Twitter やわらか yawarashi | やわらか(yawarashi) /「marxindo」の検索結果

日大アメフト問題もキャラの立った登場人物が増えるラジね。

殺処分される犬猫が絶えないのはペットを飼うからで、ペットを飼うこと自体にそういう問題が内包されている、というのと同じ話。

登山という営み自体がそういう問題を内包しているのだ、というのは自分もよく言うけどそれでひどく気分を害する人がいるラジよね。一部の不心得な登山者の問題を登山に一般化するな、みたいな感じで。

リアルな日常生活で50過ぎたオヤジが「あなたが間違ってます」なんて言われることはほとんどない(みんな「はいはいわかりましたわかりました,あなたが正しいあなたが正しい」という対応でやり過ごしている)ので,ネットでもそのノリで自説を開陳してボロクソに言われて大混乱に陥るのラジよ。

結婚して子供を持てる人の比率が低下してくると人類が「結婚して子供を持てる人の持っている生得的な特徴」の方向に進化するスピードが早まるのではないラジか。

そうか「彼女の家に電話すると父親が出て気まずい」みたいな経験もいまの若い人はしないのラジねえ。

「スターティング・オーバー」が流行ってジョンが撃たれたのが1980年だからもう38年前だが,1980年の38年前と言ったら1942年である。1980年に1942年のヒット曲を聞いてる人はほとんどいなかっただろうが,2018年には38年前のヒット曲を聞いてる人がたくさんいる。

それで「自虐的でない歴史の教科書」なんかは中位以下の公立学校にだけ押し付けられるからますます格差が開いてしまう。

最初は露天掘りでも取れた金鉱の産出量が下がったら縦横に坑道を掘って採り,坑道でも採れなくなったら山ごと削って工場に運んで大量の土砂から僅かな金を抽出するようになり,みたいなことは学問の歴史でもある。しばらくすると「この山はあきらめて別の山へ行こう」という人が出る。

自分も跳び箱は飛べず体育は苦手だったので「学校の体育なんかいらない」と思ったほうだが、自分が苦手で嫌いだというだけで「いらない」と言ってしまうことには慎重でありたいと思うラジよ。

被害者が悪い、と思うのが人間の素朴で自然な感情で、素朴で自然な感情がどんどん人を殺すのを避けるために法律とか倫理とか「自然に逆らうシステム」を作ってきたのが文明。

こういう「AIが進歩したら雑用の仕事はなくなる」というのは最大の間違いで、AIに奪われるのはむしろ専門職のやってる仕事であって、機械にいちばんできないことが時と場合によって目的や方法が変わる「雑用」なのラジよね。

「あなたはそうやって周りの人がポカーンとするようなことばかり言ってればいいからいいよね」と妻に泣かれたことがあります。

方向性としては「全員を非正規雇用にする」ということで進んでいると思うラジね。

自分に必要なのは宗教である、自分が渇望するものを埋めてくれるのは政治ではなく宗教である、ということにもうじきみんなが気づき始めると思うラジ。

リアルな人間の行動というのは時と場合によってコロコロ変わるもので,一貫性なんかそんなにないのラジよ。ただその中にもわれわれはなんとか一貫性を見出して予測をしようとする,それがパーソナリティ認知のしくみ。

「一貫したキャラクターがあって行動が予測できる」というのはまさに「物語の主人公」に与えられる特徴であって,普通に生きている普通の人はそうではないのではないかとずっと思っているのラジよね。

もう「汚いこと不快なことを言う自由こそが言論の自由である」なんてことは誰も言わなくなった。5年かそこらですっかり変わってしまった。

新聞によって書きかたがずいぶん違うラジね。

ばんえいが動物虐待なら犬猫を飼うのだって虐待,みんな同じことラジよ。

それをいうなら小論文より「面接」のほうがもっと役に立たないこともよく知られている。「医師には人格要因も重要」と言って日本の医学部がいっせいに入試に面接を取り入れたことがあったがその後やめたところが多い。

昔は哲学科の心理学専攻だったのが今や心理学科に哲学専攻ができるのラジか、まさに隔世の感。

学会誌をJ-STAGEでタダで読めるようにするためにかかるコストはその学会の会員が会費として払ってるんですよ。これは大事なことですのでまた書きます。

そうなるほど「日本の礼節」だの「日本のおもてなし」だのがもてはやされるようになったのは、廃止が決まった鉄道に観光客が集まるようなことなのラジかね。

「金持ち喧嘩せず」「衣食足りて礼節を知る」ができなくなったのが今の日本ラジね。