Twitter 物書きのための語彙bot monokakigoi_bot | 物書きのための語彙bot (@monokakigoi_bot) のツイート

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

身をやつす……もともとの意味は、みすぼらしい格好をすることです。転じて、そのような状態になるくらいに何かに没頭することを表します。例えば、恋に身をやつす、とか。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

すごすごと……しょんぼりとしていることを表す言葉です。語感と情景がずれているなあと感じるのは私だけでしょうか。

引越しで冷蔵庫を運び出すと、知らない指輪が出てきた。不安になって夫に尋ねる。彼は「しまった」という顔をした。「怒らないで聞いてくれるかい?」「何?」「実はプロポーズの前日に無くしちゃって」指輪には私のイニシャル。今日から左手に、給料6ヶ月分の重み。「仕方ないなあ」と笑って呟いた。

男二人がめっちゃバカだ…👏

「姫川優奈は男子生徒に興味が無い〜つまるところそれは恋心ですか?〜」- pixiv chatstory
#pixiv_chatstory #恋愛 #ラブコメ #学園 #学園もの #文学少女twitter.com/i/web/status/1…

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

幅をきかせる……「幅」には「威勢」というような意味がありまして、「威勢を張る」とか「威張る」とかいう意味になりますね。「きかせる」の漢字は「利かせる」なのでお間違えのなきよう。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

現を抜かす……現、とは文字通り現実のこと。ある事柄に夢中になって、本来やるべきことが疎かになってしまう様子を指します。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

逞(たくま)しくする……「想像を逞しくする」という風に使います。思う存分に物事をすることですね。僕も想像を逞しくして、小説を書くことができればいいのですが。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

渡りをつける……話し合いをつけたり、交渉を最終段階までこぎつけることを言い表す語です。知ってると、少しかっこいいかなあって。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

おけらになる……無一文になってしまった状態のことをこのように表します。元々は博打用語でしたが、一般にも使われるようになりました。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

生き血を搾(すす)る……容赦なく利益を搾取すること。「生き血をすする」、「生き血を吸う」も同じ意味で使います。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

おざなり……「御座なり」と書き、意識的に仕事を適当にやってしまうことを表す言葉です。「なおざり」との意味の違いに注意。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

反故にする……「約束を反故にする」という使われ方をよくしますね。なかったことにする、無駄にするという意味です。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

篠突く……しのつく。細くて密集した雨を表す言葉。「篠突く雨」と普通はセットで言います。篠竹を束ねたものが落ちてくるような雨のことです。篠竹っていうのは、まあ、竹ですよ。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

車軸(しゃじく)を流す……大雨を表す古典的表現です。車軸というのは車輪を取り付けるための軸で、それほど太い雨が降っているということです。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

袂(たもと)を分かつ……仲間や思想から離れること。単に「別れる」と書くのではなく、このような表現を使ってみるのも良いですね。「袖を分かつ」とも。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

盲滅法(めくらめっぽう)……「盲」とは目の見えない人を表す蔑称です。なので、この表現は現在不適切なものかもしれませんね。やみくもに事に臨むことを表した言葉です。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

創作に役立つカタカナ語bot(sosaku_katakana)を試験的に運用しています!

段階的に単語を追加したり修正したりしております。また、DMでカタカナ語と解説をお送りいただくと、参考にさせていただく場合もあります。

どうぞよろしくお願いいたします!

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

食指(しょくし)が動く……あるものを手に入れたり、何かをやってみたいという気持ちになることを言います。「食指」とは人差し指のこと。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

一視同仁……「いっしどうじん」。差別することなく、全ての人を平等に扱うことを指します。「仁」は思いやりのことであるので、「人」と書き間違えないようにしましょう。

Epkecbzg reasonably small
物書きのための語彙bot@monokakigoi_bot

業腹(ごうはら)……非常に腹を立てることです。業火が腹の中で燃えている、そのくらい怒っているんです。似たような言葉に、「業を煮やす」があります。