Twitter 高畑耕治 詩bot「い」 kouji_T_bot_i | 高畑耕治 詩bot「い」(kouji_T_bot_i) / 2019年1月12日のツイート

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



どこいった?

海ウ
きえない記憶の
絵に
なっちゃった

どこにも
もう
かえらない

さよなら
海ウ
ありがと

* 参照 

モネの絵画「 印象、日の出 」

「 印象、海ウ 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 印象、海ウ 」

お空みずいろかいくぐり水平線かすんでゆく白に
海ウ飛んでゆき
溶けちゃった

どこいった?

あおいろこんいろ宇宙いろ
グラデーションゆうぐれオレンジ
浮きあがる稜線うつくしい富士のシルエットに
海ウ飛んでゆき
消えちゃった

@TakabatakeKouji 詩「白く、透けて」

朝空遥かな山脈の
稜線ふちどり
白雲も
白雪も
白鷺も
かさなり

青空かおる
富士は
白鳥

清流へ
滑りおりる
粉雪の
子鳥みまもり

あの雪に風に水の流れに
溶けてわたしもゆければいいのに

*ふりがな
山脈:やまなみ
白鳥:はくちょう
子鳥:ことり

「白く、透けて」(了)

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

@TakabatakeKouji 詩「白く、透けて」

朝空遥かな山脈の
稜線ふちどり
白雲も
白雪も
白鷺も
かさなり

青空かおる
富士は
白鳥

清流へ
滑りおりる
粉雪の
子鳥みまもり

あの雪に風に水の流れに
溶けてわたしもゆければいいのに

*ふりがな
山脈:やまなみ
白鳥:はくちょう
子鳥:ことり

「白く、透けて」(了)

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



オレンジゆらぐ
夕陽
潮風に乗りよこぎる
ゆりかもめ

闇も光も混ぜあわされて
宇宙色

ぽつり一番星
愛するひと


もうどこにも

かえりたくない

* ルビ 

宇宙色: うちゅういろ

「 海、宇宙色 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 海、宇宙色 」

太陽は水平線を慕い吸い寄せられ
のぞむままに落ちてゆく

海の波の素顔の
銀弾けるまばゆい輝きも
金なめらかなきらめきに

やがてしめやかなぬくもりを
ももいろにほっと灯したら
海も空も
宇宙色にありのまま
溶けこめるだろう

かえりたい


Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



かきねのこねこ
 ( 誤爆のひとことで片づけられてしまう
  ひとのこもいまいて )
ぼくもなく

かよわい瞬き
きえないで

「 かきねのこねこ 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



かきねのこねこ
 ( 空腹にくるしむ
  ひとのこもいまいて )
かなしいね

かきねのこねこ
 ( 親におびえる
  ひとのこがいまいて )
さみしいね

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 かきねのこねこ 」

冬夜道
サザンカとおりすぎれば
サツキの葉ばかりの
垣根に夜ごと咲く
かすかな
なき声の


かきのねのこねこ
今日もないてる

かきねのこねこ
おなかすいたの?

かきねのこねこ
とてもさむいね

おまえの声は
声のひびきは
あの美しい
星のよう

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



みゃあおにゃあお
ふきこぼれるまま
あおあおと咲き

呼んでくれるから

泳ごうかと
まだおもえるんだ

* ルビ

音: ね

「 こねこのあおい星 」( 了 )