Twitter ひとり nofriendsonlyme | ひとり(nofriendsonlyme) /「わし」の検索結果

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

真面目な話の時は「私」がしっくりくるし

自分という人間を見つめ直すときは「ひとり」がしっくりくるし

ちとなげやりにボケたり主張するときは「わし」がしっくりくるし

勢いのついたときは「俺」がしっくりくるし

自信がないときは「ひとりさん」がしっくりくる。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

目付きが悪くて困るのは、友達ができないとか印象が悪くなるとかもそうなんだけど、一番は先生に「睨んでいる」と勘違いされて態度の評定下げられることだよね。

わし前髪長いから特にね。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

いも「固いものほど壊れないの?」

わし「いやでも固いものほど割れやすいことも」

まま「たとえば?」

わし「良守の結界とか」

やばいこれ伝わらない

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

わしの部屋は普通の人が入ると肺炎になるくらい汚い(未実証)

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

わしの鼻歌に犬が遠吠えを返している。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

妹にさえ「大丈夫だよ結婚できるよすぐ怒ったり変なこと言ったりしてないよ大丈夫だよ」て慰められる始末。
わし「結婚できると思うのなんで?」
「だって可愛いもん」
わし「こいつやりおる」

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

わしの妹、轢かれたスズメを見ても轢かれたヘビを見ても轢かれた虫を見ても「可哀想」とは言うけどわりと大丈夫なのよね。

誰ですか彼女に耐性つくほどグロいものを見せたのは私です。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

性的マイノリティの人も、結構LGBTQ+について知らないもんだよ。
理解しよう、理解しようとして沢山の知識をつけて構えて接すると、「いやそんな重い問題じゃないし、逆にそんなことまでよく知ってるねわし知らんかった」って人多いと思う。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

両性愛者って、単純に考えると異、同性愛者に比べて可能性二倍だよな……?わし親友を経由しないと安心できない人間だから、そう考えるとバリバリ減るけどね。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

おいおいおいどっかの雑誌でコーデアプリ ミラクルニキの漫画を描いてる「壱コトコ」って、まさかあの「壱コトコ」じゃないよな?いや同じ人だわ。しかもわしが読んでた頃よりだいぶ上手くなってるわ。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

美人には憂いがあるべきというひとりの偏見かもしれないけど、美しさって何?っていう問いのわしの答えは哀しみだから満開の笑顔が似合う人を美しいとは中々言えんわ。
困ったような儚げな笑顔が似合う人、力強くこちらを睨み付けるのが格好良い人、にやりとした不適な笑みが様になってる人なんか良い

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

りんご飴って飴部分はめさ旨いけど、リンゴ部分は急に「ほがぁッ」て味しない?わしだけ?粉っぽいのか苦手。そもそもリンゴあんまり得意じゃない

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

強いて言うならTwitterは心の中をそのまま垂れ流してて、その混沌から抽出された副産物のみ表に吐き出してるのがリアルのわし。ラインのわしは混沌の中心にある会議テーブルで推敲した結果のレポートみたいなもん。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

リアルのわしとラインのわしとTwitterのわしが違うくて本当のひとりはどれだよって聞かれることたまにあるけど、自分でも分かってない。

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

友達「(コンビニを指差して)寄るかい」
わし「昼だよ(即答)」

わし「今は昼だよ」

Imcuious reasonably small
ひとり@nofriendsonlyme

兄「鞄欲しいんだけど」

母「あれ使えば良いじゃんトートバッグ」

わし「トートバッグス♪」

兄「絶対違う」

母「あれどこやったのよ」