Twitter アウトプッター imminminzemi | アウトプッター (@imminminzemi) のツイート

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

他人を格付けすることで自分の立ち位置を確認している。 twitter.com/ryumurakamibt/…

そら人間なんて3世代で暇な爺婆に頼って子育てする生き物なのに、2世代で育児なんかしたら死ぬし、まして2世代で共働きとか正気の沙汰じゃない。「夫が家事をしない」とかじゃなくて「日本政府が3世代で住める国を作らない」のが問題なんだよ。人間ってのは群れで育児する前提の動物なの

永久に権利を手に入れたいなら「提案する」しかない。新しいシステムを提案して、みんなが儲かるように設定して、それで全員で幸せになるしかない「戦って奪い取ろう」だとか「考えるのは上の仕事」だとか、他人に丸投げして何か得ようとする事自体が大きな間違いで

そもそもストライキの権利をどうして国が補償するか分かるか? ストライキの権利を認めて「ストライキで労働者と雇用者を闘争させれば、機械化のペースが速まって生産性で他国より先んじられるから」だから短期的には労働者の特になるが、最終的には国に全ての利得がある

楽な部分だけ真似しても本来の成功を得ることはできない。「ストライキはやる」しかし「客に迷惑を掛けない」両方達成しなければ仕事は無くなる。いくら口先で理屈を捏ね回そうが、正しい行動を取らなければ報酬は手に入らない。口を閉じ、行動に集中しろ。

これは別に女性の社会進出に限った事では無く、弱者が永遠に弱者の地位から上がれないのは「自分の出世に協力した人間を裏切る」からだよ。いじめられっ子は庇ってくれた子を裏切るし、鬱病やメンヘラは家族や恋人を裏切る、どんな理由があろうが裏切りは社会的地位を下げる。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

いままさにこの瞬間にもライバルは次の目標に向けて遥かに前進していることを強く自覚すべきだ。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

インプットばかりしていると賢くなったつもり、実力がついたつもりになる。セルフイメージと現実がずれていく。インプットは材料であり、調理しないと意味がない。いくら料理本を読んでも料理は上手くならない。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

自分が何も知らないということを知らないのが本当に怖い。自分が無知であり能力がないことを自覚するためにも情報に投資し外部刺激に触れて実践するしかない。ただ、知識に投資するのは非常に重要だが、アウトプット前提であること。インプット2割、アウトプット8割を死守する。

スケールするプロダクトを作りたかったらもっと人間の欲求と向き合おう。何千年経ったって人間の欲求は変わらないんだからそこを今の世の中でできる最適な手段で満たすのが何千万人が使ってくれるサービスを作る手段だぞ。

人間の欲求は5段階(生理的欲求・安全の欲求・所属の欲求・承認欲求・自己実現の欲求)に分かれ、うち下3つは満たされやすく、欠乏欲求でかつ構造上全員が満たされることがほぼありえない承認欲求を満たすためのビジネスが増えるのは想像に難くない。

金はあるけど尊厳のないおっさんのためにキャバクラがあって、金はないけど時間はあるとソシャゲなのかなという気がする。これが主婦だとどうなるんだろう不倫とかかな。若い女性はお金もかける必要がないのでそういう意味で1番いい立ち位置。

つまりアートとクリエイターの階層はこうなる

寝た方がマシな作品:最底辺
睡眠
寝るよりは楽しい作品:中堅
セックス
セックスより楽しい作品:神

人間の3大欲求のうち、睡眠とセックスを閾値としてクリエイターは神・オタク向け・底辺に分割される。

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

人間は短期間のうちに環境に適応するために遺伝子レベルで変化することはできないため、新しいテクノロジーを生み出すことで環境に適応してきた。

悪意を持った攻撃者に対し最も適切な反応を返したのは「一定レベルのハラスメントには耐えるが、閾値を超えたら反応する」集団だった。この集団は多少のハラスメントを我慢するので、敏感な個体が孤立せず、反応が鈍くならないが、悪意ある攻撃には適切な反応が出来たので長生きした

Weq5nvsy reasonably small
アウトプッター@imminminzemi

人間は期限を設定しないと死ぬまで何もやらない。締め切り時間を設定して意識的に追い込む必要がある。

例えばイギリスの無料病院は常に貧乏人で満員です。貧乏人は「無償の薬」を手に入れて転売して小銭を稼ごうとします。なので普通の人も薬をなかなか出してもらえません。また予約を取りまくって「病院の予約を転売する」人間も出てきました。病院は常にこのクソとカスの対処に追われています

