Twitter 蔵臼 金助 klaus_kinske | 蔵臼 金助 (@klaus_kinske) のツイート

Happy 70th to the Prince Of Darkness himself, Mr John Carpenter. A genuine LIVING legend of genre cinema. pic.twitter.com/3SLVdtkua8

1944年1月17日仏生まれのフランソワーズ・アルディ(歌手、シンガーソングライター、女優)。アイドルとはいえソルボンヌ大で政治学を専攻したというおカタい才媛。クライヴ・ドナー監督の「何かいいことないか子猫チャン」(’65)で最後… twitter.com/i/web/status/9…

エンツォ・G・カステラッリ監督「荒野のお尋ね者」DVDで鑑賞。エンタメに徹した軽快なマカロニ・ウエスタン。南北戦争後のメキシコ国境沿いの町へ7人のお尋ね者が南軍将軍が隠した20万ドルを求め暴れ回る。ヒーローよりも悪党の方に肩入れしそうになる作品でした。

『荒野のみな殺し』(1966)は「前半は女性と子供しかいない町とクック大佐の謎でワクワクしたのに、後半から息切れしちゃって残念だなぁ」という映画でしたが、当時のイタリア娯楽映画界が #マカロニウエスタン が人気となり量産体制に入っ… twitter.com/i/web/status/9…

『荒野のみな殺し』(1966)は僕にとって『惜しい失敗作』でしたが、 #マカロニウエスタン というジャンル全体を俯瞰すると、こういう映画もあったと光る作品で、朝日出版の『マカロニ・ウエスタン傑作映画DVDコレクション』に入れる意義… twitter.com/i/web/status/9…

【蛇足】そういえば、ピーター・リー・ローレンス主演の『32口径の殺し屋』『さらば殺し屋』の2作品は対となっていて、当時の #マカロニウエスタン ブームの、プログラムピクチャーの量産体制に入ったエネルギーを感じました。 pic.twitter.com/1UFhV0Yc2l

【蛇足】『32口径の殺し屋』(1967)も、『さらば殺し屋』(1968)も、ピーター・リー・ローレンスの殺しのプロが小さな町にやってきて殺人事件の謎解きをするミステリー西部劇の骨格は同じなんですが、『さらば~』の方は好き好きお兄ち… twitter.com/i/web/status/9…

『32口径の殺し屋』(1967)は、ピーターが非情なガンマン渡世では女性は無用よと風を切る。ところが『さらば殺し屋』(1968)はピーターが風をきっていると突然妹キャラが「お兄ちゃ~ん」と裸で水浴びして困らせるシティ・ハンターかと… twitter.com/i/web/status/9…

個人的に関連書物はたいして読んでないけれどハリウッド西部劇について、(入門的に)知りたいなら左の本が良いと思う。
マカロニウエスタンなら右の本がオススメですが、絶版なのが惜しい(汗)再販とかキンドルで是非出していただけませんかねぇ… twitter.com/i/web/status/9…

『32口径の殺し屋』(1967)が当たったので、イタリアでは「よし!ピーター・リー・ローレンスの殺し屋が謎解きをする『殺し屋』シリーズでいくぞ!!」と、昭和の日活と大映社内みたいな妄想をしてしまうけど。筋の骨格が同じでも味付けが違… twitter.com/i/web/status/9…

『32口径の殺し屋』『さらば殺し屋』は2作品連続で観て面白さがわかる。ピーターが妹キャラに「キミは一応成人女性だけど、僕には同年代で好きな女性がいるし、年の差カップルは世間体が」と苦悩する姿が描かれた『さらば殺し屋」が好きです。 #マカロニウエスタン

『インソムニア』2002年米
白夜のアラスカの田舎町で一人の少女が殺され、腕利きの刑事が捜査に乗り出すが…。
アル・パチーノとロビン・ウイリアムズ、こんな犯罪映画の名作があったのか…。
監督、クリストファー・ノーラン!?それを今頃… twitter.com/i/web/status/9…

今日はジム・キャリー56歳の誕生日🎂🎉
数多くの名作コメディを生み出してきた彼の出演作で強烈に印象に残ってるのが「エース・ベンチュラ」シリーズ✨これぞジム・キャリーの真骨頂❗️特に2作目の"チキチキバンバン"を歌いながら爆走するシ… twitter.com/i/web/status/9…

レオン?ブラッキーかと思ったわ/映画『レオン』のキャラクターに扮したマリオとピーチ姫のフィギュアが登場 | ギズモード・ジャパン gizmodo.jp/2018/01/super-…

6297aqic reasonably small
蔵臼 金助@klaus_kinske

@iima1911a1 『ローマでアモーレ』も観せて、キレさせてみて下さい。

this.kiji.is/32589869026494…
マイナンバーが不要になった。
誤送付による情報漏洩が相次いだほか、通知書を管理する企業側の事務負担が重く、経済界や自治体が不記載とするべきと訴えていた。これまでどれだけ情報漏洩があっ… twitter.com/i/web/status/9…

6297aqic reasonably small
蔵臼 金助@klaus_kinske

@kotaeastwood 陰鬱な画面によく合ってました。

6297aqic reasonably small
蔵臼 金助@klaus_kinske

@iima1911a1 しかも、けっこう衝撃的でしたね。リボルバーも携帯していたのに!

『この自由な世界で』
ケン・ローチ監督。派遣労働者を巡る搾取の構図を起点に移民、不法入国・就労、政治亡命などを巡り弱者が痛めつけられる社会への真摯な怒りの表明。社会の底辺で虐げられていたシングルマザーが這い上がろうともがくうち搾取… twitter.com/i/web/status/9…