Twitter 黒木鉄也 Tetsuya_Kuroki | 黒木鉄也 (@Tetsuya_Kuroki) のツイート

@Tetsuya_Kuroki 提供がフエルアルバム!ヤマキ!これって同年に始まり今なお続く「新婚さんいらっしゃい」の提供とも重なりますね!

Keyhunter tamba reasonably small
黒木鉄也@Tetsuya_Kuroki

テレビ局が予算を出す自主製作で、19時台よりも広告料が高額な時間帯だった『キカイダー01』は、高視聴率でも多くのスポンサーが敬遠→広告料の不足が番組予算にも反映されます。企画段階でポピーと松下電器の提供が決定済みの『イナズマン』は、広告料も潤沢でした。@ruchishogun

Keyhunter tamba reasonably small
黒木鉄也@Tetsuya_Kuroki

『イナズマン』はテレビ局が予算を出す自主製作番組と異なり、広告代理店の東映エージエンシーがテレビ局の枠を買って予算を出す「持ち込み製作」でした。当時の玩具メーカーやレコード会社などのタイアップで、同時期の『キカイダー01』よりも潤沢な予算を確保しています。@ruchishogun

Keyhunter tamba reasonably small
黒木鉄也@Tetsuya_Kuroki

低視聴率で打ち切り→再放送で大人気というパターンが確立するのは、オイルショック後の'70年代後半からで、それ以前にはありえない出来事でした。打ち切りだった旧作の再放送人気で、新作の開始に至った『元祖天才バカボン』が、このパターンの嚆矢と思われます。@LONGAGO_SYOUWA

リアルタイムの受容でないと、間に合わない、受容しづらいモノは確かにあるなあ。同時代性を強く体現しているジャンルは風化も早いけど、そこにしかない価値というのがある。 twitter.com/mijiyooon/stat…

あと、大人になると感性が凝り固まるということは、必ずしもないと思う。

若いときに見といてよかったのは、むしろテレビや雑誌だ。これ、誰かも本で書いてたけど、本も映画も、アーカイブをあとで辿ることができるから。まあ、さっきのは、またちがう話かもしれないけど。

半分そんなことないと思う。別に若いときみてなくても、急に大人になってからでも、量を見れば、突然見方ができることもある。

10〜20代の、できれば社会人になる前のタイミングで、めちゃめちゃ本を読むか、めちゃめちゃ音楽を聞くか、めちゃめちゃ映画を観るかしといたほうがいい。文化的教養はその時期にしか育たない。大人になると感性が凝り固まるか、もしくは全く触れないと感性というものすらなくなる。

今日10/7は特撮ヒーロー番組「プロレスの星 アステカイザー」放送開始40周年アニバーサリーデーです!!

タイガーマスクが近年リメイクされたので、是非ともアステカイザーもリメイクしてほしい。 pic.twitter.com/dSFhQ3uWU7

ブルマアクが倒産する'77年は、日本国内で円高不況が進行して、銀行からの資金繰りも悪化していたようです。この時期に流行ったアメフトやスーパーカーなどの輸入文化は、'77年後半から『#スター・ウォーズ』ブームへと発展。玩具業界でもSW風の商品が急増します。@macleod1997

ブルマアクと東急エージェンシーの「持ち込み」で製作したアニメ番組『#UFO戦士ダイアポロン』も、主人公が巨大化する「合身」の設定など、怪獣ジャンルの変形っぽいですね。『#合身戦隊メカンダーロボ』の時間制限設定も、#ウルトラシリーズ のノウハウでした。@macleod1997

承前)広告代理店の持ち込み製作番組は、TBSで終了した『#UFO戦士ダイアポロン』が翌週から東京12chのダイアポロンIIに移動した例など、放映終了後にテレビ局の権利が失効するパターンが多く、『#ジャンボーグA』放映時のMBSは次回予告でも『#ミラーマン』とのつながりを宣伝。(続

1976年10月7日「UFO戦士ダイアポロンⅡ」放映開始記念日!TBSと絶交したブルマァクが12chと再タッグを組んだ結果…新規差し替え敵メカのネタ切れで末期はオリジナル版の再放送(笑)

