Twitter 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害 akejy | 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害(akejy) / 2016年8月13日のツイート

22chsn07 reasonably small
古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy

伊方原発が再稼働されたが、四国は南海トラフ地震の影響のある地域。浜岡原発同様に特別の警戒が必要なはずだ。巨大な中央構造線も8キロとすぐそこを通っている。
電力会社は既に黒字で電気も足りているので原発再稼働は無意味だ。電気料金を上げて再稼働は裏切り行為以外の何ものでもない。再考を。

22chsn07 reasonably small
古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy

産業を中心とした社会では一般市民の懸念は後回しにされてきた。全世界が豊かになっていく現代、先進国は同じものをつくっていたら競争に負けるので新たな付加価値をつける必要があるだろう。安全というものへの意識が高い先進国で安全が付加価値になるのに、その軽視はビジネスチャンスを失うだけだ。

22chsn07 reasonably small
古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy

僕は放射線技師だったので、危険性のあるものを扱うときの基準が、リスクが効果より低いという条件でなされていることは理解している。それでは検証手法が十分か、基準は十分低リスクかはやっぱりわからない。放射能は自然界に普通に存在するので、それとの比較で見当もできるけれど、安全性は別物だ。

22chsn07 reasonably small
古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy

レンジが危険かどうかはわからない。揚げるよりは安全な気もするけれど検証できないのでわからない。食品添加物や人工甘味料などに発癌性が確認されたものが使われているが規制されていない。農薬や除草剤もそう。安全の基準が緩いだけなのにすぐ問題が生じなければ安全として放置される産業中心主義。

22chsn07 reasonably small
古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy

メモ
レンジで調理するとビタミン等は失われ難いらしいが発癌物質ができる噂がある。レンジは水分だけをマイクロ波で温め、水は百度以上にはならないが中心から温めるので水蒸気が発生すればより高温になり発癌性をもつだろう。それが関係するかは誰も言っていないので不明。他の理屈はここではパス。

22chsn07 reasonably small
古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy

(メモ)
肉や魚などタンパク質を150度以上で高温加熱処理すると焼焦げにヘテロサイクリックアミンという発癌物質ができる。
じゃがいもなど炭水化物を120度以上で高温加熱処理した場合にはアクリルアミドという発癌物質ができる。
揚げ物や炒めもので生じる。百度以下で調理する煮物は安全。

22chsn07 reasonably small
古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害@akejy

五輪中なので新聞の記事が少ないのは仕方ないとして、オピニオン面まで半分はいかがなものか…と思ってしまう。東京五輪の前の大会なので日本の活躍をスポーツ紙のように報じるのは仕方ないのだろう。
制限だらけで新聞くらいしか楽しみがないので…それすら制限されて、僕はどうすればいいのか状態。