Twitter 太田和樹 odebtty | 太田和樹(odebtty) / 2016年10月のツイート

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

花丸本丸見た後いつもこうなります。 pic.twitter.com/5UduFIFjzT

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

どういう組み合わせ??????んn??????
というかEDの画像で大倶利伽羅が可愛い ヒッ

はかた!?!?????????きたーーーーーーーーー!!次回長谷部とぜひワチャワチャしてほしいですヒャー!

そしてエンドカードの大倶利伽羅可愛過ぎじゃないですか天使ですか

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

みかちーーーーーーーーーーーーーーーーー!
可愛い…やだ可愛い…素敵…

がっごいいいいいいーーーーーーーーーみかじいいいいいいい

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

も、もう、。どどど、どう… ええ…
大倶利伽羅が慣れあっ…… ひえ…… しんでしまいそうです
え?もう前半戦終わり?ですか?え???
自分、もしかして15分間白昼夢見てました?????ごめんなさい脳みその処理がまったく追いつかないです

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

まさかここで「ホストクラブ花丸」が出るとは……
そして歌仙が頬を染めて可愛い…かわい……

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

ひいいええええええええええ
今日は神回 まさに 神回…… 前回を上回る神回なのでは………
だめだ…墓から抜け出せない

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

ぶああああああああwwww
うああああああああああああああああああああああ他キャラの衣装を…

う、うそだろ…何なんだよこの公式が最大手感…………………………

え ど、どういう…   ほす  ほす……

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

獅子王たん天使…
そして何だろう加州の女子力の高さ…恐ろしい…
ぎゃあああきたああああああ!!!!伊達のお色気シーーーーーーーーーーン!

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

みっちゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!大丈夫!!!!かっこついてるよかっこいいですよ!!!!
気分としてはTVの前で全力でうちわ振ってます…OP前にこのテンション…あと30分持つのか…

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

三日月じーじ落描き pic.twitter.com/eLkmtSye2g

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

残り24時間を切った…果たしてそのとき自分がちゃんと息をしてるのか今からものすごく心配してます…公式サイト何度も覗いてしまう…三日月じーじ…大倶利伽羅…
第5話…恐ろしい…スタッフは我々を殺す気で来てる…!

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

4枚目は髭切さんに完全脳内変換させていただきます…✨🙌✨ありがたい…ありがたい…!!>RT

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

@damascenarose ご一緒に幸せ妄想を楽しんでいただけて良かったです~(^^)✨鶴丸さんに似合いそうなセリフだ~!と思いながら原作見つつパロディで脳内変換してました…!しあわせ鶴さにバンザイです~!✨

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

→鶴丸が「なぁに、急がなくていい、時間はまだあるだろう?それに、君からOKをもらうのは俺の決定事項だしな!…だから、あるじ、君はゆっくりのんびり、俺を好きになってくれればいい。俺は、君の隣を歩きながら、きっと君を骨抜きにしてみせるぜ!」と笑いながら言う。

幸せ鶴さに(※パロ)

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

(某ラノベアニメの最終回セリフを鶴さにで脳内変換)
鶴丸のことは好きだけれどだからこそ自分には神様と添い遂げる資格があるか実は自信がないしあなたの想いの大きさをちゃんと受け止め切れるかわからないでも好き(大事なことだから二度言った)と喜び半分不安半分で戸惑う審神者ちゃんに→

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

鶴丸は審神者ちゃんからフラれたとしてもめげずに諦めずワンチャン精神でことあるごとに「どうだ!俺に惚れたかい?」とか言ってほしいです。余裕のある感じというよりも、審神者ちゃんがどう思おうと俺は君を愛してるぜっていう、一種の自己完結型の愛に近いかもしれないです。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

厭世的な鶴丸も好きですし、表面上は明るく振る舞いつつも内心、ニンゲンには一定の距離を置いて接するべきと考えていてあまり踏み込まないようにしている鶴丸 か~ら~の~、審神者ちゃんの幸せを願うカッコイイじじいでも良いなあと妄想してます。鶴丸尊い…

