Twitter 哲学猫 tetugaku_neko | 哲学猫(tetugaku_neko) / 2018年1月4日のツイート

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

余った福袋見ると悲しい気持ちになる。

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

年末、俺が必死でつくったこいつがこんなことに…… pic.twitter.com/wxbVSffTBK

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

今年こそ、コラボしたい。

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

2012年からコラボできる人を探してるけど、いまだにできていない。

コラボできる方、急募。ジャンル不問。委細相談。当方、哲学猫。

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

誰かがTwitterをやめるとき、その後姿をフォロワーが温かく見送る。自分の葬式の様子を自分が見れないのと同じで、自分がやめた時、温かく見送られるのだろうかといつも考えてしまう。

僕が(Twitterに限らず)文章を書くとき、最も意識することは、内容自体より、書いた文章が僕が考えていることを正確に表しているか。例えば『これはペンです』という単純な文章から同じペンを想像する人は誰もいない、でも100人が読んで100人が同じ映像を頭に浮かべることが理想なんだ。

僕がTwitterを始めたころに仲良くしてくれてた人の多くがもうTwitterを辞めたり、活動休止みたいな状態なんだけど、これ、小さいころ、夕方になっても楽しくて公園で遊んでいたら、友だちがひとり、またひとりと帰って、気がついたら、自分独りになって急に怖くなった体験に似ている。

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

俺くらいになると、新年の挨拶が「ちわーっす」

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

サプリメントをテーブルにあった飲みかけのビールで飲んだら、なにかすごいことをしてしまった気になりました。

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

一番最後にエレベータに乗ると、必ず『講談社襲撃』のとき、行きなくなかったため一番最後に乗ったそのまんま東が扉が開いた瞬間、(降りるときは一番前になるため)特攻隊長になってしまった話を思い出してニヤニヤしてしまう。

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

本日から仕事初めなのですが「別に今日は暇だし余裕」と勇み、電車に乗り込んだら、空いているにもかかわらず、猛烈な吐き気に襲われました。口じゃこう言ってても身体は素直なようです。

Iutqa0lb reasonably small
哲学猫@tetugaku_neko

茄という漢字が名前に使われている女の子がいて、「まじかよ! 茄子の茄じゃん!」って思ったことがあります。そして、その漢字の印象が強すぎたのか、心なしか顔も茄子に似ていました。

茄という漢字、茄子以外で使われてるの見たことないけど形からしてナスを表現しすぎてるよね