Twitter 高須力弥 rourensiumu | 高須力弥 (@rourensiumu) のツイート

その憲法を政権側が変えたいと言い出すってことがどういう意味か、国民はもっと深刻に受け止めるべきだと思う。自分が縛られてる縄を緩めて自由になり、できれば今まで縛っていた国民を縛ってやりたいと思うに決まっている。自民党の改憲案を読んで見たらいい。そう書いてあるから。

憲法はそのような権限を国民に与え、政権に憲法に規定された国家の方針を実行させる力を持っている。ただの「理想」じゃない。「憲法なんてただの理想でしょ」という安倍氏の言葉は、憲法違反が政権に対してどれだけ重大な罪かをごまかすために言っているにすぎない。

税金を払っている国民は、国家のスポンサーであるとともに受益者でもある。だから国民はいくらでも国の運営に口を挟むことができて、必要な情報は開示させる権限を持っている。政権が表示された国民の意思を無視するようなことがあれば、国民は政権を剥奪する権限を持つ。それくら国民の権限は強い。

憲法は「日本という国家がこの方向に進んでいきます」という約束事だから、それは国家の基本方針で、それゆえあんまり細かいことは書いてないけど、日本国家を運営する人たち(つまり政権と官僚)は「そういう方向に国を運営します」と約束して日本という国を運営させてもらっている立場。だから公僕。

安倍晋三氏だけじゃなく、けっこう多くの人が「憲法は国の理想を書いたものである」と思ってるみたいで、それはある意味間違いではないんだけど、憲法ってのは、「国家の、自国民と世界の諸国に対する約束事」なんだよね。だから憲法は国家を運営する人間たちに対して拘束力を持つ。

「民主主義をヤドリギにする怪物」とは、まさにこのことだな。 www3.nhk.or.jp/news/html/2019…

日本のネトウヨは欧米におけるネオナチに相当するのだ、というシビアな認識に、日本人全般が欠けていますね。

一杯のかけそばみたいな話で憲法変えられたらたまらん

変なお化け屋敷より、部屋に入ったらナプキンを付けたアンソニー・ホプキンスが微笑みながら座ってる方がよほど怖い

大人になって気づく。石原豪人の絵には常にどこか秘めた濃密なエロティシズムのようなものがあって、むしろ意識的にやってるんじゃないかと思えてしまう。こっそりエッチな絵を描いちゃう中学生のようなドキドキが伝わってくるのだ。いやこれただの… twitter.com/i/web/status/1…

「外国人女性殺そうと...」 逮捕の昭和大医学部生
fnn.jp/posts/00412015…
「外国人が風俗店に勤務していることや、時給が良いことが許せなく、殺そうと思った」「工具を購入し…女性の頭を執拗に殴り続けた」

こ… twitter.com/i/web/status/1…

あらためて考えると「自衛隊員がかわいそうだから憲法を変える」って、こんなにも自衛隊員をバカにした話はないぞ。安倍が自衛隊員をどう考えているかがよくわかる。

「自衛隊員がかわいそうだから憲法を変える」じゃなくて日本国民がかわいそうだから首相を代えてほしい

お酒を飲む人間は大人だとか、飲まない奴は信用できないとか、そういう愚かな慣習が目に見えて無くなってきたのはここ十年くらいのことだと思うが、その面では社会は本当にいい方向に来ている。愚行権は誰にでも認められているが、それを他人に押し付ける理由はないよね。

最近の若者は、目上の者から酒を勧められても断るし、未成年なら絶対飲まないし、イッキなんて恥ずかしい風習だと小馬鹿にしているし、本当に素晴らしい。見習いたい。

自分が異なる次元からやって来たことを昭和スタイルでアピールするアカネちゃん。 pic.twitter.com/tkmYiiTJQ1

剛力彩芽は月の裏側でミイラになってるはずなんだが、じゃあ面接をするという剛力彩芽は一体……!? pic.twitter.com/IjeLkqDkI7