Twitter 高畑耕治 詩bot「い」 kouji_T_bot_i | 高畑耕治 詩bot「い」(kouji_T_bot_i) /「カント」の検索結果

@kouji_T_bot_a カント「永遠平和のために」
高畑耕治
2018/02/03
blog.ainoutanoehon.jp/blog-entry-118…

ひとの愛(かな)しみを
高畑耕治の詩とエッセイ
古典から現在までをめぐる

『永遠平和のために』
カント著、宇都宮芳明訳、岩波文庫)P88
#高畑耕治 #エッセイ #カント

Mmmqzpzg reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

@kouji_T_bot_a カント「永遠平和のために」
高畑耕治
2018/02/03
blog.ainoutanoehon.jp/blog-entry-118…

ひとの愛(かな)しみを
高畑耕治の詩とエッセイ
古典から現在までをめぐる

『永遠平和のために』
カント著、宇都宮芳明訳、岩波文庫)P88
#高畑耕治 #エッセイ #カント

Mmmqzpzg reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

📝
マルティン・ハイデッガー
(ハイデガー)
Martin Heidegger

ドイツ。大学入学当初はキリスト教神学を研究し、カント、ヘーゲル、キルケゴールやニーチェらに強い影響を受け、アリストテレスやヘラクレイトスなどの古代ギリシア哲学の解釈等を通じ存在論哲学を展開。

ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E… pic.twitter.com/qnLeUmmJPz

Mmmqzpzg reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

@kouji_T_bot_a 『判断力批判』
カントが1790年に刊行した哲学書

上級理性能力のひとつである判断力の
統制的使用の批判を主題とする.第三批判.

第一部、美的判断力の批判
第二部、目的論的判断力の批判

ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A4…

#カント #判断力批判 #第三批判 pic.twitter.com/tnpvDvYMYU

Mmmqzpzg reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

@kouji_T_bot_a 『実践理性批判』
カントが著した哲学書
1788年出版

カントのいわゆる三批判書
(『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』)の一部.
第二批判

ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9F… pic.twitter.com/YFnGhVWxGh

Mmmqzpzg reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

@kouji_T_bot_a

人間理性の抱える諸問題についての古典的名著であり

ライプニッツなどの存在論的形而上学と

ヒュームの認識論的懐疑論の両方を継承し

かつ批判的に乗り越えた、

西洋哲学史上最も重要な書物のひとつである。

#カント #純粋理性批判 #第一批判

Mmmqzpzg reasonably small
高畑耕治 詩bot「い」@kouji_T_bot_i

@kouji_T_bot_a 『純粋理性批判』
ドイツの哲学者カントの主著

1780年第一版出版(A版
1787年には大幅に手を加えられた第二版出版(B版

カントの三大批判の一つで
1788年刊の『実践理性批判』第二批判
1790年刊の『判断力批判』第三批判に対して
第一批判とも呼ばれる



ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%94…

#カント pic.twitter.com/hK9Ubidetq