Twitter 格子縞✿充電中 kousijima | 格子縞✿充電中 (@kousijima) のツイート

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

書いてたwww>RT

振り返ったら鹿のった軍神と猪のった付喪神のアホぽい呟きもあった さてわらったところでお仕事だ!

「猪退治なんて、俺の仕事じゃない」
「……猪って、どんなお味するんでしょうか」
「…………」
「…………」
「敵が何だろうが知った事か。斬ればいいんだろ?」
「Σ えっ!?」(←興味本位の独り言だった)

お肉は本丸の皆で美味しくいただきました──☆

「この前TVでヒコネ城みたよ~」とシガ県人な同僚に言ったら「お堀とか城下町とか残ってんけどたまーに猪でて交通事故おこるんですよw」と言われ「時代もトリップしてますね!」と返しつつ、迫ってくる猪を華麗に一閃で仕留めるまんばの妄想してましたよね午前中

ようやくお昼ごはーん

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

お昼の鍛刀20連は兄者とキッコーマンとそねさんでした

習合用にとってあるまんばが50を超えてしまった……はよ乱舞レベルの上限解放こないかな

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

あとはよその審神者さんをお借りして書いたついのべと考察?と、SS名刺でいくつかあるんだな……名刺にしちゃうと単語検索から拾えないのが難点か

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

#刀さに猫の日
これ、も……探してるのとは違うな。もともとまんば氏に持ってるイメージがロシアンブルーだから、猫を意識して書いてたのはそれなりにあるっぽい twitter.com/kousijima/stat…

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

#刀さに猫の日
あとこれとか……?
猫ぽい仕草で近侍がふざけるSS名刺が掘り返せないヾ(:3ノシヾ)ノシ twitter.com/kousijima/stat…

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

#刀さに猫の日
再掲でーす刀さに猫の日 twitter.com/kousijima/stat…

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

@michela1126 ミカさんおめでと~!

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

一期氏だけまだ4で、アイスミルクティは5になってからもゾロゾロいらっしゃる……

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

おはようございます~
今朝の鍛刀はhuhuhuさんと鶴丸さんがお出でになりました 一期氏こないなぁ……

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

フレンチのコースメニューみたいにふざけまくったタイトルとかも面白いかもしれんぬ(思いつくとは言ってない)

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

タイトル100文字???>RT
あ、要約系タイトルに対応させようとしたのか?

pixivにて、小説投稿作品のタイトル文字数制限を100文字まで緩和したところ、現在不具合が発生しております。
そのため現在は、小説の投稿及び編集時のタイトル文字数を32文字までとさせていただいております。対応完了は3/6(水)頃… twitter.com/i/web/status/1…

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

本日最後の鍛刀も六時間来ず

既に習合が5を越えてるレア太刀と大量のまんば氏で枠がピッチピチになってきたんだな……どうしよう少し解かすしかないのか

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

@C_yarito 当日ということで、痛さが強くなる前に飲むのがおすすめですー! しばらく大変かもですが、ご自愛くださいm(__)m

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

冴える空気に肩を寄せ合い、されど並ぶ二つの心は柔らかな温かさに満ちている。同じに見える沢山の内、縁を結び魂を重ねた人の仔と付喪神。異なる二つが紡いで往く、その今はすぐに過去となり──そうして過去は未来へと繋がっていく。
一つきりの出逢いに沢山の、豊かな思い出を重ねて逝こう。

Af8f6plt reasonably small
格子縞✿充電中@kousijima

果たしてどれくらいの間、捕らえ捕らわれていたことか。枝から落ちた雪の音が意識を引き戻す。案じて探しに来たと言うのに、いったい何をしているのやら。
「母屋へ戻るぞ。これ以上の長居は、アンタの体に障る」
「はい、そうします」
積もり続ける雪の中、暖かな部屋へ戻るため並んで歩き出した

友人が、
「金さえ積めばなんでもやってくれるところを知ってる」
「ふつうじゃ考えられないぜ。ただし金次第だけどな」
とか言ってて、なんの危ない話だろうと思ったら、同人誌の装丁の話だった。