Twitter 高畑耕治 詩bot「い」 kouji_T_bot_i | 高畑耕治 詩bot「い」(kouji_T_bot_i) / 2018年7月のツイート

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



かなっていないから
かなえたい願いを
希望と呼ぶのなら
この世もあの世も
希望だらけ

愛しあいたい
想いつづけずにいられないひと
抱いているのなら
愛しくこころ
愛に咲いてる

* ルビ 

愛しく: かなしく

「 考えるカエル 終序詩 希望 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「考えるカエル
  ― 死生音楽、オタマジャクシの」

 終序詩

  希望

うたいつづけずに
いられないなら
いのちきえない
祈りけせない

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i


魂の


 ぽろぽろ
  ほろほろ
   ぼろぼろやがて
    おぼろになろうとも

けして
うしなわれることのない
死と愛
うたいつづけたなら

いつか
沈黙に
沈んでゆき
しずまるやすらぎをどうか
あたえてくださいますように

「考えるカエル 五.木の葉のように」(了

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



銀河またたく宇宙空間
ひとでなし社会の渦中
叩きつけられペシャンコ
踏みにじられながらも
あなた想い
焦がれ
願い
うたうのです

さまよう
銀河の
枯れ葉の
オタマジャクシの

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



わたしは
正気の
つもりの
音楽狂い合唱オタク
宇宙の闇とひかりにゆらぎ泳ぐ
涙ひと滴のシミ
オタマジャクシのなれの果て
考えるカエルです

生みおとされた今生の
眠りの季節はまもなくですから
最期のうたかもしれないと
こころこめ
ゲコゲコ
うたっているのです

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



わたしも冬眠まえの
枯れ葉色のカエルですけれど
からだの色やがてうすれ
いつか
水滴みたいに
澄みきり
いのりの
ひびきの
無色の
オタマジャクシになり

どこにもいないあなたと
どこにかいまもかならずいるあなたと
もういちど
うたいたい

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

「 からからさらさらちりちり
 枯れ葉
 セピア色うすれしらしら
 したしい土にかえりましょう

 かえりましょうねむりましょうやすみましょう

 からからさらさら
 さようなら 」

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



いま
冬景色
木の葉も
儚い虹色うしない
さみしげなオタマジャクシ
風の五線譜に
舞いひるがえり
散ってゆきます

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

高畑耕治 銀河、ふりしきる @TakabatakeKouji

書き手としてのわたしにもまだ願いはあるのだと

詩句のひとフレーズをふと
想い浮かべてくださるひとがいるような
書き手でありたい

なまえは知られずとも

読みひと知らずの
うたのような

野の
道ばたの
花のような

詩を

H30.7.25

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

高畑耕治 銀河、ふりしきる @TakabatakeKouji

新しい詩「花のうたばかりを」「想いつづけて、ひと」「夏空曼荼羅」をホームページに公開しました。
blog.ainoutanoehon.jp/blog-entry-124…
#高畑耕治 #詩 H30.7.22

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

高畑耕治 銀河、ふりしきる @TakabatakeKouji

アメブロを更新しました。 『新しい詩「花のうたばかりを」「想いつづけて、ひと」「夏空曼荼羅」ホームページ公開』
ameblo.jp/ainoutanoehon/…

#高畑耕治 #詩 H30.7.22

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

高畑耕治 銀河、ふりしきる @TakabatakeKouji

新しい詩「花のうたばかりを」「想いつづけて、ひと」「夏空曼荼羅」をホームページに公開しました。 - 愛のうたの絵ほん 高畑耕治の詩 - Yahoo!ブログ blogs.yahoo.co.jp/ainoutanoehon/…

#高畑耕治 #詩 H30.7.22

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



あなたと出会い
あお空にも海にも星空へも
跳べる
泳いでゆける
こころしりました

焦がれるまま
旋律の小川を
前世の記憶の日の
あなたまで
ぴちゃぷちゃ泳いでゆきたい
あなたと泳ぎたい

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



考えるカエル
  ― 死生音楽、オタマジャクシの

五.木の葉のように

あなたのうた忘れない

あなたはいま
どこにいるの?
地獄極楽天国浄土
時空のひずみのどこを
どの宇宙音楽を
どの銀河楽章を泳いでいるの?

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 クジラに憧れるばかりの
 涙ひと滴の姿の
 ちいさないのち
 愛しみのオタマジャクシであるまま 」

* ルビ 

陸  : おか。
愛しい: かなしい。
愛しみ: かなしみ。

「 考えるカエル 四.オタマジャクシの愛のうた 」

( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 前世現世来世を
 地獄穢土天国を
 永遠をいま
 旅しているわ

 不思議ばかりめぐる死生音楽の
 わたしもおんぷ
 オタマジャクシ
 月に跳ねるあなたが
 好きよ

 めぐりましょうね
 泳ぎましょうね
 かえりましょうね

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 たとえ跳ねるあなたがお月さまに
 届かなくても
 この地にしばりつけられていても
 あなたはいま
 美しい音楽のオタマジャクシ
 こころの
 ひかりのおんぷ
 星とひびかせ
 めぐっているわ

 星めぐり
 宇宙めぐり
 時空めぐり
 こころめぐり

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 見渡せばあちらこちら
 愛しあうオタマジャクシ銀河の
 果てしないつらなり
 めぐりあい
 抱きあい
 せつなく鼓動
 ときめかせます

 どくどくどきどき
 胸の銀河も
 きゅんとなく

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 月も地球も兄妹星も太陽も
 天の川銀河のおんぷ
 アンドロメダ銀河と
 惹かれあい結ばれ
 あわあわ
 銀河楽章
 めぐってゆきます

 ぐるぐるクラクラ
 カエルのわたしも
 めがまわる

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 水と金と火と木と土と
 天と海と
 地獄の冥王と
 みんなぴちゃぴちゃ
 星のオタマジャクシ
 波紋の黒髪
 らせんになびかせ太陽と
 天の川銀河を
 めぐります

 ぐるぐるくるくる
 めがまわる

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 いのちはわけもわからず
 泳いでゆくオタマジャクシ
 宇宙の五線譜に
 いちどかぎりの旋律
 描いてる

 ほら
 お月さまはオタマジャクシ
 かわいいおんぷ
 あおい地球と
 手をつなぎふたり
 またたく太陽めぐります

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 ほら夜空にも
 虹のようにおおきくたわんで
 美しいうた
 ふるさとのなつかしい
 天の川のしらべ
 星のオタマジャクシの
 きらめきのつらなり
 涙の滴の姿で
 清らかに
 ゆらめきふるえ
 愛しいクジラのうた
 ひびかせて

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 ほら
 遠いとおい海の波間から
 あなたの憧れの
 おおきなオタマジャクシ
 クジラの哀しい声
 ああいま
 うたってる

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 乾燥しつくした生きがたい
 都市にもまだ
 せつない恋の
 かなえられない悲しい愛の
 涙の滴のおんぷ
 オタマジャクシはけなげに
 こころ奏で
 泳いでいるのです

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i





考えるカエル
  ― 死生音楽、オタマジャクシの

四.オタマジャクシの愛のうた

「 ほら聞こえるでしょ

 陸のうえ田んぼも埋めつくされ
 コンクリートとアスファルトでガチガチの