Twitter やわらか yawarashi | やわらか(yawarashi) / 2017年3月30日のツイート

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

明日代休だけど全く予定入れてない。たまにはこういうのもいいか。美味しいものでも食べに行きたいな

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

@yawarashi 内容的にはアウトレイジと比べられそうだけど、僕的にはヘイトフルエイトかな

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

『アシュラ』観ました。
すげえ、何もかもがひでぇ。日本にない関係の濃さから来るねっとり感。血へどを吐いて倒れる登場人物の背後、暗い街並みが暗鬱な美しさ。グロ系が大丈夫な人はぜひ。 pic.twitter.com/nTdOBTNOCT

それはそちらのヌクレ落ち度でしょう

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

怖がりじゃないリーダーと山登り行くのは怖い

@R2_rope
むしろ「山で生徒が死ぬような事故は決して起こさない」という自負があれば、今回のような事故は起きなかったと思いますが…

.@Nishibe_Nobuya 大学山岳部出身者の率直な感想ですし、高校登山部関係者がその様な自負でいる事に、今回の事故原因の一端を見た気がします。

@R2_rope
登山を続ける高校登山部出身者が少ないとしても、実際いる以上、「杞憂」という表現はいかがなものでしょう。
また、「今回のようなユルユル教育で、できるつもりになった高校生を量産してきた現状」という認識の根拠は何でしょうか?高校登山部出身者にとって失礼な表現ですが。

@R2_rope
禁止により高校登山部の冬山・雪山での遭難がなくなっても、こんどは逆に大学生や大人の冬山・雪山遭難が増えるのではないかと危惧します。
また高校生の個人山行による遭難の増加も懸念されます。
不信感をお持ちのようですが、すべての顧問に不信感を持たれてはかないません。

野口さんの「冬山禁止は安易すぎ」「必要なのは規制ではなく判断能力」というのはわかる。

しかし、今回のはそういう前提で、すでに原則禁止だった雪山に入ってた。
そう導く事を期待されていた「山のエキスパート教員」がやらかしたんですから、もう顧問も信用しない!というのは筋は通っています

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

@42cynthia42 野獣感薄いよね

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

アシュラも良さそうだなー。時間もちょうどいいしこちらにしようか

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

愚行録と雨の日は会えない、どちらにしようかしらん

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

@yawarashi おしりだけじゃなかった

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

勉強になる

最近突っ込む方が攻めだの突っ込まれる方が受けだのの論争が面倒になってきたので、全腐女子に向けて作りました。(※至らない部分ありますのでその辺りは薄目で見るか、リプ欄で補足ください。) pic.twitter.com/V7S0AkJ8Tk

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

おしりが火事

『キングコング 髑髏島の巨神』をひと言で表すなら「けものはいても ばけものしかいない 本当の(映画)愛はここにある」という映画です。

昔男ばかりの職場で働いていたときわたしの先輩(男性)は「クレームが埒が明かなくなったらすぐ呼んで クレームはね人が変わると同じテンションで怒り続けるの難しいんだよ」なんて笑ってたけどありがたかったなぁ

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

実力以上のものにトライして後悔。 pic.twitter.com/rueissufHC

本格的にブロガーになった人。
本気でアフィリエイト始めてワンクリックに血眼になり始めてスポンサーの顔色を気にし始めたアカウント。
どんどんつまらなくなり、かつては普通の人だったのが妖怪欧州ガー、時に怪獣日本人スゴイヨーになるバケモノになっていく。
なかなか切ないものがある。

読者が喜びそうな記事を書かなきゃいけない。
どっちの読者に向けて書くのかで、だいぶ内容は変わる。
在住者向けのゴリゴリ冷徹現実記事もしくは研究者向けなのか、ドメスティック一般日本人向けキラキラ盛り記事なのか、在住ライターは悩みながら書いてる。

本国人夫ありきの二束三文の報酬で。

時に妖怪欧州ガーになり、ここは良いトコだよ! とアゲアゲ煽り記事をドメ日本人向けに書いて幻想抱かせ喜ばせ小銭を稼ぐ。
時に怪獣日本スゴイヨーになって、外国にいるけどこんなクソな国なんです、日本はスゴイ! と書いて日本大好きスゴイ教の人を喜ばす記事を書く。
在住ライターの現実。

丁寧な記事。
北欧アゲしてネタにして飯のタネにしている部分は自分にもあるから加担者ではあるけど、という板挟み感はよくわかる。在住者ライターのつらみ→

「北欧症候群」が増加しそうな日本メディアの「憧れの北欧」のつくりかた(鐙麻樹) news.yahoo.co.jp/byline/abumias…

ついにでます!発売延期の連続すみませんでした、神様。 pic.twitter.com/MddaW4j6kt

ファミマさんの「プレミアム肉まん」が凄い!という記事をお知らせいたします。具体的にはファミマさんの「プレミアム肉まん」が凄くおいしくて大絶賛されているという記事でございます。
記事には掲載されていない貴重な情報を僭越ながら私がお伝… twitter.com/i/web/status/8…

Qj0fini3 reasonably small
やわらか@yawarashi

思想界の貴公子が。。。

ビッグイシュー売ってる人とひとくくりにされがちですが、ビッグイシューの販売者は現在120人おりまして、出身地や年齢、顔立ちや雰囲気も一人ひとり違います。それぞれの個性に注目いただけると嬉しいです。… twitter.com/i/web/status/8…

ビッグイシュー売ってる人かと思ったら東浩紀だった。 pic.twitter.com/mC1zvd3Jep