Twitter Kiyonori Nagasaki knagasaki | Kiyonori Nagasaki (@knagasaki) のツイート

先週、学科別世界ランキングでMITを抜きトップとなった清華大学コンピュータサイエンス(計算機)学科に遊びに行って来たさ。
学生数はうちとそんなに変わらないけど、教授42人+准教授37人=79人だって。うちは15人だよ。
この違いが… twitter.com/i/web/status/9…

Really pleased to be able to offer more #DHSI 2018 scholarships! Tks to all our partners and sponsors!! #dhsi18 dhsi.org

Oslo train reasonably small
Kiyonori Nagasaki@knagasaki

「先行研究」というのは「先行する関連研究」のことなのだが、「先行する同じ研究はない」で済ませてしまう発表を時々みかけて、あれれ、となる。それは確かにそうなんだけど、聞いたり読んだりしている方としては、今までの研究の何をどう踏まえて… twitter.com/i/web/status/9…

We're delighted to be hosting the focus group for our new manuscript provenance project, @MSMigrations—a collaborat… twitter.com/i/web/status/9…

また、参加費について一部記載が不明確になっておりました。CH登録会員以外の学生の方も参加費は0円です。論文集を付ける場合3,000円となります。

じんもんこん2017のプログラムを公開致しました。じんもんこんHP(jinmoncom.jp/sympo2017/ )かこちらのアドレスからご確認下さい(jinmoncom.jp/sympo2017/prog…
また事前申込の締め切りは来… twitter.com/i/web/status/9…

Oslo train reasonably small
Kiyonori Nagasaki@knagasaki

@ta_niiyan @PeatixJP あれっ、もうテキストデータの話は終わってしまったのですか。それは残念です。ちなみに、TEIの話は出ましたか?

英国図書館、デジタル化したヘブライ語の手稿類1,300点を公開するウェブサイトを公開 | カレントアウェアネス・ポータル current.ndl.go.jp/node/35032

Oslo train reasonably small
Kiyonori Nagasaki@knagasaki

作業進捗が速まると入ってくる情報がその分増えることになるが、そうすると判断時のコンフリクトが質量ともに圧倒的に増えることになるのでそれにあわせてストレスもとても大きなものになっている。ような気がする。 twitter.com/tomoakisas/sta…

木村草太さん「70年たっているから憲法を変えようという議論があるが、70年も前から権利が保障されているのに、まだまだ十分に実現できていないことがたくさんあるということを考えていく必要がある」

言語処理学会2018のWSで、「形態素解析だョ!全員集合!」 WSを開催します。
形態素解析の辞書システムの方にお話いただき、ユーザと開発者の距離を縮めることを目的としています。実応用で使っているユーザからのフィードバックも募集い… twitter.com/i/web/status/9…

「なんでこんなに映像のショボいマイクラが子供に人気なの?」

「ブロックによる離散化で自由度を下げて、未来予測が行いやすく、何度でも試行錯誤可能で、進捗が可視化され、自発的に適度な問題を見つけられ、課題をクリアできないことを叱られない、マルチでも遊べるゲーム、ほかにある?」

編纂所の日本古文書ユニオンカタログ、ちょっと機能が追加されているのかな。検索結果画面から画像(刊本や影写本、百合webなど)に飛べるのと、個々の文書のURLをコピーすることができるようになっている。ほかにもあるかも。

【平等】
ケーキの取り合いで兄弟喧嘩した時に母親が、
「ジャンケンで買った方が好きな大きさに分けてね、負けた方は選んでいいよ」と言うシステムを越えるスッキリルールは未だかつてない。 pic.twitter.com/immR8HGDWA

より多くの人が自分の世界で新しい発明や発見を繰り返し自分の能力を信頼していく中で、一定の確率で誰かが「本当にすごいこと」をやり遂げてしまう。私はそうして世の中というものは先に進んでいくんだと考えている。選ばれた人に投資することが効率的な研究開発だという見解はただしいのだろう。でも

毎年夏休み明けに、電池をつないだモーターに消しゴムを差し込んだ「自動消しゴム」が提出されるだろう。でも「そんなものもうある」と馬鹿にされた人はもう自分の発想はくだらないんだと思うようになる。「よくやった」と褒められた人は増長して次にまたくだらないものを再発明するだろう。

「選ばれた人」を選ぶのが、その選ばれた人に投資することで自分にどれだけの利益がやってくるかということばかり考えている人たちだとしたら、もう最悪である。