Twitter うっぴー/ライトノベル作法研究所 ranokenn | うっぴー/ライトノベル作法研究所 (@ranokenn) のツイート

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

実はエンタメノベルラボでも「女性向け小説支部」というグループを作って、そこで女性向け作品について語っています。
BLやTLの作家さんや、乙女ゲーを作っている人が参加しています。
女性向け作品については、研究する場がほとんどなかった… twitter.com/i/web/status/1…

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

去年お会いした女性向け電子書籍の編集者さんの話によると、女性向け電子書籍の売り上げの半分はBLということです。

女性がBLに何を求めているのか知りたくて、
「女性がBLを好きな理由とは?BLの魅力を語ろう!」というサイトをやって… twitter.com/i/web/status/1…

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

ある作家さんによると、最近は男性が小説を買わなくなってきているそうです。

女性は男性向けに書かれた小説、なんと異世界奴隷ハーレム物も読んでいるらしく、現状、女性が小説業界を支えている感じになっているようです。
少年ジャンプも4割が女性読者ということで、女性読者の存在感は大きい。

「売れないと次が出ません!!」ってツイートは結構見るんだけど、成功例と失敗例に個人的独断を加えて見ると、「売れないと次が!!」ではほぼ売れない

「こういう作品です!」と、作品の中身と魅力を漫画でアピールしてるとワンチャン

漫画と文字では、チャオズとベジータに近い差がある

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

@hibikiyu_ @sakabe_arato プロになれた人はみんな才能がある人だと思いますよ。
大勢の人からおもしろいと思ってもらえたから、書籍化されたのですから。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

ただ、村上春樹の言うように、小説を書くのに基礎体力が必要というのは間違いないので、散歩などの運動を趣味にすることは有効だと思います。
散歩は、健康に良いだけでなく、創造性と問題解決能力を高めることがわかっており、多くの作家やライタ… twitter.com/i/web/status/1…

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

一流の作家は、自分の個性に合った独自のやり方で小説を書いている人が多いです。
村上春樹のように10km毎日走ると、おもしろい小説が書けるようになるかというと、多くの人にとっては違うと思います。
自分の個性に近い人を師匠としてそのやり方を真似るのが良いようです。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

村上春樹によると、小説の執筆は全身のエネルギーをひどく消耗する過酷な肉体労働であり、身体にとって有害。このため基礎体力を付ける必要があるそうです。
確かにラノベ作家でもヤマグチノボル、吉田直など早世している人は多いです。
栗本薫もグイン・サーガを完結させぬまま亡くなりました。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

村上春樹によると、小説家にとって才能の次に必要なのは集中力と持続力(小説を集中して毎日3,4時間続けて書くる力)だそうです。
マラソンをすることでこの2つが鍛えられるから、毎日10km近く走っていると言います。

仕事の方はいまいち調子出ないままなので、強引に最後まで書いちゃう事にしよう。同じところを行き来しててもあかん。書ききってそこから全書き直しなりなんなりする。生徒さんや弟子に言ってきた事だし、自分ができないと説得力ないわな。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

@ei_tida それは良いアイディアですね。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

大笑いするとアイディアを閃く力が3倍以上もアップする!よく笑う人に閃きは来る!

次に効果的なのは散歩すること。
アインシュタインは研究に行き詰まると散歩して良いアイディアを閃いていた!
raitonoveru.jp/cms2/2018/10/1…

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

笑いの次に創造性アップに効果的なのは、散歩などの軽い運動をすることだそうです。

1位・笑う
2位・散歩する
3位・甘い物を食べる

の順に創造性(アイディアを閃く力)をアップさせることができます。
これらをした直後にアイディアを練ったり、考えをまとめたりすると効果的です。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

バルチモア大学の研究によると、大笑いした後は創造力(アイディアを閃く力)が3倍以上もアップするそうです。
YouTubeのお笑い芸人のネタを見るだけでもOK。
これは笑うと大脳新皮質への血流が増加して、脳の働きが活性化するためだそうです。
よく笑う人に良いアイディアは来る!

電撃文庫が続刊出ない問題
他のレーベルも勿論売れないと続刊出さない場合あるけど
電撃文庫ほど厳しくはないと思ってます
続刊出ないと返品対象になり
既刊棚の面々の作品定番化してなんてつまらない
他のレーベルは続刊出して面白い棚になるからそれから売れたり見つける楽しさも
続く

先程、数ヶ月前に絵の依頼でやり取りをしていたクライアント(Vチューバーの方)とようやく縁を切りました。「実績になるから」「君は駆け出しだから」「君に現場の経験を積ませたい」と言ってくるクライアントは断ったほうがいいです。プロアマ関係なくクリエイターは対価を請求する権利がある。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

成果を求めすぎると失敗を恐れて創造性が減る!
ダメな自分を受け入れよう。恥をかくことに慣れよう!
raitonoveru.jp/cms2/2018/10/1…

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

これを解消するために、恋愛して失恋しろ!と言う作家さんもいます。
失恋すると、恥をかくこと、ダメな自分に直面してもそれを受け入れることができやすくなるようです。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

プロゲーマーの世界でも、チャンピオンになると負けるのを恐れて大会に出なくなる人がいるようです。
成功すると、ダメな自分に直面するのが怖くなり、失敗を避けるようになって、成長が止まってしまうという罠にはまることがあります。

Iuh1cfth reasonably small
うっぴー/ライトノベル作法研究所@ranokenn

作家デビューした人が一発屋で終わる原因の一つは、次に書く小説も必ず書籍化されなくてはならない、というプレッシャーがあるからだと思います。
アメリカで行われた実験によると「人は成果を求める欲求が強まると、失敗を恐れて創造性が減る傾向にある」ことがわかっています。