Twitter あやとり@多忙 negimiso_matu | あやとり@多忙(negimiso_matu) /「うしま」の検索結果

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

とあるMMDで、お互いの相棒の色を着ていたんですけど、次男にピンクが似合わないのに末弟に青が似合うのがなんか良いなって思ったしでゅうしまてゅてゃに紫は似合わないしイッチに黄色はもっと似合わないのがなんかいいなって思いました

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

イッチはそんなことになる前に何もかもから逃げ出すでしょうし、でゅうしまてゅてゃは●せるよ!と意気揚々と旅立つものの、それっぽっちで何が出来るって?と追い出されるでしょう……ただどちらがより●せる可能性が高いかと言うとイッチかな……その後を追いそうでもあるけど……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

六つ子である以上、もしくは長兄の弟である以上でゅうしまてゅてゃは長兄を殺せないし自らの意思で傷つけることすらできないでしょうが、どこか別の世界線で敵対するマフィアや宗教や妖怪になっていた場合、でゅうしまてゅてゃは容赦なく長兄を殺しにかかるでしょうし、

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

自分の中で馬鹿は、五男が長兄を振り回しつつ長兄はなんだかんだ言いながら付き合って、でも要所要所のポイントは決して外さずでゅうしまてゅてゃを救い抱きとめる長兄、というイメージだったのですがそんなことはなく、最初から最後まで五男は長兄の腕の中(若しくは掌の上)だったんですね~

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

雄み順に並べるのならワンツートップが材木でドベ争いが年中ですかね……でゅうしまてゅてゃも雄みがないわけではないけれどふっと本人だって気づいてないし他人だって滅多に気づかないであろう弱さが顔を覗かせることがあるかもしれないので……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

パリピに憧れる110と同じように、やりたーいとか言うものの本心は特に関心を抱いているでもなく、でもチャンスが訪れたらなんやかんや上手いこと出来てしまうけどそれを足がかりにしようとは全く思ってないしまた毎日のクソニートのルーティンに戻るのがでゅうしまてゅてゃかな……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

舐められてるって分かってイラッとするのがでゅうしまてゅてゃでムッとするのが次男、ただしその感情を言語化できない……はぁ?なんで?意味わかんないんだけど、って捲し立てるのが三男……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

それが一度拗れると取り返しのつかないことになりそう……三男もでゅうしまてゅてゃもなんやかんや世界を終わらせることが出来てしまう(無自覚か無意識下においてのみかの違いはある)から……ついでに世界をより良くしようと完全なる善意でラグナロクを起こす次男がそこに加わると……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

若葉は三男が完全にでゅうしまてゅてゃを下に見ていて、それが上手いこといってる時は世話を焼いたりつっこんだりっていう保護として現れるしでゅうしまてゅてゃもなんと思ってないしむしろ色々してくれる兄さんとして懐いているけど

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

次男がでゅうしまてゅてゃを下に見るのは兄と弟の関係として当然みたいに思ってしまっていて、でゅうしまてゅてゃも別にそれを普通に受け入れるからこそのちょっと暴力を振るってみたり遊んでみたりみたいなとこもある……?

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

筋肉や若葉や保留組好きなんですけど水陸がでゅうしまてゅてゃを舐めきっていてでゅうしまてゅてゃもそれを分かっているから二人に割と容赦しないというかからかうみたいなところも好きなんですよね……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

あとあの質問をしたのが家に留まっていた順とかほんと……死ぬ……そもそもみんなで本気を出そうぜってなったとこ、でゅうしまてゅてゃが口を閉じるのほんと……でゅうしまてゅてゃにとって本気=口を閉じる、噤むなのは分かってたけど……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

サイバーが顔見せあったりしてたとこ良かった……イッチの後にでゅうしまてゅてゃが喋ったり常に隣同士でいるところほんとさぁ……みんなによしよしされまくってるのほんとさぁ……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

でゅうしまてゅてゃが暴力を相手が大体次男なのは一番頑丈そうな兄弟を選んでいるからなのかただただ下に見ているからなのか……どっちにしろお互いにお互いを舐めあっているからこそ争いが起きないほのぼのとした仲というか……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

可愛く可愛いでゅうしまてゅてゃももちろん大好きだけれど、一見して理解出来ないような言動の、狂ってこんがらがった何かからふとした人間味というからしさというかそういうものを見たい……(くそワガママ)

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

二期はやっぱり楽しみだなぁ、どんな彼らでも好きだけど願わくばでゅうしまてゅてゃが相も変わらず核弾頭的存在の狂人であって欲しいなと思う……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

でもやっぱり私は、話は通じているし意思疎通はまぁまぁできるのに会話が成立せず、物理法則や宇宙の理までもを無視することが出来るのに時たま一般常識やらに縛られながらもそれを苦とも不自由とも思わずに生きるでゅうしまてゅてゃが好きなんだなぁ……

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

へそうぉ様等々による可愛く可愛いでゅうしまてゅてゃももちろん大好きなのですが、やはり本編の何を考えているのか何をやらかすのか全くもって読めない核弾頭の狂人と兄弟達から恐れられる心優しき、異常な化物じみた健常者な彼が一番好きです

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

二期おめでとうございます!また動いて喋るでゅうしまてゅてゃに、彼らに会えると思うと感無量です……願わくば狂人じみた、やることなすことぶっ飛んでいるでゅうしまてゅてゃに会えたらなと思います

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

でゅうしまてゅてゃが強欲なら嫉妬のイッチがセッセセ一回でへばっても気にせず搾り取ってきそうだな……とか思ったけど私は相変わらず体力がなくて一回戦でへばってしまった攻めと体力がありあまっていて次をねだりついには自分から腰を動かす受けが好きすぎる

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

あと個人的に天使は両性具有でもアリだよ派のので天使でゅうしまてゅてゃをがっつり頂こうとした淫乱アモンでゅうしまてゅてゃがあっという間に天使に組み敷かれて天使のおめこ的なアレで逆レされ搾り取られても、そのまま天使という姿に似合わない魔羅によって屈服させられててもそれはそれで好きです

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

マモンでゅうしまてゅてゃ心底タイプだし私は彼を黒ギャル的淫乱ビッチとしているので、そんな彼と組ませるならば、狂人じみた言動で振舞っていながら常識を知らないわけではなくえっちなことは好きだけれどそれは知識のみでの情報によるもので積極的なわけではないノーマル五男かなと思います

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

でゅうしまてゅてゃが雑に扱うというか気遣いをなくして振る舞う(意識的に)のは水陸の二人な気がする。イッチに対しては意識してないけそういうところが見え隠れしている。末弟に対しては意識して気遣いをする。長兄に対しては無自覚に気遣いをする。

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

でゅうしまてゅてゃはイッチのことを自覚して雑には扱わない(無自覚で振り回してしまうことは多々ある)けれどイッチが鬱になったり不安定になったりする原因はでゅうしまてゅてゃにあることが多い、といい。

E6klhnqj reasonably small
あやとり@多忙@negimiso_matu

数字が付き合っていたとして、どちらかというと相手を雑に扱うのはイッチな気がする、あいつだしまぁこんくらい平気だろ的な。実際でゅうしまてゅてゃはそれでも平気だし彼が形態を変えるなどといった物理法則を逆行し始めイッチを動揺させてしまう原因はそこにはなくましてや扱いへの怒りではない。