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

@meakasimasa いろんな妄想ができますよね!楽しいです~(^^)/

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

→弟が己の手で貶めてしまう前にこの兄がお前を守ってやろう、っていう考え方。お前が敬愛する僕の前で無様に堕ちるのはお前の本意ではないよねウンウン分かってるよ!って信じてる。
一期も髭切も、弟をとてもとても愛している。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

もし男士が堕ちかけたときに、己で始末をつけろ(自我を保てるうちに自害せよ)と言いそうなのが実は一期ではと思ってます…弟たちを愛してるけど、刀として在れ、と考えているので日頃の手合せも結構スパルタ。
髭切は、膝丸が「兄の誇りを傷つけぬよう」振舞ってるのを知ってるので、源氏の名を→

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

膝さにのこじらせ系の話で髭切が「僕はお兄ちゃんだからね」て言って堕ちかけた膝丸に引導を渡すとかそういう鉄板ネタ妄想をし始めるくらいには心に響きました。

日頃は弟をぞんざいに扱いつつも、お前を殺すなら僕しかいないそうだ他の誰でもないこの僕がやらねばならぬのだ、って思ってる髭切…

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

柏書房さん発行の書籍『日本史兄弟対決』(後藤寿一)の紹介文が
「絆の深さゆえに、愛する弟の命を奪うこともある」

て…こ、こ、この…この性癖に響くワード…!!興奮して動悸息切れが。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

わーー!💦💦やっとこさ終わりました大阪城~(^^)✨本丸のみんなに、お疲れ様でしたと労いたいです~!
寝落ちしかけながら掘削してたので、今日はこれにてわが本丸は営業終了です…あとは経験値稼いで極っ子ちゃんたちを育てつつ週末あたりに描きたいネタをいくつか描きたい……💦💦 pic.twitter.com/7lH67BrzHK

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

@OTAKU0320 こちらも貞ちゃんお迎えするまではプレッシャーがありましたが、今はホッとしております~💦

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

さすがに途中で燭台切が起きてしまうけど全然酔いが覚めてないせいで「あ~夢か~そうだよね~」とボンヤリしながら審神者ちゃんのなすがままでキモチイイコトされて、あー幸せだなぁ~ムニャムニャ…✨😪🌸
泥酔してるくせにその後両者風呂にも入って自室でそれぞれ寝たが翌朝お互い全く覚えてない。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

そして陽気に千鳥足で帰ってきた酔っ払い審神者ちゃんが、腕組んで座ったまま玄関先でスピスピ寝てる燭台切を発見。揺すっても全く起きる気配がなくって、伊達男のそんな珍しい姿にワクワクした審神者ちゃんはイタズラ(性的な)を躊躇わず実行するのだった…。酒の勢い。
なお彼らは恋人ですらない。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

このネタで際どいとこまでヤりそうになったヘタレ切光忠の話は以前描いたんですが、さらにその後日談で、燭台切が本丸の宴会でしこたま呑まされてフラッフラになってしまい「う…今日は…主も飲み会だし…僕がちゃんと…待って…な…きゃ…」と思いつつも酔いには勝てず彼女を待ちながら玄関で爆睡😪

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

以前も同じ設定のネタを呟きましたが…、燭台切は、政府の会議後の懇親会という飲み会で酔っ払って帰ってくる審神者ちゃんをどんな時間になろうと毎回律義に待っていて、彼女がぐでぐでになって帰ってきたら靴も服も脱がして甲斐甲斐しく介抱するけど、下心があるので実はそれをとても楽しみにしてる。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

※刀さにの場合で、男士の手紙が主宛てだったら。
自分はヒトではないからママゴトのような「恋」ではなかったか、君を不安にさせてはいなかっただろうか、と少々気弱な言葉が綴られている。
いつもは自信たっぷりでいたくせに、手紙の中のあの男士はまるで彼女に対して何かの赦しを乞うようだった。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

月日を経て手紙が書き換えられることも少なくない。こまめに書き換える男士もいるし、あまり書き換えない男士もいるが、なぜかお盆と正月に書き換える男士が多いため、庭で焚火が行われる。
審神者から、何をしてるのかと聞かれても、男士たちは「不要な書を整理してるのだ」と笑って答えるのだった。