Twitter 福岡の弁護士 水野遼 mizuno_ryo_law | 福岡の弁護士 水野遼(mizuno_ryo_law) / 2018年10月21日のツイート

北九州市のPRコーナー、「北九州市って修羅の国なんですか?」「石を投げたらヤクザにあたりますか」など、国民の疑問に真摯に答えていてすごい。 pic.twitter.com/QZiQXqEiuC

因みに,例の犬の判決について言えば,犬を単純な「物」として見れば,判決は妥当な結論と言えますが,動物愛護法があるように,動物を単なる「物」と見る考えは法的にも修正されつつあります。私が裁判官だったら元の買主の請求は権利濫用で退けたでしょう。この犬は拾われなかったら死んでいました。

私は,裁判官と言えども社会に生起するあらゆる事象に対して個人として意見を述べる自由を有すると考えています。他の官職にある者についても同様と考えます。そうした人たちが折々に顕名で意見を述べることは,社会の言論を活性化させ,その質を高めるものだと考えています。

また,仮に判決に対する批判や,当事者に対する批判だったとしても,それを現職の裁判官が顕名で行ってはならないという考えが間違っていると思います。裁判官と言えども市民的な自由を制限されるのは誤りだからです。憲法違反です。