Twitter 蔵臼 金助 klaus_kinske | 蔵臼 金助 (@klaus_kinske) のツイート

『ニキータ』(1990)
前半は大変面白い、後半はちょっと? ここで終わるの、と少しびっくりしました ニキータがレストランで暗殺する東洋系の男、『昼顔』に出ていた人で、Iska Kahnというプロレスラーだそうです ジャン・ギャバ… twitter.com/i/web/status/1…

チームラボが好きなら、これも絶対好き。パリ11区に先月オープンしたアトリエ・デ・リュミエールはパリ初のデジタル・アート・センターです。11/11(日)までは名画と一体になれるクリムト展開催中。RT @AtelierLumieres… twitter.com/i/web/status/9…

「ジョン・ウィック2」はおじいちゃんになっても格好いい推しがローマのホテルを切り盛りしてるので良かったら勇姿を見てあげてくださいよ白マフラーにポニテとか点数が高い!!(一息) pic.twitter.com/PnVhDVteUm

犬にとことん邪魔されるクッキングめちゃ笑った pic.twitter.com/v8lU3PjoAh

「飲み会のナニが嫌って、別に気の合う仲間とマイペースに飲むのはいいんだよ。でも強引に絡んできて、無理矢理酒を飲ませたりして面白がるのは意味不明。あんな蛮族の風習、嫌に決まってるだろ」
…的な事が書いてある徒然草175段を読む限り、… twitter.com/i/web/status/9…

外人として他国の教育事情に勝手な評論をするのはちょっとアレなんですが、こんな性教育にマジ吹いた、申し訳ない。 pic.twitter.com/lln0dIvnWU

『デビルズ・バックボーン』
1939年スペイン内戦末期の孤児院が舞台。雰囲気最高😍
少年の幽霊はでるけど美しい。

貧困や暴力、戦争による翻弄。人間ドラマ要素のが強いかな😊
最低な男がいるけど、それで少年達が映える!💫

冒頭のモ… twitter.com/i/web/status/9…

T jfrqgw reasonably small
蔵臼 金助@klaus_kinske

とうとう『狼は天使の匂い』がBlu-ray化ですか。
買わないといけませんね。 pic.twitter.com/yDDjeXk3KB

『危険なめぐり逢い』
傑作『狼は天使の匂い』に隠れてあまり目立たないルネ・クレマン作品だが、これはこれでサスペンスフルな秀作。じゃっかん火サス風ではあるが、クセのある俳優を使って最後まで飽きさせない。
#1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/oFAmHR00eO

『狼は天使の匂い』
一年に一度は必ず観るようにしていますよ。観る度に違う顔が現われる、チェシャ猫のような映画。撮影は美しく、物語は魅力的で、台詞は示唆に富み、全編を死の影が覆う。ルネ・クレマンとセバスチャン・ジャプリゾが奏でる、『… twitter.com/i/web/status/7…

大好きな『狼は天使の匂い』がBlu-ray化された。綺麗な映像と音で観てみると、あらためて「いいなぁ」としみじみ思う。 amazon.co.jp/gp/aw/d/B07BGY…

『太陽がいっぱい』以降、ルネ・クレマンは独自のサスペンス映画を撮るようになった。スリルではなく、情緒や美を追究する他の誰にも撮れないサスペンスをだ。『雨の訪問者』、『パリは霧にぬれて』、そして『狼は天使の匂い』・・。これらがとてつもなくいい。

T jfrqgw reasonably small
蔵臼 金助@klaus_kinske

@osatosoh 凛々しいですもんね。

ダシール・ハメットとピンカートン社のバッジです。 pic.twitter.com/JGWhKXHW78

ダシール・ハメットも勤務していたアメリカの探偵会社ピンカートン社の広告です。目の下に”WE NEVER SLEEP(我々は決して寝ない)”と書いてありますね。 pic.twitter.com/HYfEJjdcCX

1894年の今日はアメリカの小説家、ダシール・ハメットが生まれた日です。血の収穫、マルタの鷹などでハードボイルドスタイルを確立した代表的な作家です。作品にはピンカートン探偵社で働いた経験を活かしました。 pic.twitter.com/lqN7DRfY3G