#今日は何の日
#UFO戦士ダイアポロン pic.twitter.com/lSysB2EOg3

#今日は何の日 1976年10月7日『プロレスの星アステカイザー』放映開始記念日!第1話のゲスト・アントニオ猪木はセリフが棒読みでも特別出演と言う高待遇www pic.twitter.com/mZWHBKuLOB

ちなみに、『#プロレスの星アステカイザー』は玩具メーカーのヨネザワが企画段階で関わっており、『#恐竜探険隊ボーンフリー』ではトミーが企画段階で参加。アステカイザーは萬年社、ボーンフリーは旭通信社による広告代理店の持ち込み製作で、キー局のNETテレビは予算を出さない番組だった。

日本コロムビアの『#プロレスの星アステカイザー』ミュージックコレクションを入手。解説書の円谷粲インタビューでは、TBSよりも広告料が安いNETテレビへアステカイザーと #ボーンフリー の企画を売り込んだら、株主の東映が「円谷プロに2作品もやらせるな」と横槍を入れた件なども掲載。

#今日は何の日
1976年10月1日(金)の西日本新聞夕刊に載った、福岡県のテレビ欄より。40年前の九州朝日放送(KBC)では、NETテレビで10月7日(木)開始の新番組『#プロレスの星アステカイザー』を、17時25分から先行放映… twitter.com/i/web/status/7…

Keyhunter tamba reasonably small
黒木鉄也@Tetsuya_Kuroki

#今日は何の日
1976年10月7日(木)の朝日新聞夕刊に載った、関東広域圏のテレビ欄より。40年前のテレビ朝日(NETテレビ)とテレビ東京(東京12チャンネル)では、新番組の『#プロレスの星アステカイザー』と『… twitter.com/i/web/status/7…

@Tetsuya_Kuroki 前にゲストで出た時も下着姿や海岸で後ろ姿ヌードになったり今じゃ考えられませんね。ゲスト常連なのも意外ですし。

Keyhunter tamba reasonably small
黒木鉄也@Tetsuya_Kuroki

#東映チャンネル で15時に放映された『#特別機動捜査隊』の第612話「誘惑の報酬」を観ていたら…。#小林幸子 さんのベッドシーンがあって、驚いたよ!
40数年前の小林幸子さんが、入浴後のバスタオル姿でエロい役を演じる「誘惑の報酬」は、東映チャンネルで来週の朝9時にも再放映だ。

水ローの『シェーン』、石田太郎のアラン・ラッドってのがすごく気になります。 twitter.com/Tetsuya_Kuroki…

TBS系RKB午後4時「F2シリーズ」当時TBS系静岡放送で見たなあ。星野一義と中嶋悟が鎬を削ってた。優勝者インタビューの中嶋は「俺が速いから勝った」無愛想かつ小生意気な若手ドライバーだった。ピットレポーターはこれまた若い今宮純だ… twitter.com/i/web/status/7…

Keyhunter tamba reasonably small
黒木鉄也@Tetsuya_Kuroki

#今日は何の日
1976年10月6日(水)の朝日新聞夕刊に載った、関東広域圏のテレビ欄より。40年前のフジテレビ系では19時から、新番組『#ドカベン』を開始。この日のNETテレビでは、先週まで日曜19時開始だった『ゴワッパー5… twitter.com/i/web/status/7…

銀河旋風ブライガー放送開始日。必殺やらルパンやら、様々な人気作をモチーフにしている作品ですが、丁度本家必殺シリーズの人気が盛り返してきていた頃にオンエアされてたのも今考えると興味深いっすな。個人的にはJ9シリーズで一番好きです… twitter.com/i/web/status/7…

今から35年前の1981年10月6日(火)は銀河旋風ブライガー放送開始記念日。この作品も、J9シリーズも35周年を迎えました。
#今日は何の日 #秋のロボ祭り #銀河旋風ブライガー #J9シリーズ #ブライガー35周年twitter.com/i/web/status/7…

Keyhunter tamba reasonably small
黒木鉄也@Tetsuya_Kuroki

'81年10月3日(土)の西日本新聞朝刊に載った福岡県のテレビ欄を、18時台まで掲載。日本テレビ系列局の福岡放送(FBS)では、テレビ東京で'81年10月6日開始の新番組『#銀河旋風ブライガー』を3日早く、土曜の朝8時から放映開始… twitter.com/i/web/status/7…