Twitter 古閑健二郎 oceanview3900 | 古閑健二郎 (@oceanview3900) のツイート

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

ツイセーブでツイートの記録をはじめました twisave.com/oceanview3900

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

また、菓子器に盛って出す場合は、生菓子は陶器や木製のふちの高い菓子器を用い、千菓子のときは、ひらたい菓子器を用いるのが正式です。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

小形の干菓子などを数個ずつ、銘々皿につける場合は弔事は偶数(四個・六個・八個)、慶事や普通の来客のときは、奇数(五個・七個など)というのが、昔からのしきたりです。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

紅白二個をつけるときは、客から見て紅を右、白を左になるように並べます。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

二個つけるときは、客から見て左右に二個並べ、ようじやフォークは手前に、手に持つ方を皿の右ふちにかけておきます。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

餅菓子などを銘々皿につける場合菓子の盛り方は、二個ずつつけるのがしきたりですが、ショートケーキなどのように大きなものは、一個ずつでもかまいません。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

お茶は、茶わんに七分めほどつぎ、糸底をふきんでふいてから、茶托にのせます。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

お茶は、客の前で入れて供するのが正式といわれていますが、いまは、応接間や客間に通した場合は、別室で用意して運ぶのが普通です。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

茶の入れ方

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

また、祝いごとのある場合には、約束はなくても、いつお祝い客が来ないと限りませんから、いつも、茶菓だけは用意しておき、どのような人が、どのような時刻に来たら、どのようにもてなすか、やはり、主人と主婦が相談してきめておくと、客がきてから、まごつくこともありません。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

お客が来てから、あわててお菓子などを買いに走っては、間にあわないこともありますし、食事どきが近づいてから、食事を出すのかどうか、主人を呼び出してきいたりするのは、お客に対しても感じのよいものではありません。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

お酒は?・・・などを、あらかじめ相談して決めておきます。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

約束の客がある場合は、客の来る前に、主人と主婦とで、茶菓だけでよいかお食事も出すか。

Default profile reasonably small
古閑健二郎@oceanview3900

客人へのおもてなし