Twitter 仁木しよう nickysean_4 | 仁木しよう(nickysean_4) /「あもんこうたろう」の検索結果

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

カネキケンとカネキケンを取り巻く人々の関係性は今後の人生と共に続いていくんだけど、あもんこうたろうとカネキケンの関係だけは物語中で綺麗に完結していて続くことがないっていうのが本当に「対者」の宿命という感じで最高

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

それはともかくあもんこうたろうとアキラちゃんのことが明言されていないのは、あの後のカネキケンの人生とは一切交わらなかったってことなんだろうなって思う

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

最終回で生存が示唆されているにも関わらずモノローグで語られていないのはトーカちゃんとあもんこうたろうとアキラちゃんなんですけどもしかしてあのモノローグってトーカちゃん視点だったりするんだろうか カネキケンとヒデぴは明言されてるんだよな

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

やはりあもんこうたろうとアキラちゃんのその後は出てないね

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

まだパラ見しかしてないからあれだけどあもんこうたろうのその後ってありました?無かった気がするけどむしろ無いことがあまりにも亜カネ感ある

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

ドナートポルポラは自分をきっと父親だなんて思っていなかっただろうし、悪を自認し悪を尽くしているのだと自覚していた だから初めてあの死に際にあもんこうたろうから「父親」という言葉が出てきたときに、はじめてドナートポルポラは父になったんだ……だから泣いたんだ……

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

ここ一連のドナ亜回を読んで思ったんだけど、ドナートが殺す対象はきっと誰でも良かったんだろうなぁ だからあもんこうたろうが生き残ったのは本当に偶然で、でもその偶然からドナートポルポラはあもんこうたろうという存在を強く意識したんじゃないかな

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

あもんこうたろうがドナートポルポラを愛していたということはつまりドナートポルポラもまたあもんこうたろうを愛していたんだなぁ その気付きを与えたのがカネキケンなの、あまりにも理想すぎるな……………

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

“Call me by your name.”って台詞がもうロマンチックすぎてどうにかなりそうだな つまりあれでしょ亜カネに変換するとカネキケンが眼帯をつけたあもんこうたろうに意味ありげな目線を投げかけながら「眼帯」って頬笑むみたいなことでしょ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

とにかく若くてハンサムな捜査官とくれば正義感が強くて熱血タイプだってなるじゃないですか……あもんこうたろうかよ……

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

カネキケンの欲求が「誰かに必要とされたい」ならあもんこうたろうの欲求は「あなた(ドナート)に必要とされたかった」かしら

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

でもあもんこうたろうと対面するときだけ、その建前が剥がれ落ちて限りなく欲求に近付いていたし、その建前さえ実現できそうな感覚に陥ってたカネキケン やばくないですか?超亜カネじゃん

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

亜カネは完璧な過程だったんだよ 「誰かに必要とされたい」という欲求を隠すための「喰種と人間の橋渡しをする」という建前を後押ししたのは間違いなくあもんこうたろうなので

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

だから何度だって言いますけど113話でカネキケンがあもんこうたろうを選んでいたとしたら、今とは違う未来があったんだってわたしは夢を見ているんですよ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

カネキケンもあもんこうたろうもね、あかちゃんなんでね

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

マジで亜カネのすごいところはカネキケンのアイデンティティ形成にあもんこうたろうが深く刺さっているし、あもんこうたろうのアイデンティティ形成にもカネキケンが深く刺さっているところなんだよ そういう関係が好きなんだよ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

店長に特別な存在であると言われたことで、喰種から必要とされ、あもんこうたろうから対話を求められたことで、人間からも必要とされた、だから「喰種と人間の相互理解のために自分が必要とされている」とカネキケンは感じたんじゃないか?

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

カネキケンはあもんこうたろうのことを「対話を求めてくれた」と言っているので、あもんこうたろうがその「わからせます」という言葉の理解、ひいては喰種との対話を求めている、と解釈してる つまりカネキケンは、人間との対話をあもんこうたろうによって「求められた=必要とされた」と思ってる

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

話が逸れたけどとにかくカネキケンは店長からそう言われたことによって、自分が特別な存在であるという自意識を得たんですよね そして人間のあもんこうたろうに対して「わからせます」と言った訳だ 特別な存在である自分ならそれが出来る、と信じたから

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

あもんこうたろうの顔思い出してしみじみ「お前は一人の人間を支える人間を選んだんだな」ってなるからもうこれでいい…あもんこうたろうはたった一人のための松明になったんだよ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

あもんこうたろうもいるけど完全に毒気を抜かれた顔してんだよな

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

あそこでカネキケンがあもんこうたろうを選んでいたら別の意味で世界が変わったかもしれないと思うの、妄想も大概にしろよという感じですが亜カネ原理主義者なので許してほしい

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

あのときはあもんこうたろうを選ぶことはエゴのようでありながらその実「この世界は間違っている」からの「わからせます」というあの対話の続きができたかもしれなくてそれはつまり人間とぐーるの本当の相互理解(理解し合えない部分もあることを含め)のために必要なものだったかもしれないんだよ

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

あそこの選択肢がトーカちゃんとあもんこうたろうだったの未だに刺さるんだよな…

8s bh1ih reasonably small
仁木しよう@nickysean_4

亜カネ民の戯言だと思ってきいてほしいんだけどカネキケンやっぱあのとき化け物になったあもんこうたろうを選んでたらこうはならなかったんだよなってしみじみ思うんですけどどうでしょうか