Twitter アウトプッター imminminzemi | アウトプッター (@imminminzemi) のツイート

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

人間の善意をベースとするシステムはそのうち破綻する。人に善意を発揮できるのは自分に余裕があるときだけであり、そんなに長続きはしない。人間というのは不純な動機ほど長続きしやすいのである。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

福沢諭吉なんてただの紙切れでしかないが、一万円札だという価値観があるから、一万円の価値があるのだ。何百年前の日本に戻って福沢諭吉紙幣を手に入れても何の価値もないだろう。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

モノの価値は価値観によって決まる

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

動物と人間の違いは感情をコントロールできるかどうかだ。感情をコントロールできれば、目先の利益にとらわれず、長期的な利益を手にすることができる。
バカを利口が支配する構図は、バカが自覚していない感情をコントロールすることにある。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

男性のモチベはほぼモテたいに集約されると言っても過言ではない

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

言語化できていなければ、真に理解しているとは言えない

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

成功する秘訣は失敗した際にどういう行動するのかをルール化しておくこと。「失敗した!どうしよう!」とか悩んでいる時間は無駄なので、失敗したことも想定に入れて取り扱い説明書を作っておくこと。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

感情を動かしたいなら、個々のエピソードを用い、論理的に考えさせたいなら、統計を用いるべき。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

一人の死は悲劇だ。しかし100万人の死は統計上の数字に過ぎない。命の価値はただ一人のときが最も高く、人数が増えるにしたがって減少していく。統計になった瞬間、我々は感情を失ってしまう。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

本、数学の公式、試験などで、あれこれ学べと責め立てる前に、最も効果的な「学び方」を教えることが先決だ。
記憶法、思考法、学習効率を上げる方法、適切なノート法、問題解決法、あらゆる科目で能力を最大限に生かすための方法などを学ぶ必要があるのだ。

「時間ないから明日に先送りしよう」と思ったことには今日5分だけ手をつけるようにするってルールを設けると生産性が爆上げになるわけだけど、これはチート技だから人には言わんとこ

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

習慣がすべて

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

冷静に考えると奴隷が奴隷のリーダーを崇めるって構図は地獄絵図やんけ。現状維持こそが最適解だと洗脳する既得権益層の言うことを嬉々として従う奴隷リーダーによって毒が散布され、麻痺した多数の奴隷たちは疲弊しながら、老いぼれ既得権益層とと… twitter.com/i/web/status/8…

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

事実は1つだが、解釈は無限大

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

弱気になって誰かに相談したくなったら、まず鏡を見ろ。そいつが答えを持っている。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

目的地に絶対に辿り着くという思いがあれば、どこにいようが結局は辿り着く。もちろん、その際には最速で向かう交通手段を探しながら目的地に目指すべきで、徒歩ではなく、自転車でもなく、自動車でもなく、新幹線でもなく、最終的には飛行機を見つけ出す。

1日の終わりに自分に投げかける質問リスト

・今日の最重要行動は?
・強みが発揮された行動は?
・今日できなかったことは?
・ついイラっとしたことは?
・つながりが深まった出来事は?
・パワーアップさせてくれた行動は?
・パワーダウンさせられた行動は?
・正直飽きてきた習慣は?

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

ピンチになったら常に思い出せ。今日は何かが終わる日じゃない。新しい何かが始まる日だ。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

人はみんな未来が不安だから、絶対的未来予測にすがりたくなる。占いとか宗教とかもそうだよね。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

いつキャズムを超えるのかは予測できないわけだから、相対的な未来予測はできてもそれが具体的にいつなのかという絶対的未来はわからない。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

だから、いかにネガティヴな感情を考えないようにするかが重要。人間は行動していれば余計なことを考えなくて済む。だから、ネガティヴな感情に出会ったら動き続けろ。考えても何も変わらない。動いているうちにポジティブになっていく。作業をやりはじめるとアドレナリンが出て、やる気が出るのと一緒

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

ネガティヴな感情は視野を狭める。なぜなら、ネガティヴな感情を解決するために人間の脳はリソースを集中させるからだ。だから、切り捨てる必要のない選択肢まで見過ごしてしまう。はらが減っている時は食べ物のことしか考えないし、不安な時はビクビクして怯えることしかできない。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

結局、国家を変えるのも世界で勝つにも必要なのは一部の天才だ。中国が卓球で強いのは、日本の10倍卓球の天才がいるからだ。なぜ、人口が多い国が発展していくのかというと、それだけ天才が多いからだ。出る杭である天才が叩かれるかつ人口が減少する国家は衰退していくのみである。

ビジネスに対する資本投下は基本的に勝ちパターンの拡大でないとならず、そうなると自ずとユニットでどのKPIがどうなっていると勝てるゲームなのかを把握する必要がある。そこを達成しない資本投下はどこまでやっても敗北の拡大でしかなく悲惨な結果しか生まない

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

その国の教育制度の起源は、誰がどんな目的でそのシステムを作ったのかを探る必要がある。敗戦国の教育制度は戦勝国によって作られる。植民地の教育制度は、支配国によって作られる。イギリスとインド、アメリカと日本、かつての日本と朝鮮。未来の国家の要は教育制度なのだから、そこから支配していく

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

日本では戦前には飛び級があったが、戦後の教育制度からは飛び級が消え去った。これは、GHQによる一種の愚民化政策だと思われる。実際に、天才は生まれにくいが総中流国家となった日本は世界一成功した社会主義国家だと揶揄されるようになった。 twitter.com/chokudai/statu…

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

お金が介在しないものは差別の要因になりやすい。血縁、家柄、地縁、性別、民族。お金こそ誰にでも平等なツールである。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

お金は無色透明だ。そこに色付けするのは人間の欲望だ。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

勝者が歴史を語り、敗者は文学を語る。

誰かに取られたものを、他の誰かから取り返す、というループと、誰かにもらったものを、他の誰かにあげる、というループ。回る方向が違うだけで、どちらも結果は同じです。限りあるものを、ただくるくると回しているだけ。でも気分はかなり違う。幸せと不幸の違いは、その程度の事なのかもしれません。