例えば俺はゲームルールを教育するための3つのルートを用意する

1.完全な文字ベースの説明書
2.教官キャラが教えるチュートリアル
3.実際のプレイ動画

それぞれ

1.最初に全部理解したい人向け
2.1段階づつ習得したい人向け
3.一連の流れで覚えたい人向け

つっても無税じゃ環境を維持できないから、総税率30%くらいは取って、それで環境整備をする必要はある。ただ今の日本は52%も取ってるから、税の取り過ぎで経済が回らず、全員が貧乏になって行ってる。30%以下の減税は自由主義を過信し過ぎ、30%以上の増税は政府を過信し過ぎだ。

国の勘違いエリートは「投資家がやるより自分達の方が上手く金を配分できる、だから税金を沢山取って自分達がやった方が国は良くなる」と思いあがっているが、基本的にクソ無能な上に、失敗した無能が淘汰されないので、税金が有効活用される事は殆ど無い。税金の効果は「経済の暴走を止める」ただ1つ

今後は、ユーザーの『目的のない時間』の取り合いになってくる。1番効率よくお金になる決済に近い部分はすでにamazon含め市場が大勢を決しており、その前の潜在意識や潜在ニーズに対してどれだけ接点を持てるかというのが重要になる。例えばバナー広告はその一部で、潜在ニーズに対してである。

今までのビジネスにおける考え方は『決済』を抑えるのが全てであるというのが大筋の戦略であり、それはユーザーが実際にお金を払ったり大きな決断をする地点にいるのが1番金になるということ。それの最たる例がリクルートとかのモデルなのだけど、スマホで常にネットに接続するようになる前の話。

心が貧しくて自分達と違う価値観の人間と協力できないから貧乏なんだよ。「世の中はこうあるべきだ! だから私は貧しいべきではない! お前が金を持っているのはおかしいんだ!」こんな心の貧しいクソ野郎がどうやって金持ちになるんだよ。天地が引っ繰り返ってもムリでしょ。

人間てのは、「嫌いなやつの足を引っ張るためなら苦労や出費も苦にならない」という生き物で、それは何故かというと、そもそもそれが「嫌いなやつ」の定義なのだから仕方がないと言うか

経済は川の流れで、川の流れには上流と下流があり、そして「距離」がある。これを理解することが経済を理解する大きな手掛かりになる。

距離が遠い所までちゃんと水が流れる社会が豊かになる。逆に短い流れで止まってしまう社会は全体が貧しくなる

んで自由に楽しくやりつつ、環境保全にも金を掛ける。その割合って大体30%くらいなんだよ。だからネットショップ色々出て来たけど。ショップの取り分が10~20%の所は環境整備に金掛けられないせいで廃れる。40~60%取る処には人が寄り付かねえ。結局7:3くらいに落ち着くんだよな

滅茶苦茶賢い上位0.01%の人間が枠組みを作る。そして個々の案件に対しては「何も考えずに自動的に対応する」それが最も健全で安全なんだ。人間にお金を渡して「考えて使え」なんてのは駄目なんだよ。人間が考えれば必ず失敗する。何度でも言うぞ。人間は! 頭が! 悪いんだよ!!

いいか人間はバカなのだ。人間はバカだから「人間が何かを考える度に失敗の確率が上がる」んだよ。どうして Amazon や AppStore が大成功してるか分かるか? 機械が顧客の要望とデータを元に接客してるから、あんな巨大組織が大成功してんの。人間が挟まってたらああはならん

税金は低ければ低いほど社会は良くなる。人間が「神のごとき見識で全てを見渡し完璧な調整をする」なんて事は現実には起こり得ない。実際には力を持ったバカが「流したいところに流す」せいで太い所が余計に太くなるだけだ。人間はそんなに賢くない、人間が考えて何かする頻度を減らせ

つまり遠隔高等教育、遠隔治療、あるいは警備ドローンによる警察や消防の遠隔化によって、国が作った「箱」との距離に関係無く、税の恩恵を日本中どこでも同じだけ受けられるようになって初めて、地方と都心の格差が緩和されるんだ。オンラインによる物理的距離の克服が必要とされてるんだよ