Twitter 高畑耕治 詩bot「い」 kouji_T_bot_i | 高畑耕治 詩bot「い」(kouji_T_bot_i) / 2018年9月のツイート

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



へんてこりんな宇宙にも
おまえやさしい

のらねここねこ
くるくる寝返り
みせてくれるの?
いつもひとり
かわいくかよわくほんとに
つよいね

きゃしゃなのに
こねこなのに

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 くるくるこねこ 」

昨夜からこの星
考えてるのかいないのか
くるんと宙返りし
太陽と
おはようこんにちはさよならして

こねこ今夜も
おまえの声がきけたから
月も星もみえない曇り空でも
銀河ふりそそいでくれるよ

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

以上

高畑耕治の詩
銀河、ふりしきる
  
短詩 ainoutanoehon.jp/055.html

掌編詩 ainoutanoehon.jp/052.html

から登録しました。2017.02.04.

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 みあげたら 」

どんぐりも
とばされ ながされ
あんなにたくさん
泣いていた

どろまみれ

みあげたら

かなしみから

こえてむこうへ


「 みあげたら 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



ひとりきり
愛 と言った
言葉の涙 ふるえてた
滴に あなた
やどしてた

愛 と言い
ひとり
あなたと いる

「 愛、しずかな変奏 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 愛、しずかな変奏 」

愛 と言う
言葉の音色
あなた と言う

愛 と言う
言葉の音色
あなた と呼んだ

言葉 音色で
あなた と泣いた

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 反歌

種しかありません
霜柱のした かじかんで
種があります

咲きたい

「 葉っぱ 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 葉っぱ 」

色鮮やかだった葉っぱ
もういない
はだかの枝にも 風の音にも
踏まれ踏まれてこなごな ちりちり
きえちゃった

あおい空のした 土ばかり美しく


 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



想うと
この星 星のひと
好きになれる

欲まみれの社会で
信じられず疑ってしまう悲しみも
信じられず疑わずにはいられないこころへの
励まし

鉄人にも獣にも天使にもなりたくないなら
迷い惑うほど人間らしい

小さな星のうえ

「 草花と話して 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 草花と話して 」

草花と話しているひと
犬や猫と話してるひと
海や山と話しているひと
夜空の星と話しているひと
赤ん坊と話しているひと
愛するひとと話しているひと
好きなひとたち
いま いる

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



あったね ごめん 眼をとじていただけ
見あげていよう
夜空のなみだ うつくしいあなたを

「 うつむきとぼとぼ 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 うつむきとぼとぼ 」

うつむきとぼとぼ つまづきこけて ばったり痛くて
なみだした
うつくしいもの ああ
ないんだろうか?
くやしく ごろんと横転
なみだした
なみだのむこう 見あげたら あ


 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「とんからり」

太宰の小説『トカトントン』
心うたれわたしも
言葉紡ぎはじめました

鶴をまね とんから機織り
美しく織りあげたいと

ねがい織り込め とんからり
愛するひとへ
とんからり

とんとんからり
とんからり

いのち織り込め
とんからり

「とんからり」(了)

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



ぽつりと
滴のように生きられたなら

滴は孤独
いつかあの美しい滴と
交わりとけあえるかも
海にも 雲にも なれるかも

* ルビ 

一滴: ひとしずく

「 滴 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 滴 」

なみだ一滴にこそやどる
愛と 美と 感動 感じて
ぽつりと 届けたい

好きだから 大切だから めげずに
ぼつりと 伝えたい

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 花まつり、恋うた 」

うめの花あかあたたか
おひさまに
ほっこり

もものお花よ
おひなさま
くすり

  こだま

さくらのあなた
うっすら

みえたきがした

「 花まつり、恋うた 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



  こだま

たのしくうたおうとして
こぼれおちることばはやがて
悲歌でした

かなしみのうたはやがて
白いとり
なきながら舞ってゆきました
ふりしきるゆきにとけさる空はるかへ
とおく とおくへ

「 悲歌 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 悲歌 」

やわでおろかなわたくしにはこれが
げんかいの生きかたでありましたと
ゆるされ愛するあなたのもとへ
ゆける いずれの日にかのため
したためておきましょう

やぶれても手紙こころからこころへ
ちりちりふりしきれふりつもれ
ましろく

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 菜の花あなたは 」

寒さ耐え約束の季節
咲かせてくれた

菜の花あなたは
恋人でしたわたしの
恋人なのです

なつかし色の
せつなさの

  こだま

菜の花あなたを好きって
ゆきやなぎたちも
微風にはじらい
微笑み
ゆらめきました

「 菜の花あなたは 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「四月、ランドセル」

おもいランドセルと一緒に
跳ねあがったきみの
笑顔に

桜も 青空も ほら
チューリップも
まぶしげに
輝いたよ

一年生

小鳥たちと
羽ばたけ

「 四月、ランドセル 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



* ルビ 

愛しみ: かなしみ

「 ひかりの花嫁 」( 了 ) ainoutanoehon.jp/729.html

pic.twitter.com/XLILi48oWF

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 ひかりの花嫁 」

まぶしく夜空に
円い鏡
すいこまれそう

うさぎさん
今日はなんだか手招き
おいでおいでと

つれていって
鏡のあちら側へ

手と手とり
どうかお月さまの愛しみの
花嫁にして

ひかりあふれでる
泉のみなもとのほとり
お花畑で

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「おはなおひなさまふたり」

ぽぴぃ
なんてかわいい
ひびき

ひなげし
おはなの
おひなさま

ひなぎく
なかよし

おひなさまふたり
おひさまかおらせ
えがお
なんてうつくしい

もうおひめさまのよう

「 おはなおひなさまふたり 」( 了 )

 njpistz reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 わたぼうし、あこがれ 」

わたぼうし
まんまる みちばた
おちていた

とばせてあげよ
息 ふきかけて

わたしもこころ
とんでゆく
風に
あこがれ

とおく
とおくへ

「 わたぼうし、あこがれ 」( 了 )