Twitter 井上伸@雑誌KOKKO inoueshin0 | 井上伸@雑誌KOKKO (@inoueshin0) のツイート

K0st3rmv reasonably small
井上伸@雑誌KOKKO@inoueshin0

”報告書公表まで7日間”の「第三者委員会」はありえない(郷原信郎) - Y!ニュース news.yahoo.co.jp/byline/goharan…

気になるのは、「東京都だけ」抽出が始まった時と、18年1月の意図的な復元の時点だ。その時すら「不関与」だったのか。自分が何かを変えることを特に嫌う。そして、命令になら従う。そのイメージからかけ離れた瞬間。 twitter.com/zenrododaiki/s…

K0st3rmv reasonably small
井上伸@雑誌KOKKO@inoueshin0

派遣労働者から強奪し「改革利権」「究極の天下り」「学商の独り勝ち」の竹中平蔵パソナ会長言説=辛い思いする人、痛みこうむる人がいる格差社会こそ経済にプラス、社会保障は集団的なたかり editor.fem.jp/blog/?p=407

K0st3rmv reasonably small
井上伸@雑誌KOKKO@inoueshin0

「世界で一番派遣会社パソナが活躍しやすい国」へ竹中平蔵氏肝いり派遣法改悪-若者は「貧しさをエンジョイしたらいい」(竹中氏)、皆フリーターにし「オーディション型雇用」で「人材派遣が日本の基幹産業に」(南部パソナ代表) editor.fem.jp/blog/?p=410

K0st3rmv reasonably small
井上伸@雑誌KOKKO@inoueshin0

派遣労働者の生き血吸う竹中平蔵氏の「朝まで生テレビ!」発言に垣間見る本音=トリクルダウン(一種の所得再分配効果)は「人のもの強奪する」「集団的たかり」だからあり得ない、格差社会で「貧しさエンジョイしたらいい」 editor.fem.jp/blog/?p=1604

K0st3rmv reasonably small
井上伸@雑誌KOKKO@inoueshin0

竹中平蔵パソナ会長が派遣法と同様に高度プロフェッショナル制度を小さく産んで大きく育てる必要性力説 #BLOGOS blogos.com/outline/301013/

K0st3rmv reasonably small
井上伸@雑誌KOKKO@inoueshin0

竹中平蔵パソナ会長「残業代を出すのは一般論としておかしい」「労働者でなく私のニーズで高プロ提唱」 #BLOGOS blogos.com/outline/305938/

K0st3rmv reasonably small
井上伸@雑誌KOKKO@inoueshin0

竹中平蔵パソナ会長「8時間労働なんてあり得ない話」「高プロは残業概念なくなるから残業代払わない」 #BLOGOS blogos.com/outline/306610/

根拠なく組織的隠蔽でないと報告書は結論づけるが統計不正は厚労省の組織的隠蔽と言わざるを得ない (国家公務員一般労働組合) blogos.com/article/352961/
[政治] #厚生労働省 #blogos

組織としてやったに決まってます。
組織としてのガバナンスばかり批判しても根本的な解決にはならないでしょう。統計業務の重要さを言うなら、人とお金をつけなければ、正確な統計はできません。
blogos.com/article/352961/

K0st3rmv reasonably small
井上伸@雑誌KOKKO@inoueshin0

根拠なく組織的隠蔽でないと報告書は結論づけるが統計不正は厚労省の組織的隠蔽と言わざるを得ない #BLOGOS blogos.com/outline/352961/

特別監察委が指摘した組織のガバナンスの問題は、上から下へという回路だけではなくて、下から上へという回路も機能しないと成り立たないということは言っておきたい。www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

毎勤統計監察委会見の感想。上層部が部下にやれと言っておいて投げっぱなしで確認しないのはガバナンスとして不適格というのはその通りだが、現場から意見を上げて問題を認識しているはずなのに対応しないのもガバナンスとして問題ではないか。それとも現場の意見もどこかで握りつぶされているのか。

毎勤統計特別監察委。厚労省の組織的ガバナンス(担当者に任せっぱなしで幹部が関与しない)の問題と指摘。統計の話ではありませんが、現場がおかしいと言っても幹部が聞いてくれない組織であるとは日々実感してますよ。

毎勤統計の不適切調査の会見を見ていましたが、「厚労省の組織的関与があったというよりも『不関与』であった」という、組織の体をなしていないが「上層部が意図的に隠したとは言えない」的なまとめ。今後、幹部に統計、調査設計の考え方を理解させるというのは当然だが、末端の職員はどうなるの。

政府は国家公務員の定員を合理化する計画をずっと立てているが、要は単なる人減らし。実際に仕事が合理化されたから人を減らすのではなくて、先に人を減らす目標の数字を作るから仕事が余計回らない。そのツケは国民に回る。役所仕事の典型だ。政府がさらに新しい削減計画を作るのは無責任。

なぜ2018年1月に全数調査に近づけるための統計上の処理を行ったのか。1年前と言えば、働き方改革国会だと国会冒頭で安倍首相がぶち上げて、すぐに裁量労働制で大紛糾した時期ですが>統計不正、昨年9月にも虚偽報告this.kiji.is/46005820284915…

毎月勤労統計不正の背景の一つにはフランスの6分の1と異常に少ない日本政府の統計職員数がある(国家公務員一般労働組合) - BLOGOS blogos.com/outline/352491/

〈日本の統計職員数はカナダの10分の1、フラ… twitter.com/i/web/status/1…

毎月勤労統計不正の背景の一つにはフランスの6分の1と異常に少ない日本政府の統計職員数がある #BLOGOS blogos.com/outline/352491/

毎月勤労統計不正の背景の一つにはフランスの6分の1と異常に少ない日本政府の統計職員数がある #BLOGOS blogos.com/outline/352491/