Twitter クミ🍊 stella__hana | クミ🍊 (@stella__hana) のツイート

Bkdstem9 reasonably small
クミ🍊@stella__hana

あ!関ジャム30分からだと思ってた~💦

I can't hate you,Tokyo!関ジャニ∞が、今もまだもがいて、しがみついて、上に登ってくれる。そう強く感じる、クールだけど泥臭くて最高に格好いい、まさに彼らのような曲。 #J楽曲大賞

関ジャニ∞にしか歌えない、今の関ジャニ∞の魂からの叫びだと思っています。錦戸くんが作詞作曲し、演奏もこだわり抜いて一から作り上げた楽曲です。バンド推しに食傷気味だったのに、披露される度にそんな心だったことを忘れさせる珠玉の一曲! #J楽曲大賞

大阪出身、今や多くの人が知るアイドルグループとなり東京で活躍する彼らの、東京に対するジレンマのシャウト。I don’t like youでI can’t hate you。いつまでも野心メラメラの彼らが好きです。 #J楽曲大賞

歌い出しが横山裕の「俺の好みのYouとYou?」の時点でもうセンス抜群だしテンションがぶち上がります。これを聞けば7人の男前が長い出口のない迷宮から助け出してくれるはずです。ハッピーな気分になりたい時にこの曲、どない? #J楽曲大賞

アイドル・関ジャニ∞からファンへのラブコール。ここでいうパーティーとは正しく彼らのコンサートのことだし、何より彼らが「君を楽しませるのが俺たちの楽しみ」だと歌ってくれることが嬉しい。関ジャニ∞にしか歌えない渾身のアイドルソングだと思う。 #J楽曲大賞

2017年ベストオブエモ曲。四人を半生を投影したかのようなエモい歌詞、別々の場所で生まれた四人が最終的に一つに重なるというエモ演出、そしてそれが錦戸亮発案によるものであるというエモ余談まで含めてとにかくエモ過ぎる曲。 #J楽曲大賞

エモい.エモエモのエモ.4人のエモい歴史とかエモい感情とかエモい意志とかをエモいメロディに乗せたエモい曲.ドームツアーでは最初バラバラの場所にいた四人が最後にセンターステージに集まる演出があり,エモみが加速したエモい曲 #J楽曲大賞

13位(4176Pt獲得)「ノスタルジア」丸山隆平・安田章大・錦戸亮・大倉忠義(関ジャニ∞) #J楽曲大賞

コンサート映像のエンドロールで流してほしい曲ランキング第一位。結成して15年目になる彼らが「さあ早く行かなくちゃ 約束という名の嘘になる前に」「まだ見ぬ世界 今飛び立とう 僕はスターライダー」と歌う姿がとてもまぶしいです。 #J楽曲大賞

泥棒役者・大貫はじめにも、主演・丸山隆平にも、そしてエイトにもシンクロする歌詞。デビューから13年後の単独映画初主演。決して早くはなかった自担、まるちゃんが。「躓いてばかりの僕を君だけを笑わなかった」と歌う未来がいまここにあるだけで胸がいっぱいになる。 #J楽曲大賞

ジャジーな曲調でみんなの歌声に酔いしれる。出だしと最後のパートの安田くんは大大大勝訴。ひれ伏すしかない。甘い台詞と甘い吐息でわたしを酔わせて、呆れるほどに貴方達だけを好きにさせてください。いや、もうとっくに好きだけどね。 #J楽曲大賞

高嶺の花には振られ、わがままな彼女には振り回され続けて来た関ジャニ∞が満を持して歌う大人の恋愛ソング。この年になったからこそ出せる色気と技術の両方を味わうことが出来る1曲。特に間奏のコーラスの重なりは圧巻の一言に尽きる #J楽曲大賞

If or ... X
グローブ座公演
3月8~10日 15日以外、どの公演でも
1枚~2枚
定価+手数料でお譲りいただける方を探しております。
舞台観劇の際のマナーは心得ております。よろしくお願いします。
村上さん/神奈川在住/30代
#イフオア求