Twitter 土葬 p0o0v | 土葬 (@p0o0v) のツイート

8g aoetd reasonably small

死者を呼び出すSPECをつかって「ヒロは犬の散歩、伊達は洗濯、松田は掃除、萩原はおとなしく待機!よろしく!」と仕事を割り振ってから出かける降谷零……呼ばれた4人は「なんで呼ばれたのに俺待機なの?」「勢いで呼んじゃったんだろ」「死者… twitter.com/i/web/status/1…

8g aoetd reasonably small

降谷零、結婚して奥さんの家事が不出来でも「僕がやるからいいです」なんてことは決して言わなくて、「こういう時は○○を使うといいんです!これをこうすると……ほら!簡単に△△できるんです!」と言外に降谷レベルの家事力を求めてくるから妻は新手のストレスを感じる

8g aoetd reasonably small

就寝中、暑くて寝苦しいけれどエアコンつけるのが面倒くさくてもだもだしていたら、隣の赤井がもぞもぞ動いてエアコンをつけてくれて、そよそよとした冷風に包まれながら「愛してる……」と思う降谷零……

8g aoetd reasonably small

世界が終わる日の夢を見た降谷零、家族や恋人と身を寄せ合う人々を見て、これまで命を削って守ってきたものが一瞬でなくなってしまう恐怖よりも、最後の瞬間にともにいたいと思う他者がいる人々への羨望が勝ってしまった自分を自覚して、起きた後もしばらく動けなくなる

8g aoetd reasonably small

行ってみたい店はたくさんあるけど、公安的に初めて行った店のものは食べちゃいけないから飲食店の新規開拓に億劫だった降谷零、赤井を連れまわして毒見をさせることで食べたいものを食すことに成功する……「僕これ食べたいんです」「任せろ降谷くん」という具合に……赤井はデートだと思っている

8g aoetd reasonably small

朝起床した時からずっとお気に入りのラーメン屋のつけ麺が食べたくて、午前中のポアロでの仕事中も午後からの公安の仕事中もずっと食べたくて、仕事を終わらせた帰りにまっすぐラーメン屋に行ったのに定休日で「こんなに頑張ってるのに……?」と日頃の疲れも相まってちょっと泣きそうになる降谷零

8g aoetd reasonably small

凍らされて死んだかと思いきや、風見をはじめとする部下にお湯をかけ揉んでもらうことで生き返るという完全なるギャグ枠に入れられる降谷零も見たい
大事な話をスゴイかっこいい顔で話してる途中にまた凍っちゃって「ふ、降谷さっ」と風見にめちゃくちゃ温めてもらって生き返る

8g aoetd reasonably small

降谷零、風見と未詳に赴いてはSPEC関連事件についての考察を「非科学的だ」と切り捨てる為当麻にめちゃくちゃ嫌われるも、最終話付近で絶体絶命な状況をひっくり返すほどのSPECを持つ男としてSPECに出演してほしい 瀬文さんと同じくらい体が丈夫

8g aoetd reasonably small

激務を終えて帰宅して、「さすがに今日は3時間は寝るからな」と誰にともなく主張し就寝した直後派手な怪奇現象に見舞われ睡眠妨害を受けるも、「うるさいな!!!帰ってくれ!!!」と類まれなる声量で怒鳴ることで悪霊を追い出すことに成功する降谷零 翌日お隣さんにちょっと嫌味を言われる

8g aoetd reasonably small

夏休みは友人がみな祖父母の家に行くため遊び相手がいなくなってしまう降谷少年、同じく祖父母宅へ遊びに行くはずだったものの直前で夏風邪をひき、ひとり連れて行ってもらえなかった景光と遊ぶたびに「ヒロは楽しい予定が潰れて悲しいはずなのに、喜んでしまう自分は最低だ」と自己嫌悪に陥ってほしい

8g aoetd reasonably small

暑さで頭がやられ、「なんで警察の仕事って外に出ることが多いんだろうな、ポアロで涼みながらアイスコーヒーの氷の音をききたい。僕もういっそポアロの子になろうかな」と言って「私は警察官の降谷さんが1番カッコいいと思いますよ!」と風見に応援される降谷零

8g aoetd reasonably small

猛暑に負けずスーツを着込み、難しい顔で炎天下の現場を巡回して「さすが降谷さん、この暑さでも職務と思考を放棄しない」と部下に囁かれているが、その実アイスのことで頭がいっぱいな降谷零

8g aoetd reasonably small

ゼロティーで拾った犬をしつける際、「よーしグッドだ!よーしよしよし!」と繰り返しているため、ポアロで少年探偵団の宿題を見てやっている時「正解!よくやった!よーしよしよ……ごめん……」とつい訓練士としての顔が出てしまう降谷零

8g aoetd reasonably small

降谷零はきっとあの5月1日の翌日、自分が救った明日を粗末に、無為に過ごす人々を許す
今日という日を特別に思うのではなくこれから続いていく日々を等しくかけがえのないものだと思っている、けれどいつもより空気が美味しい気がするだとか、空… twitter.com/i/web/status/1…

8g aoetd reasonably small

2週間ぶりに執行され、いつも通り要所要所で胸締めつけられたんですけど、今回初めて登場人物の心理もこちらからの感情移入もなくただただ降谷零がカッコよくてびっくりしたことに起因する涙が結構な量出た

8g aoetd reasonably small

「男の子なんだから泣かない!」と小さな頭をわしわし撫でながら限りなく素に近い笑顔をこぼしたので、「ちょっと格好いいじゃない……」と悔しさ半分ときめき半分の志保ちゃんと、志保ちゃんのときめきに気づかない降谷零……

8g aoetd reasonably small

ポアロの店先にて、常連さんが店内でお茶してる間その子どもと遊んでやっている降谷零を見つけ、気づかれないように眺めていたら子どもが転んで泣いてしまい、「例の胡散臭い笑顔で慰めてやるのかしら」と思って見ていたのに、

8g aoetd reasonably small

ゼロティーで出てきた警察学校組の写真を撮ったのは降谷零だと思うんですけど、きっと優しい顔でシャッターをきったんだろうなと思うと切なくなる
その顔は写真には写らないし、カメラに隠れて誰も見ることができなかっただろうし、もう二度と同じ表情はつくれない

8g aoetd reasonably small

子どもと歩いている部下と出くわした降谷零、しゃがんで目線を合わせ「こんにちは」と安室モードで接するし、「おにいちゃん、おとーさんの部下?」と訊かれ、「そうだよ、お父さんいつもすごく頑張ってるよ」と特に否定もせず部下を間接的に褒めるから、部下は恐れ多さと喜びでちょっと泣く

8g aoetd reasonably small

死んだSPECホルダーを召喚するSPEC持ちの降谷、松田を召喚して彼のSPECを使うのではなくふつうに爆弾解除させて降谷「宝の持ち腐れだな」松田「ホントにな」と穏やかに会話してほしいし、松田にくっついてきたやる気満々の景光伊達萩原… twitter.com/i/web/status/1…