Twitter 道草四郎 masabuu88 | 道草四郎(masabuu88) /「ディラン」の検索結果

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

ここ何ヵ月で一番笑ったかもしれない…特にウィリー・ネルソンとディランがヤバい。youtu.be/SPFwWV-ZqlY

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

@iwashi_dokuhaku この記事、後で読もうとファボしたつもりが見つからなくて💦辛辣ながらも的確に纏まったいいテキストですね。そうそう私も最初念頭にあったのはディランだったんですよ。『YEEZUS』は今でもよく聴きますが、確かにここからもカニエの自意識の強さや攻撃性というのは感じ取れるんですよね。

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

よく覚えてんのは、審査員だった荻原健太がベンジーに「若い頃のディランに似てるよね」って云ってたこと…ああ、確かに!と思ったが、当のベンジーは「あ、そうすか」みたいな感じで無愛想にスルーw

頭の中で同じ曲が無限リピートされる現象→「ディラン効果」 twitpic.com/bgntaq

ザ・バンドの)ロビー・ロバートソン、コンポーザーとしても優秀だけど、ぼくは彼の弾くギターソロがとくに好きで。とくにボブ・ディランの「ゴーイン・ゴーイン・ゴーン」のハーモニクスは、「アンフェイスフル・サーヴァント」や「おんぼろ人生」とならんで絶品だと思う。
open.spotify.com/track/5jZLCVKp…

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

@silverwaxrecord ディランとの出会いは大きいですよね。ビッグ・ピンクにおいて、例えば“THE WEIGHT”の寓話的な歌詞などは 明らかにディランに触発されたものですよね。ウッドストックにおける生活も大きかったと思います。

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

@seriousp0around 不思議なもので、英語圏の人間ではない私にも、何故か歌詞が迫ってくるように感じることがあります。作詞はディランですが、珍しくテーマ性がハッキリとして分かりやすい。更にあのアレンジですよね。オリジナル?ヴァージョンとは まったく違う仕上がり。子に反抗された親の悲哀が音に滲んでます。

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

ビッグ・ピンクにもディランは参加したかったようだけど、ディランが入ってもやっぱりグループが目指したものにはならなかったんだろうなあ…。

ディランがお気に入りだったというエイミー・ワインハウスの遺作。ディランは音楽を「ほとんどCDで聴く」のが意外だった。

sonymusic.co.jp/artist/BobDyla… pic.twitter.com/9DXSrqwssH

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

英国の伝承歌であるこの曲をポール・サイモンやディランに教えたのがマーティン・カーシーだと云われている。youtu.be/5Xhy8uh8XmI

Music From Big Pink/The Band
初聴き。評判通りデビュー盤にして傑作。最初からザ・バンド!幾重もの楽器から成る分厚いサウンドは極上。このアルバムを知るとディランは勿論、クラプトン、ビートルズ、ストーンズ等が見えて来るのはとても興味深い。
何れ従来盤で良いのでレコードでも聴きたい🎵 pic.twitter.com/BwI5ugNBwO

初めてフジロックでディランを見て「よく分からなかった」という方も「"伝説"が見られて良い記念になった」で終わらせず、"よく分からなかった感覚"を大切にしてほしい。なぜあのお爺ちゃんが凄いの?という疑問が種になり、聴き続けていると芽が出ます。それも爆発的に。
#ボブディラン #フジロック

「ラストワルツ」
1976年のザ・バンド解散ライブの最大音量上映。ボブディランやエリッククラプトン、リンゴスター等共演の伝説的な一夜。
ニールヤングの風来坊的雰囲気が一変する瞬間に息を飲む。バッファロースプリングフィールドが好きなんです‥
大画面で観る事が出来て嬉しい。
#街子の幻燈室 pic.twitter.com/mDv6o0PyBR

ギターはミック・ロンソン!
ボウイともやるがディランともやるギタリストって他にいたっけ? pic.twitter.com/MrggX5CeK9

5月7日は、今は亡き関西のミュージシャン・西岡恭蔵氏の誕生日(1948年)。
画像左の右側が若き西岡恭蔵氏で、後ろに見えるお店は、大阪・難波にあった、今は亡き伝説の喫茶店「ディラン」。右は彼の代表作である「プカプカ」のシングル(1971年)。 pic.twitter.com/Zoh3bB1sW4

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

ジェフ・ヒーリーによるディランのカヴァー♪youtu.be/Jp239BCUQKU

ボブ・ディランという触媒を得ながら…アメリカ南部音楽の巡礼の旅を続けていたザ・バンド。時間を更に遡り…ロックンロール時代の過程を整理…アメリカ南部音楽とその背景を再追求した73年のロックンロール/R&Bカバー集。ホークス時代…ドサ回りの日常を思わせるジュークジョイントのポスターも最高! pic.twitter.com/N15yOGsB2d

CDでしか聴いた事がなかったけど本日ようやく初観賞初体験。
もう大興奮、大感激でした。出演するミュージシャン達が皆神々しい。特にマディ・ウォーターズ、ボブ・ディラン
スコセッシ監督のライブ映画『ラスト・ワルツ』リマスター版を大音響上映 cinra.net/news/20180219-… @CINRANETさんから pic.twitter.com/JvX7WggF4K

ジャニス・ジョップリン、ジミヘン、レオナール・コーエン、ボブ・ディランの泊まった伝説的なマンハッタンのホテルチェルシーのドアがオークションに。解体された中から拾い出されたもの。ボブ・ディランのが最高値で12万5千ドルだったそう。lefigaro.fr/culture/encher…

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

@kuniwa71 プロコル・ハルムの1stにはディランからの影響がまだ色濃く残ってますからね。66年のディラン&ホークスの英国ツアーを彼らが観ていたとしても不思議はありませんし。

アンディ・ウォーホール、ボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ジム・モリソン、ボブ・マーリー他。様々な著名人が好んで滞在したNYの「チェルシーホテル」。著名人達がかつて泊まった部屋のドアがオークションに出品されます。写真あり amass.jp/102845/

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

@kuniwa71 ロビー・ロバートソンは類似性は認めながらもプロコル・ハルムからの影響を否定してますね。でも確かにツインキーボード体制はザ・バンドの方が早いんですよね。あの面子が揃ったのは64年ですし…PHは66年のディラン&ホークスを参考にしたのではないかと思ってます。

「シェイプオブウォーター」見てすぐ帰宅。帰ったら聴こうと思った曲、その1、TVに映ってたボージャングル。ボブ・ディランのはやっぱりないんだなあ、YouTubeに。
Mr. Bojangles - Nitty Gritty Dirt Band - [With Lyrics] youtu.be/e-LVXR6rjXs

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

@rockmantomy この時代に自分やその周りのことしか見えていないんでしょう。今、日本が次第に傾きつつある…そのことが見えてない分からない想像すらしない。時代が移り変わってるのが分からない…ディランの歌に出てきそうな人です。

2010041723410000 reasonably small
道草四郎@masabuu88

14歳というと洋楽聴き始めて1年くらいか…ビリー・ジョエルにディラン、クラプトン辺りか…。