Twitter イセスマC(鎮守府)T(提督) delete_masinCT | イセスマC(鎮守府)T(提督) (@delete_masinCT) のツイート

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

( ˘ω˘ )ミニチュアでない モノホンの戦車(の映像)だと 思うんだけど 何の車種かしら。 #大怪獣バラン pic.twitter.com/ckElwT4V0K

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

( ˘ω˘ )『ゴジ逆』の時もでしたが 軍服系の制服が よくお似合いな 土屋嘉男さん。 #大怪獣バラン pic.twitter.com/e6EfGwPqNd

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

( ˘ω˘ )劇中の号外。 #大怪獣バラン pic.twitter.com/ke4oocLEnx

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

( ˘ω˘ )どことなく ゴジラを 思わせる バランの顔付き。 #大怪獣バラン pic.twitter.com/tB0P7Llswk

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

( ˘ω˘ )昨今の 特撮作品と違って この時代の 所謂『避難』シーンの演技には えもいわれぬ 迫真さを 感じるなぁ。 #大怪獣バラン pic.twitter.com/g7LE851ebv

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

( ˘ω˘ )『爬虫類 ゴジラ属 ラドン科 バラノポーダ』────背中のトゲは ゴムホースが素材だったのは 有名な話し。 #大怪獣バラン pic.twitter.com/wwnNg7EzSz

レディ・プレイヤー1 のガンダム出撃。空中で一瞬取るあの決めポーズの元ネタは、やっぱりコレなんだろうか。
実はコレ、自分が描いたものなんだ。えらい昔の仕事だが。
#レディ・プレイヤー1 pic.twitter.com/flwPQBQKmM

オーブの時から感じてるんだけど、ウルトラマンの場合ライダーや戦隊と違って「ヒーローが玩具と同じデザインの武器を使う」事と巨大感の両立が大きな課題じゃないだろうか。

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

@vodmta おつかれおやすみなさい。

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

( ˘ω˘ )改造人間ですから(違)

俳優の藤岡弘さんが衝突事故 相手のタクシー運転手は軽傷 bit.ly/2HAMEYO

ももてつ の地獄大魔王LMFAO辛タンメンを食べに、名古屋においでよ。

30分以内に食べると1000円のお食事券が貰える、激辛チャレンジメニューだよ。
無理せず食べれる自信がある人だけ、挑戦してみてねーっ #飯テロ pic.twitter.com/OdHjEIwOqM

【ももクロファン大挙 鉄道苦悩】滋賀県東近江市が、「地域活性化」を期待し、「ももクロ」のコンサートを誘致。しかしネックは交通事情、最寄りの近江鉄道「大学前駅」は無人駅で来場者を全てさばけず、頭を抱えている。 yahoo.jp/DG44vh1

Zmmtza6p reasonably small
イセスマC(鎮守府)T(提督)@delete_masinCT

@Intercandle ( ˘ω˘ )偽札を 投げ入れた輩に 落雷が命中しそう(苦笑)

なんとかゲームを長持ちさせることはできないのか?この世界に飽きさせずに留まらせる方法はないものか?というムーブメントが(80年代終盤頃)あったんだよね。量を増やすという以外に何か手はないのか?と模索された時代。そのうち山程ゲームが出てきたのでその辺どうでもよくなってフェードアウト

そういう文脈を踏まえて遊ばないとピンと来ないよね。ゲームが貴重品で天からの授かりものだった時代の作品。まさか実際その未来になったら運営に煽られながら無限に小金をせびり続けられるという形で終わらないゲームが実現しようとは。当時のゲーム小僧が想像してたゲームの未来とは随分ズレたよなー

サイバリオンとかソーサリアンて今の目で見たら相当難があるけどさ。なんでこんな手順を踏ませる?とかその極端なランダム性は何?とか。あれは未来を夢見たゲームだったのだ。何故ゲームは終わってしまうのか。いつまで噛んでも味のするガムのようなゲームは作れないのか?という願望が産み出した作品