Twitter 野ばら Roserosros34 | 野ばら(Roserosros34) /「kotobamemo_bot」の検索結果

賛美すべきものは攻撃性ではない。うつくしさだ。そう思い出した瞬間、目の前の世界が、懐かしく鮮やかな色を帯びて広がった。/最果タヒ「グッドモーニング あとがき」

たつた一度何かを新しく見てください あなたの心に美がのりうつると あなたの眼は時間の裏空間の外をも見ます どんなに切なく辛い悲しい日にも この美はあなたの味方になります 仮りの身がしんじつの身になります /高村光太郎「手紙に添へて」

世にどんなに悪がはびころうとも、やはり夜は静かで、美しいんだよ /チェーホフ「谷間」

そうだレモンは劇物だ。日常にありふれた紡錘形だからといって油断はならない。ひとたび手許が狂えば問答無用で染めあげる、黄色い香りは征服感に満ちている。見よ、あの苦しげなレモンティーを。/平野紗季子「のさばるレモン考」

私は隆志のやさしさを呪い誠実さを呪い、美しさを呪い特別さを呪い、弱さを呪い強さを呪った。そしてその隆志を心から愛している自分の弱さと強さを、その百倍も呪った。/江國香織「号泣する準備はできていた」

愛しているというより、きみを神様だとおもったほうが楽だったんだ。ぼくのことをぼくがだれより、軽蔑したかった。/最果タヒ「サンライズ出雲の詩」

自分は愛のあるところを目指して行くだらう 悩まされ駆り立てられても やはりその永久を指して進むだらう 愛と土とを踏むことは喜しい 愛あるところに 昨日のごとく正しく私は歩むだらう。/室生犀星「愛の詩集 序詩」

ここの古い椅子に腰をかけて二人でしづかに話してゐよう なにも悲しむことなく君と私でしづかな幸福な日を暮さう 遠い公園のしづかな噴水の音をきいてゐよう /萩原朔太郎「さびしい人格」

じつは、このあいだ、朝             なんでもありません /穂村弘

冬だ、冬だ、何処もかも冬だ 見わたすかぎり冬だ 再び僕に会ひに来た硬骨な冬 冬よ、冬よ 躍れ、叫べ、僕の手を握れ /高村光太郎「冬の詩」

自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中では咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、だれがシロクマを責めますか /梨木香歩「西の魔女が死んだ」

──誠実でありたい。そんなねがいを どこから手に入れた。それは すでに 欺くことでしかないのに。それが突然わかってしまった雪の かなしみの上に 新しい雪が ひたひたと重なっている。/ 吉野 弘「雪の日に」

幸福な瞬間をたくさん持つと、人は勇敢になると思う。自分の人生に対する信頼、しか勇気にはならない。/江國香織「勇気」

破壊は、哀れで悲しくて、そうして美しいものだ。破壊して、建て直して、完成しようという夢。そうして、いったん破壊すれば、永遠に完成の日が来ないかも知れぬのに、それでも、したう恋ゆえに、破壊しなければならぬのだ。/太宰治「斜陽」