Twitter 青梅さん TcE232_519_661 | 青梅さん(TcE232_519_661) /「tarareba722」の検索結果

キツネは我が身を恥じて野に去り、下級貴族出身の女房は愛した姫君の姿を書き残すべく最高権力者と筆で戦う道を選びました。

センター古文は『玉水物語』(御伽草子)だったそうですが、平安朝文学には、
「好意を寄せる姫君がいるけど下級貴族出身の自分と結ばれることは許されないので仕方なく女房として仕えていたところ、打ち明けられない恋心を何も知らない本人に尋ねまくられてしまう禁断の百合物語」があります。