Twitter 太田和樹 odebtty | 太田和樹(odebtty) /「ガウェイン」の検索結果

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

すでに絶縁した実母の派手な淫蕩ぶりが少々トラウマになってるぶん、顔は年の割に幼いしそれほど整ってるわけではないむしろ地味系だけど体つきは大人の女性だし(おっぱいおっきい)年上ゆえか優しさと穏やかさも持ち合わせてるぐだおちゃんに、自分の理想を重ねてしまうガウェインのお話。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

ガウェインにとって年下の女性がタイプというのは十分理解しているのですが、現パロガウェぐだ♂ちゃんのシチュエーションの1つとして
童顔年上ぐだお♂ちゃん(おっぱいおっきい)という話もいいなあと思うのです…
トリスタンから「おや?年上は除外だったのでは?」ってからかわれるガウェウィン。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

ようやく落描きできる余力を残して帰宅できた今日はワーイワーイ😊✨と筆を走らせてたら皇帝じゃないほうの……股間にぶら下がってるアレの…ガウェインの…ち…ん……をぐだお♂ちゃんがツンツンしてる絵を描いて…て……あの…すごく…楽しい……です……ぐへへ…(しょうきをうしなったひとみ)

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

しかし何故かぐだおも困ったような顔をしているので、それを見たガウェインは「いいえ失言でしたね、貴方が望むなら何度でも😊」とニッコリ微笑み返すんですけれども、ぐだおから、…じゃあガウェインがえっちな気分になるまでしたい…って言われるもんだから一瞬ポカンとしたあとハッとし文字数不足

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

ちなみにこの妄想話では毎晩ガウェインがおやすみなさいの軽いちゅーをしている設定なのですが、この夜のぐだおは、もう1回…(ちゅぅ)…もう1回…(ちゅぅ)…とおねだりを何度も繰り返すのでさすがのガウェインも「珍しく甘えてくる貴方も大変可愛らしいですが」て困ったように笑ってなだめる。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

今日はやけにマスターが饒舌のような…と感じつつも「明日も早いのでしょう、そろそろお休みになられる時間ですよ」と就寝を促す鈍ガウェインに、ぐだおは果たしてどのような手段をとるのか…!?そして本懐を遂げることができるのか…!
楽しい妄想が止まりませんよこれは…!💨💨

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

今日えっちしたい気分だなあ…と、夜ガウェインがマイルームへおやすみなさいの挨拶に来るのを待つぐだおは、しかしどうやって恋人を誘えばいいか全然分からないので、ひたすら彼を引き留めるべく長話するしかないのだった。少し前まで童貞だったオレには高難易度過ぎる…と内心頭を抱えているぐだお。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

@nolun0321 わーー!!ありがとうございます~!!自分もイケオジガウェインがとても見たいです…!!(*^^*)✨カッコイイこと間違いなしと思うと大変罪深い騎士です…!

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

その頃召喚ルームでは、彼はお父さんとかじゃないの?違うの?それともあまり仲良くなかった?💦って心配してくるぐだおに、ガウェインはかつて見せたことがないほどものすごく苦そうな複雑そうな顔で「…この私にも受け入れられぬものがありますッ!」と駄々をこねてマスターを困らせているのだった。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

膝をつき頭を下げ「お久しゅうございます我が王」と告げる中年騎士セイバーに騎士王は驚きながら「卿には久しいと言うべきか…なるほど」と言ったあと、優しく目を細めて「今の私には別の見慣れている形があるせいか戸惑ってしまった。しかし実に懐かしい姿だな『ガウェイン』?」と微笑むのだった。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

そんなこんなで余りにも頑ななガウェインを相手に、ぐだおは痴話喧嘩じみたやり取りを始めてしまうんですが、そんな彼らを横目に静かにその場から立ち去るセイバー。
ここには同僚たちが居るようだから様子をうかがってみようか、とカルデアの通路を歩く中年騎士セイバーは、騎士王とばったり遭遇。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

そのやり取りを見て、このセイバーはガウェインの(かなり近しい)血縁者だと確信したぐだおは、食堂でお茶でも…と誘おうとするけれど、ガウェインが執拗に邪魔してくるし、呆れ顔でセイバーが「何と余裕の無い…」と呟くと、「お黙りなさい!貴方に言われる筋合いなど!💢」と一層ヒートアップする。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

