刻版より。安藤さんに対する憲兵の拷問。かなり陰惨だ。よくぞ生還されたと思う。  style.nikkei.com/article/DGXZZO…

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz 背景となる歴史の知識に乏しいので、とんでもなく的外れかもしれませんが、最後の「カラが下木のサ〜ヤサヤ」のところは、ひょっとしたら、「下木」=「劣った太刀」、「サ〜ヤサヤ」<「サヤぐ」=「ざわつく」で、「韓くにの劣っ… twitter.com/i/web/status/1…

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz 字面的・語句的には、

誉田の 日の御子
大鷦鷯 大鷦鷯
佩かせる 太刀も と
剣 据え
冬冬木なす
カラが 下木の
サヤ サヤ

という感じですが、「冬冬木」のところ(「冬冬しい木」?)や、「カラ」(「韓」?「カ… twitter.com/i/web/status/1…

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz ちなみにこちらも、

本牟多-能 比-能-美古
意富-佐邪岐 意富-佐邪岐
波加勢流 多知-母-登
都流藝-須惠
布由布由紀-能須
加良-賀 志多紀-能
佐夜-佐夜

とは読めないものかしらん?と思うのですが、記紀… twitter.com/i/web/status/1…

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz こちらの歌も、「冬木成」を「著而有火之」に係らせて「(乾燥して燃えやすい)冬木にぽっと火が著くように、春がきて(野焼きで)野々にぽっぽっと火が著いている、その火が云々…」と読みたい気がするのですが、例によって「気が… twitter.com/i/web/status/1…

現行憲法で「絶対」がついているのは拷問の禁止のとこだけなんだよ。それだけ日本人は拷問の恐ろしさを身に沁みて知っているんだし、反省もしているはずなの。自民党は外したいらしいけど。#拷問の禁止 twitter.com/yuantianlaoshi…

これはトリビアだけど、日本人に多いハプログループDは世界的にはめずらしいのだけど、なぜかベンガル湾に浮かぶアンダマン諸島の先住民族にも多く、現地の言葉の特徴も日本語によく似ているらしい。

アンダマン人は同じ人類の中でも古い系統に属しているそうで、日本の発祥を探る上でも興味深い。

NHK朝ドラでの憲兵の描き方に、ネトウヨが「日本兵は優しかった」などと言ってクレームをつけている。どうやら、彼らは「日本軍の憲兵は交番のお巡りさんのようなものだった」と想像しているらしい。ここまでくると「歴史修正主義」を通り越して「歴史妄想主義」と呼ぶのが相応しい。

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

@s_hskz 「冬木成」の「成」も「久羅下那州」の「那州」で、「冬木なす=冬木のように」。ただし係り先は「春去り〜」ではなく「喧かざりし鳥も〜」や「開かざりし花も〜」で、「喧かざりし鳥も開かざりし花も、冬木のように、春さり来れば〜」の意。というのは無理でしょうか?

帰りの電車で、抱っこされてる赤ちゃん(明らかに0歳)が泣いてしまって、めっちゃ周りに謝ってるママ(明らかに仕事帰り)がいて。
40代くらいの男性が「うるせーなはやく黙らせろよ」「電車乗るなよ」って絡み初めて、お母さんが涙ぐみながら… twitter.com/i/web/status/1…

Nrjybboq reasonably small
尾花 健一郎@KenichiroObana

スーパージュニアの「Sorry, Sorry」からプデュ48の「ネッコヤ」まで、まぁよくいろいろコピーしてるね。もともと踊りがすごく好きなんだね、ここの人たちは。 😃
youtu.be/yUCuLNLlolQ