Twitter たまさか TamasakaTomozo | たまさか (@TamasakaTomozo) のツイート

「1970年、慰霊碑に参拝した佐藤首相は、平和公園にはじめて機動隊を導入、“被爆者援護の特別立法はしない”と言明し、抗議のデモに参加した被爆二世全員を道路交通法違反と『礼拝妨害罪』で逮捕した」 pic.twitter.com/HKaFP7Dm86

社会やメディアがBTSを締め出したら何が起こるか。前からよく相談されます。「韓国のアーティストを好きなことをあんまり話さない方がいいですよね?」と。若い子たちが彼らの音楽が好きなことを社会の空気によってあきらめたり我慢したり苦しむ… twitter.com/i/web/status/1…

「使い捨ての意識があるんじゃないかと正直、思う」 ディズニーキャラクターとしてショーやパレードに出演し、17年に腕などに激痛が走る「胸郭出口症候群」を発症、労災が認められた29歳の女性らが、損害賠償を求めて提訴。涙で声を詰まらせな… twitter.com/i/web/status/1…

The Flowers of the Meadows
Qanat Tenting Panel
c1700-1720
Private Collection @artsofhindostan pic.twitter.com/8KhR6svi9A

これは要チェック📺✔️👀

NHK BS1スペシャル「ラップと知事選 沖縄 若者たちの声」
沖縄県の世論を二分した知事選。その鍵を握るといわれた若者層は、何を考え何を感じていたのか?ラップの歌詞に夢も不満もぶつける若者たちを通し、… twitter.com/i/web/status/1…

 h65d7sz reasonably small
たまさか@TamasakaTomozo

ただ、あのコマだけでは弓月さんが原爆を肯定しているような印象を与えることも確かだと思います。その点についてはお詫びし、このツイートを補足します。なお、放射能の影響を過少評価するというのは、1970年代以降のマンガにしばしば見られる傾向で、弓月さんに限るものではありません。

 h65d7sz reasonably small
たまさか@TamasakaTomozo

ご指摘ありがとうございます。あのコマを取り上げることはためらいもあったのですが、紹介した著書で山本さんが、弓月光さんが戦争の問題を批判的に取り上げていることは認めつつ、放射能の影響が作品内で過少評価されていることを指摘していること… twitter.com/i/web/status/1…

【国内書新刊】
『自転車泥棒』
呉明益/天野健太郎 訳/文藝春秋/税込2,268円
toho-shoten.co.jp/toho-web/searc…

2018年ブッカー国際賞候補作!《單車失竊記》麥田出版の邦訳。

父の失踪とともに消えた自転車は… twitter.com/i/web/status/1…

《天橋上的魔術師》歩道橋の魔術師、《大江大海一九四九》台湾海峡一九四九、《交換日記》等、台灣文學を愛してくれた翻訳者の天野健太郎 @taiwan_about さんが年僅47歲で病逝されました。私はとても悲しいです。祈ります。(;_… twitter.com/i/web/status/1…

元西日本新聞記者の田中一彦氏が2017年、福岡の出版社・忘羊社(@bouyousha)から刊行した『忘れたれた人類学者』が、このほど地方出版文化功労賞を受賞したとのことです!おめでとうございます😊! twitter.com/hanmotocom/sta…

 h65d7sz reasonably small
たまさか@TamasakaTomozo

本を読むときもそれと一緒で、一冊の本で自分の知りたいことが全てわかるということはまずない。それは本を書く側もわかっていて、だからまともな本には必ず参考文献が載っている。それは主張の根拠を示すものであると同時に、読者をその世界のさらに奥へと誘う最強のブックリストでもある。

 h65d7sz reasonably small
たまさか@TamasakaTomozo

1学期の授業アンケートに「(講義を受けて)自分で調べたいことが増えた」と書いていた学生がいて嬉しかった。授業で得られるモノは大学で学ぶことの100分の1程度で、残りの99は自分で見つけるしかないので。もちろんその99につながるよう… twitter.com/i/web/status/1…

「本の虫」とは、どんな虫なのか。ここに登場する5人の虫たちの本業は、書店員、古書店経営、装丁家、ジャーナリストなど単に本が好きというだけでなく、まさに本とともに暮らし、本で食べている虫たち。その5人が本にまつわる言葉を、自由に解説… twitter.com/i/web/status/1…

【国内書新刊】
『中国はここにある:貧しき人々のむれ』
梁鴻 著/鈴木将久,河村昌子,杉村安幾子 訳/みすず書房/税込3,888円

近代化の矛盾に苦しむ農村に、現代中国の姿を浮かび上がらせ、 大きな感情のうねりを呼んだノンフィク… twitter.com/i/web/status/1…

ほんと、Mステ出演取りやめに関して人種主義と植民地主義の問題があるって認識している人でさえ「あのTシャツは趣味が悪いと思うけど」って公言してしまうのだから、植民地マインドは根深いよな。加害した旧帝国の立場から反帝国主義ナショナリズムの表現に文句言うって。

日本は朝鮮半島を植民地支配したという基本的なところが共有されてないのかな。殺し、搾取し、民族としての誇りも奪おうとした植民地支配からの解放のイメージが、元宗主国の日本の人の目や耳に心地よいものになるはずはないのに、不満を表明する権利あると思うならそれは植民地主義マインドですよ。

これは尋常でなく素敵な本では…! ローベルト・ヴァルザーの詩とパウル・クレーの絵を、見開きにひとつずつ組合せて。『日々はひとつの響き ヴァルザー=クレー詩画集』(平凡社)。実世界では出会わなかった(1歳違いの)ふたり。ソンタグは… twitter.com/i/web/status/1…