ワクワクするぐだおとは逆に非常に落ち着かない様子のガウェインは「この者がマスターに無害であると決まったわけではありません不用意に近付いてはなりません」と言うけれど、中年セイバーから「私がそんな輩でないことはお前が一番良く知ってるのでは?」と苦笑いされてグヌヌ…!となるガウェイン

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

そういえば面影がすごく似てて鎧もほとんど同じだからもしかしてかなり近い身内なのかなウンウン分かるよ突然身内が職場とか学校に来ちゃうと恥ずかしいよね~ってニコニコ😊するぐだお。そして焦るガウェインの姿を見て何かを察したのか、「私の真名は秘しておきましょうか」と笑うイケオジ騎士。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

おヒゲをわずかに生やしつつも清潔感ある服装は気品漂うし物腰が柔らかで目元も優しげな騎士風のイケオジセイバー。
ところで鎧やこの容姿は確かどこかでよく見たような気がする…? と不思議そうにするぐだおの隣で、ガウェインが少し青褪めた様子で「なぜ貴方が!?!?」とアワアワしている。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

普段は余裕なフリをしてぐだおを翻弄してきたガウェインが、いつもと違う様子のぐだおに翻弄されて… っていう冒頭書き出しから始まるそんなシチュエーションには大人の夢がつまってるなあって思いました。あとおっぱいにも夢がつまってる…😊 pic.twitter.com/RHpGHCj8Gg

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

@boris2828boris ありがとうございます~!(^^)
最期まで騎士として在ろうとするガウェインを妄想しておりました~。ぐだおは言いたいことが色々あるけど、ぐだおなら何も言わずに走って行くしかないんだろうなあ~とか考えてみました…!!

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

でもぐだおが本当に言いたい言葉はたった一言、「おかえりなさい」なんですよ…
だけどぜったいに言わない…だってこのガウェインはあのときのガウェインじゃないって分かってるし自分はマスターだから…って心に誓ってるぐだお。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

でも自爆行為みたいなものなのでガウェインは消滅しちゃう。
しばらくして★4サーヴァントの指定召喚ができる日を迎えたぐだおは、召喚したガウェインが「はじめましてマスター」と笑ってくれるのを懐かしそうに見ながら「この日はあなたを召喚するってずっと前から決めてたんだ」と言うんです。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

たぶんチューまでは至ってる2人。
この後、ガウェインが自分の霊核とか魔力の残滓をろうそくみたいに燃やし尽くして(Fate世界設定としてそれが可能かどうかはちょっとこう…どこかにいったん置いておきまして…)ぐだおは無事帰還ポイントまでたどり着いてカルデアに帰還します。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

仕事で大変なことがあると己のこじらせた性癖がインモラルカオスブリザード…またぐだおにおっぱい生やしちゃうのも仕方ない…だっておっぱいだから…!
ところで豊かなほど良いと言う騎士は実際どの程度の大きさが好みか聞きたいです。おっぱいには夢と希望がつまってる…なぁそうだろガウェイン!!

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

現パロのガウェインは職場の最寄りのコンビニでいつもサラダしか買わないので、そのコンビニの店員さんたちから親しみ(支払い後必ず「ありがとう」と微笑みながら挨拶してくれる)と憧れ(顔がすこぶる良い)を込めてこっそり「サラダ王子✨」と呼ばれてそうだなと考えてました。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

カルデアで書き初め大会してほしいです。モードレッドは「反逆」ガウェインは「滅私」ランスロットは「湖」ベディは「忠節」トリスタンは「飛翔」あたりかなあとも思ったのですが、自身の宝具の和名を書くスタイルでもいいなと思いました🎍

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

ガウェインが自分の知らない名前を大切そうに呼ぶからぐだおは切なさと虚しさで泣いてしまいそうになるけど、初めて見るガウェインのその表情を、きれいだな好きだなあ と思って胸が締め付けられるお話です。その2時間だけはガウェインの一番になれる、って信じてるぐだおくんなのであった…。

Vutpk4hp reasonably small
太田和樹@odebtty

ハロウィン周回休みで妄想したガウェ(←)ぐだ♂落描き。
服用者は2時間ほど意識が朦朧としてしまう上に目の前の人が自分の大事な人に見えてしまうという不思議な薬を魔女の部屋からこっそり拝借してきてしまったぐだおのお話。最中にガウェインの口から紡がれる名前はぐだお以外の誰かの名前… pic.twitter.com/lxztPbZcSn