Twitter ひびのけい hbnk | ひびのけい (@hbnk) のツイート

Epdfixkq reasonably small
ひびのけい@hbnk

16歳のインスタグラマーという触れ込みの公式YouTube動画「クレオパトラの夢」は確かにうまい(無味無臭なのは仕方ない)が、「セリア」の動画を聴いて驚いた。下手くそで同一人物とは思えない。前者が周囲の大人による上げ底ではなく、本… twitter.com/i/web/status/1…

つかこうへいって日本のin-yer-face theatre だなと『熱海殺人事件』を読む会で読んで思った。あの暴力的な言葉の爽快感。西村賢太の小説もあのリズミカルな罵倒が快感だった。それでin-yer-face theatre… twitter.com/i/web/status/1…

旅する獅子舞こと伊勢大神楽講社がyoutubeにて『伊勢大神楽講社 公式チャンネル Ise-dai-kagura』開局致しました。

年に3度のペースで配信予定。開局を記念して第1弾は一挙に3つの配信です。

youtu.be/4vXZj0Mwavk

手元にある、大正期の浅草の富士館での「日本の西洋の喜劇総合大会(ニコニコ大会)」のチラシ。
この頃は短編無声喜劇映画数本を「ニコニコ大会」と称して上映する企画が各地の映画館で行われていた。
左から町人姿のデブ君ことロスコー・アーバ… twitter.com/i/web/status/9…

横浜、若葉町ウォーフの「波止場ワークショップ」。参加者を募集中です。海外10名、国内5名。
wharf-ws.amebaownd.com pic.twitter.com/6u8fosQVWQ

民謡って代々歌い継がれてるものってイメージあるけど、実は違くて、例えばビョークみたいなディーバがあらわれて、ガツンと影響を与えて何もかも変えるってことが普通なんだなって。小島先生はこうも仰ってた「替え歌されなくなった子供の歌は死んでいる」歌い方も歌詞もどんどん変わるのがおもしろい

何年か前、民俗音楽研究の大家小島美子先生から伺った話。ある場所に調査に行ったところ、その半年前に行った時と全くみんなの歌い方が変わっていた。調べたらどうやら「あの子が素敵な唄い方するから」とカリスマがその地域に登場し、それがみんなの歌い方に影響を与えてたと。

文化◆26日、宝塚少女歌劇が、帝国劇場で東京初公演をおこなう。『三人猟師』ほかを公演し、大盛況となる。 =百年前新聞社 (1918/05/26)

▼今月23日の「東京朝日新聞」広告。小山内薫(36)が「一番清い新しい厭味のないも… twitter.com/i/web/status/1…

近世文学の泰斗・中村幸彦は楚々たる風貌の持ち主で、「村芝居の時には必ず女形や年寄役をやらされて弱ったヨ」と言っていたそう(中野三敏『師恩』)。同じ中村の姓だし、どことなく「下町の歌右衛門」といったかんばせ。 pic.twitter.com/HkncqGvYc8

「胎児が密猟する時」の公開日は67年6月5日で場所は映画館ではなく定員70名のアンダーグラウンド・シアター自由劇場。佐藤重臣を中心とした「日本アンダーグラウンド・センター」の旗揚げ上映の目玉だった。自由劇場は前年の11月に開場した… twitter.com/i/web/status/1…

「胎児が密猟する時」の主演、山谷初男はこの映画が公開された67年には劇団天井桟敷に所属。天井桟敷が募集した俳優に見合う怪優奇優ぶりを発揮。「毛皮のマリー」稽古中の山谷(左)と寺山修司。 pic.twitter.com/YPlkAET3o4

日曜劇場「一本刀土俵入り」(1969)
十七代目中村勘三郎
今夜6時、TBSチャンネル2
tbs.co.jp/tbs-ch/item/d0…

「6本ともほぼ全文が国文学者中村幸彦氏(1998年死去)の著述集と同じであることを確認、盗用と判断した」

倉敷芸科大の元教授が論文盗用 97年から6本、死去で処分せず(山陽新聞デジタル) - Yahoo!ニュース… twitter.com/i/web/status/1…

Epdfixkq reasonably small
ひびのけい@hbnk

James Cagney quote: Once a song and dance man, always a song and dance man. Those few words tell as much about me p… twitter.com/i/web/status/1…

原さんは確かその昔、中部電力にお勤めだったこともあるとか。無電力芝居。太陽の下。月の下。パンクだな。 twitter.com/haraproject/st…

報告1(これです):「文化政策から見たプロフェッショナルとアマチュアの境界――芸術家の定義をめぐって」
討論者:森山至貴先生(早稲田大学)
私は現状の統計調査と政策の議論から今の日本での芸術家の定義のされ方や、支援について考える予定です。

男優が撮影中に怒鳴ったり他のスタッフや役者にハラスメントをすることについて、「あの人はメソッドアクターだから」ということが言い訳に使われてきたことを指摘する記事。 / “How Jeffrey Tambor’s on-set m…” htn.to/WyF3HfX

イギリス演劇出身の役者はよくメソッド演技を批判してる。昔はレパートリー方式で毎日違う演目をこなせる役者を養成しなきゃならなかったんだけど、メソッド演技はそれが廃れてから成立した。 / “なぜアカデミー賞の受賞俳優には「メソッド・…” htn.to/u1PSaU

宝塚大劇場で落語を題材にした公演をやっていて、昔ちょっとだけ落語を教えた娘さんが出演しているというので行って来たでござる。落語というより豪華過ぎる大衆演劇みたいな感じで、それはそれは素晴らしい異空間であった。 pic.twitter.com/b3SeUYPDm6