Twitter 戸川利郎 white1red_white | 戸川利郎 (@white1red_white) のツイート

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

ミネラルは食べる化粧品(戸川利郎) zumbacd.blog.fc2.com/blog-entry-9.h…

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

なお、九星は年に配するものを年家三元九星(ねんかさんげんきゅうせい)月に配するものを月家三元九星(げっかかさんげん)日に配するものを日家三元九星、時刻に配するものを時家三元九星といい、日家九星は冬至に近い甲子を陽遁の起首として、陽遁三元があるといったぐあいにとても複雑です。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

その対向は必ず五黄殺です。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

五黄殺 - 五黄が飛泊している方位の対向が暗剣殺ですが、暗剣殺は中天にはいった星の定位が暗剣殺となるよう、九星の飛泊が定まっており、九紫が中央のときは南離(南外れ)が暗剣殺。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

的殺 - 本命と対向している方位をいいます

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

本命とは自分が生まれた年、中央にはいっていた星がそれで、終生自分の本命星となるのですが、この本命が法則によって飛泊(循環の意)しでいる方位が本命殺です。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

本命殺 - 九星には相生、相剋のほか、殺、的殺、五黄殺、暗剣殺という凶方もあります。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

本命殺、的殺、五黄殺、暗剣殺

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

鬼門 - 万事に忌み避けるべき方角とされていて、うしとら(東北)に当たる方角をいう。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

それを冒漬しても、金神ほど祟りは強くないといいます。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

姫金神 - つねに金神と反対の方位を遊行し、中央においてだけいっしょになる。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

金神の遊行といって、居所をかえることもあるから気をつける。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

金神 - 金神は金気の精で、金はすべてのものを枯損するから、この方位に向かって事をなすと何事も破れるが、金は火に会うと溶けるので、火に関する事柄ならかまわない。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

どの年には、どの方向に歳徳神がいるかは、あらかじめきあられており、その方位に向かって行なえば何事も吉といわれています。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

歳徳神 - 歳徳神のことは、"祭"の部の正月のところにも出ますが、頗梨采女(牛頭天王の妻)とも、十干を陰陽(甲、丙、戊、庚、壬が陽干で、己、辛、癸、乙、丁が陰干)に配したものともいわれています。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

歳徳神、金神、姫金神、鬼門

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

結納金の額からお返しの有無まで、これらはすべてあらかじめ仲人さんに、両家の間に立って取りきめてもらうことで、双方からの贈り物を、ひっくるめて結納ということもあります。
#マナー #しきたり #戸川利郎 #結納 #結婚

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

いうまでもなく五円は、ご縁があったとの語呂合わせで、お金の値打ちが下落のおりから、最近では五百円札を入れたりする家もあります。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

もちろん、一方では結納金の多少にかかわらず、お返しをしないふうも行なわれていて、なかには包みに五円を入れたりもします。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

たとえば婿方から"御帯料"を贈られたら、嫁方は"御袴料"としてお返しするか、土地によってはそのときは返さず、嫁入りのとき、おみやげとしてもっていったりするのです。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

ところが、これに対し、くれ方から贈り方に半分を返すならわしがあって、結納返しとか、戻り茶とかといっています。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

もともと結納は嫁でも婿でも、もらい方から、くれ方に贈るものです。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

五円(ご縁)があった結納返し

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

また、相手がたんに漠然とためらっているのではなく、意向がはっきりしないときは、その点を遠慮なく言ってもらうようにします。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

女ではそうもいきますまいから、反対に、

「どうぞゆっくりお考えください。わたしのほうでは別に急ぎませんから。」

というのも、かえって効果的です。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

自分のほうでは受諾ときめて、相手の出方を待っている場合、それが男であったら、仲人を通じて催足することもできましょう。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

うまく行けばよし、行かなかったら縁がなかった、というところで、返事はなるべく早くします。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

したがって、見合いに失敗すると、沽券(値打ちや品位)にかかわるとさえ思ったものですが、いまは相手に一応の関心が寄せられたら、どしどし行なわれるのが実情です。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

古い時代の見合いといえば、そのほとんどが、もう親と親とのあいだに、すっかり打ち合わせがすんでいて、形式的に本人同志を引き合わせる。

Default profile reasonably small
戸川利郎@white1red_white

見合いの結果の催促と返事