Twitter 高畑耕治 詩bot「い」 kouji_T_bot_i | 高畑耕治 詩bot「い」(kouji_T_bot_i) /「ひかり」の検索結果

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



* ルビ 

愛しみ: かなしみ

ひかりの花嫁 」( 了 ) ainoutanoehon.jp/729.html

pic.twitter.com/XLILi48oWF

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 ひかりの花嫁 」

まぶしく夜空に
円い鏡
すいこまれそう

うさぎさん
今日はなんだか手招き
おいでおいでと

つれていって
鏡のあちら側へ

手と手とり
どうかお月さまの愛しみの
花嫁にして

ひかりあふれでる
泉のみなもとのほとり
お花畑で

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 ときめき 」

数分間のときめき
浮かびあがれた波間からの
まぶしく胸にいたい
ひかり

二十四時間
悲しみと疲労の海中さまよい

波にのまれまた沈んでも

あのひかり
きっと
また


水面みあげて

* ルビ 水面:みなも

「 ときめき 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 麦の秋 」

ゆれるゆれる

麦の穂
まぶしい夕陽のひかり
まぶされなおさら

きんのうた

そまるゆれる

  こだま


あなたの稔り

秋の記憶
あざやかに蘇り

「 麦の秋 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



反歌二首

枯れ枝枯れ草枯れ地もこよいあの子に淡雪の花

ひかりとけしずくとちりとどきますように

*ふりがな 無色 :むしょく。

「 花を 」( 了 )

#高畑耕治

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 葉の花 」

秋のひかり木の葉こんなにきれいなのに

*ふりがな

木の葉: このは

「 葉の花 」( 了 )

@TakabatakeKouji

反歌二首

枯れ枝枯れ草枯れ地もこよいあの子に淡雪の花

ひかりとけしずくとちりとどきますように

*ふりがな 無色 :むしょく。

「 花を 」( 了 ) pic.twitter.com/h8335PdoWZ

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

@TakabatakeKouji

反歌二首

枯れ枝枯れ草枯れ地もこよいあの子に淡雪の花

ひかりとけしずくとちりとどきますように

*ふりがな 無色 :むしょく。

「 花を 」( 了 ) pic.twitter.com/h8335PdoWZ

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



こだま

あちらこちらみどりの草のま
きままにうろついたこねこおまえの
むすうの足跡の星の記憶ちりばめられた
やわらかな土から

立ちのぼりうっすら息をはく
白ゆりの花

ひかりのかげからおまえ
ひょっこり
でてきてくれそうで

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 かげろう

うっすら水いろの
空の湖のほとり
宇宙の音うちよせる
岸辺しずかなひかり

薄羽さくらかげろう
まばゆく
舞いしきる

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 妖精

まう花びらの羽さくら妖精どこまでゆくの
春のどかなひかり

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



わたしは
正気の
つもりの
音楽狂い合唱オタク
宇宙の闇とひかりにゆらぎ泳ぐ
涙ひと滴のシミ
オタマジャクシのなれの果て
考えるカエルです

生みおとされた今生の
眠りの季節はまもなくですから
最期のうたかもしれないと
こころこめ
ゲコゲコ
うたっているのです

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



 たとえ跳ねるあなたがお月さまに
 届かなくても
 この地にしばりつけられていても
 あなたはいま
 美しい音楽のオタマジャクシ
 こころの
 ひかりのおんぷ
 星とひびかせ
 めぐっているわ

 星めぐり
 宇宙めぐり
 時空めぐり
 こころめぐり

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 声、幻の 」

咲くさえずり愛おしく
声を
あなたを恋う

青空から舞い降りる
さえずりの花
清らかな声

夜空沁みわたり滴る
月のひかり
透きとおる声

小鳥と花と月のささやきばかりいま
わたしの
救い

こだまするから
あなたの


愛しくふるえる
幻の

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



永遠かおらせる
精のあるという

春のひかりに溶け
透きとおり
遥けさへ
ゆきたい

さくらあなたと

* ルビ 

山脈: やまなみ。
白雪: しらゆき。

「 花の精 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 さくらみどり深く 」

たたずむさくら
新緑うすみどり
じゃもうなく

ひかり強く
照らされ浮かぶ葉
影に沈む葉
りんかく
濃く薄く
まばゆく

そよ風ばかりに
ときおり
くすくす

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



美しいそのまなざしで

愚かな戦争おこす為政者
厳しくいさめ射すくめ
巻き込まれ傷つき殺される民の
底なしの深い
嘆きと涙
慈しみのひかり
溶かしやわらげ癒したいと

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 小鳥詩人 」

大好きなあの声きっと
クロツグミ
黒くまだら
地味な姿
なのになんてこころに響く
さえずり

絶えまなく移ろう
ひかりと風の調べのよう
優しく柔らかな音色
のびやかに繊細に旋律ふるえる
ときおり気まぐれリズム
とっても自由な変奏
即興詩人

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



息を
時を
永遠に
止めてくださいますように

美の
静けさのままに

なかぞらのあなたの
祈りに
溶けてしまいたいのです

溶け消えてしまえますように
さやかなあなたの
ひかり

「 満月フラッシュバック 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 満月フラッシュバック 」

かげり欠けはじめたという
あなたになおさら
このゆがむこころのかげ
くまなく照らされ

満月
フラッシュバック
ひかり
さかのぽるのです

あんなにあかるく
泣き
微笑んで

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i



* ルビ 

愛しみ: かなしみ

ひかりの花嫁 」( 了 ) ainoutanoehon.jp/729.html

pic.twitter.com/XLILi48oWF

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 ひかりの花嫁 」

まぶしく夜空に
円い鏡
すいこまれそう

うさぎさん
今日はなんだか手招き
おいでおいでと

つれていって
鏡のあちら側へ

手と手とり
どうかお月さまの愛しみの
花嫁にして

ひかりあふれでる
泉のみなもとのほとり
お花畑で

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 ときめき 」

数分間のときめき
浮かびあがれた波間からの
まぶしく胸にいたい
ひかり

二十四時間
悲しみと疲労の海中さまよい

波にのまれまた沈んでも

あのひかり
きっと
また


水面みあげて

* ルビ 水面:みなも

「 ときめき 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 麦の秋 」

ゆれるゆれる

麦の穂
まぶしい夕陽のひかり
まぶされなおさら

きんのうた

そまるゆれる

  こだま


あなたの稔り

秋の記憶
あざやかに蘇り

「 麦の秋 」( 了 )

Pcbxakns reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

詩「 葉の花 」

秋のひかり木の葉こんなにきれいなのに

*ふりがな

木の葉: このは

「 葉の花 」( 了 )