Twitter ひとり nofriendsonlyme | ひとり (@nofriendsonlyme) のツイート

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

その人が優しいかどうかではなく、その人が優しくしたいと思える人になれるかどうか、なんだろうね。
斯く言う私は優しくせねばと思われる人にしかなれない(一番駄目なやつ)。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

前にカラオケに行ったのだけれど、上92点の下78点。キーを調節するやつの存在を知らなかった。いつかリベンジしたい。unravel歌ったら2300人中400位くらいだった。担任の先生に言ったら変な顔された。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

尊敬する人はとことん好きで、嫌なところを見つけた人はとことん嫌い。私の短所。好きな人の良いところが目に付くし、嫌いな人の悪いところが目に付く。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

何かの悪口を言いながらそれについて自分を省みることが出来ない人が嫌い。
自問は人を成長させる。
とか言いつつ私もきっと無意識でできていないんだろうなぁと思うと自分も嫌い。
でも自分が一番大事。
この世界で一番醜い自分が、この世界で一番大事。
そんなもん。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

陰口って、誰かを傷付けずに自分の鬱憤を晴らせる良いストレス発散手段だと思う。
ただ人を貶めるだけの陰口は根絶すべきだけれど、吐き出すところがないのなら影で言うのも一つ。
直接言って敵を作るよりも、見えないところで鬱憤晴らして波風たてない方が利口だと思う。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

・根拠の無い悪口
・恋バナ
・見たことのないテレビ番組

以外なら大体話はできるのだけれども、そもそも誰かと話をする機会が少ないので今のところこのスキルは友達作りに活きていない。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

私は「自分が相手の役に立っている」という確信と「自分が相手に過失していない」という確信が無さ過ぎる。むしろ逆。つまるところ私は友達が「できない」のではなく友達という対等な関係になることを「躊躇っている」ということになるね。知るか。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

友達でいるには「相手が自分の役に立っている」という確信と「自分が相手の役に立っている」という確信、更に「相手が自分に過失していない」という確信と「自分が相手に過失していない」という確信も必要なんだね。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

「イケメンが不細工に写ってる写真」より

「不細工がイケメンに写ってる写真」のが

好き(デッサンしたくなる)。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

よくコツ知りたいとかどうやったら上手くなるか知りたいっていう人よくいるけれど、上手いのは練習したからであるし、ちょっと他の人より上手だったら嬉しいなーぐらいのヤツが努力をしないで上手くなる手段として使うべきものじゃないんだよなあ。

精神的なものは抜きね。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

昔の失敗が私の首を絞めるのでもう全て忘れたいと思うけれど無かったことにしてもまた同じ過ちを繰り返すのであって誰かの記憶のどこかにそれが残っていると思うと皆一人残らず全て忘れてしまって私ひとりと廃人の山だけになってしまえば幸せになれるなどと馬鹿なことを考えてしまうのだ。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

今兄ちゃんの顔を改めて見たら思ったより三割増でイケメンでびびった(ブラコン)。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

髪の毛いじってたら、ひと束だけ私みたいな奴がいた。めっちゃ気になる。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

別に死にたくないけど、じゃあ何が何でも生きたいかと聞かれたらそうでもないよね

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

そう言えばこの前ちょっと先生に注意されたことがあったのだけれど、

「俺もこんなことやりたくないけど先生の立場として言わなきゃならないから、分かってくれよ。

さっさと納得してくれればそれで俺の仕事終わりなんだからさ」

的なことを言われてガチで切れようかと思った。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

さっき「あいうえお」って打とうとしたら予測変換で「愛飢男」って出てきて馬鹿みたいに笑った。調べたらあった。まじか。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

夢の中で嫁に「俺を好きな気持ちよりみんなの幸せを優先したお前が好きだよ」と言われた。くそ良くわかんねぇ夢だけど割とショックだ・・・・。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

もしもの話だけど、この世界に不意をついて大爆発するようなアイスがあるなら私は許さないね。 pic.twitter.com/7MT4MVtzC1

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

壁ドン

からの〜

「逃げられると思ってるの?」

からの〜

「捕まえられると思ってるの?」

私(外野)「トゥンク」

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

1秒毎にカチコチいう時計を用意して、速いテンポの歌を時計に合わせてゆっくり歌うとリズム感が養われる(自論)。すんげぇ暇。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

私のこと大好きな人ー!って言って変な空気になったら負けっていうゲームを思い付いたのだけれど、確実に自分が不利なことを悟ったから絶対やんない。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

漫画を読んでいたのだけれど、

「好きだよ」

「初耳ですね」

「そうだっけ?」

「あなたいつも愛してるしか言わないじゃないですか」

死ぬ。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

「うるせぇ口だな(キスをする)」

女子「きゃーっ!」

「でけぇ胸だな(胸を揉む)」

女子「きゃーっ!」

一体何が違うと言うのか。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

二次元は置いとくとして、三次元では貧乳っ娘が好きです

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

この前夢で嫁と買い物デートした。めっちゃ嬉しかった。まさか自分がここまでオタクだったとは(嬉)。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

友達が、「俺、A市(名前忘れた)とB市(名前忘れた)の間に家があるから、家の半分がA市であと半分がB市なんだぜ」などと言うものだから私も「私んちは上半分が2階だよ」って言ったら「・・・・おめでたい奴だな。幸せか」

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

Love does not consist in gazing at each other, but in looking together in the same direction.

愛は、お互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである。

サン=テグジュペリ( 1900~1944)