Twitter 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害 akejy | 古谷彰浩 不都合な真実を求めて電磁波被害(akejy) /「SDP_vision」の検索結果

[20-3] 所得税・住民税の最高税率の引き上げや累進性の強化、企業に応分の社会的責任を求めた法人税の見直しに取り組みます。

#社民党

[21-1] 福祉と社会保障制度の充実は、誰もが安心して人生をおくるために欠かすことのできない条件です。憲法25条の生存権を保障するため、行政の責任と社会の連帯を重視します。

#社民党

[21-3] また、子育て支援を拡充するとともに、障害者への差別の禁止と就労支援・所得保障の充実など福祉を拡充します。福祉への投資拡大で、老後や健康、子育てへの安心を確立するとともに、雇用創出や新規産業の育成など経済的な波及効果を実現します。

#社民党

[18-2] 人間をモノとして扱うような労働分野の規制緩和を許さず、同一価値労働・同一賃金といった均等待遇の保障の下で、多様な働き方を尊重し、働くことを望むすべての人々が完全雇用されることを社会の大きな目標とします。

#社民党

[20-1] 財政は人々が共同で公平に負担し、社会全体の利益のために事業を営む領域です。特定の企業・階層の利益や巨大公共事業に偏重した財政構造から雇用や福祉、教育など生活重視型へと転換し、地方への財源移譲や健全な財政構造の構築を進めます。

#社民党

[19-3] 所得税・住民税の最高税率の引き上げや累進性の強化、企業に応分の社会的責任を求めた法人税の見直しに取り組みます。

#社民党

[20-2] 税制には、富の偏在を防ぎ、負担能力のある人から社会の支えが必要な人へと所得を再分配させていく機能こそ必要です。逆進性の強い消費税を基幹税に位置づけて安易に税率を引き上げることは、低所得者層に一層の負担を強いるだけです。

#社民党

[20-3] 所得税・住民税の最高税率の引き上げや累進性の強化、企業に応分の社会的責任を求めた法人税の見直しに取り組みます。

#社民党

[21-1] 福祉と社会保障制度の充実は、誰もが安心して人生をおくるために欠かすことのできない条件です。憲法25条の生存権を保障するため、行政の責任と社会の連帯を重視します。

#社民党

[21-2] 税と応能負担を原則とした保険料拠出によって、安心と公助の新しい年金制度、患者の立場に立った公的医療、誰もが安心して利用できる介護制度を実現するため、社会保障制度全体の抜本改革を図ります。

#社民党

[21-3] また、子育て支援を拡充するとともに、障害者への差別の禁止と就労支援・所得保障の充実など福祉を拡充します。福祉への投資拡大で、老後や健康、子育てへの安心を確立するとともに、雇用創出や新規産業の育成など経済的な波及効果を実現します。

#社民党

[23-1] 国連憲章の精神、憲法の前文と9条を指針にした平和外交と非軍事・文民・民生を基本とする積極的な国際貢献で、世界の人々とともに生きる日本を目指します。

#社民党

[25-1] 性によって生き方の選択肢が狭められるようなことがあってはなりません。職業、社会、そして家族生活において男女は常に平等であるべきです。ジェンダー(社会的・文化的性差)に対する偏見や制度的障壁から自由になるよう、これまでの制度や秩序を見直します。

#社民党

[25-2] 女性が個人として尊重され、積極的に社会参画を果たすことができるように、女性に対するあらゆる差別を禁止するなどの環境整備に努め、クオータ制度の導入・定着を図ります。

#社民党

[25-3] また、男女がともに子育てや介護など家族的責任を果たすことができる法整備と長時間労働・サービス残業の規制など、働き方の改善に取り組みます。

#社民党

[28-2] 子どもたちが、生き生きとすこやかに、そして個性豊かに学び、遊び、生活できる条件を社会の責任で保障します。すべての子どもが、性差や個性、家庭の所得状況にとらわれず、どこでも等しく教育を受けられるように、教育基本法の理念、子どもの権利条約の原則を具体化します。

[28-3] また、生涯のあらゆる段階で人々が自らの能力と存在感を高めていけるよう、職業および技術教育の機会を公正に保障します。

#社民党

[29-1] 生活を豊かにおくるために不可欠な文化や芸術の分野では、表現の自由やあらゆる価値観が保障されるべきです。

#社民党

[34-2] この過程において、新自由主義・新保守主義の政治の転換を求める政治勢力と連携し、主体性を維持しながら具体的な政策課題の実現を目指す、緊張感ある連立政権の形成を展望します。

#社民党

[33] 3.私たちは、人々の現状に対する不満や不安を出発点とした大衆的な運動を重視し、固く連携しつつ、議会制民主主義の機能を通じて社会民主主義の理念に基づく政策を実現させていきます。そのために、徹底した情報公開によって議会制民主主義が役割を発揮できるよう監視します。

#社民党

[35-1] 5.私たちは、21世紀を迎えた今、「平和・自由・平等・共生」の理念を掲げる社会民主主義の政治が、岐路に立つ日本社会の改革にとって必要不可欠な存在だと確信します。

#社民党

[15-2] 私たちが広げていくべき民主主義は、多数の意思をもって少数を排除するものでは決してありません。国民が主権者として等しく社会に参加でき、多様な価値観を認め合い、個人の尊厳と人権を尊重することを重視します。

#社民党

[15-1] 3.私たちは、社会のあらゆる領域で民主主義を拡大し、「平和・自由・平等・共生」という理念を具体化する不断の改革運動を社会民主主義と位置づけます。

#社民党

[18-2] 人間をモノとして扱うような労働分野の規制緩和を許さず、同一価値労働・同一賃金といった均等待遇の保障の下で、多様な働き方を尊重し、働くことを望むすべての人々が完全雇用されることを社会の大きな目標とします。

#社民党

[21-3] また、子育て支援を拡充するとともに、障害者への差別の禁止と就労支援・所得保障の充実など福祉を拡充します。福祉への投資拡大で、老後や健康、子育てへの安心を確立するとともに、雇用創出や新規産業の育成など経済的な波及効果を実現します。

#社民党