Twitter 水木良光 yosimitu_sword | 水木良光 (@yosimitu_sword) のツイート

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「#義元左文字」
太刀時代の復元想定図を描くに当たり、様々な左の名品を写生した。
姿や刃文を手描きで写す事で刀工の持つ特徴や癖が見えてくる。
南北朝時代の鋭い姿や躍動的な波の様な刃文、そして鋒の尖り帽子。
再刃後は対極的な静の美に… twitter.com/i/web/status/9…

タグ間違えてました💦

#繋がらなくていいから俺の刀を見てくれ

赤背景だと刀身の青さが際立って好き、という地味な主張。 pic.twitter.com/g9bx7suvlr

青嵐を打って頂いた経緯やレポをご覧頂いて「勇気が出た」と言って下さった方がいて、本当に嬉しかったんです。

古来より刀は邪を祓うものですから、今なにか迷うことや辛いことがある方がいたら、青嵐が追い風になってその背中を押せますように… twitter.com/i/web/status/9…

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「義元左文字」
当初の太刀姿、そして刃文は如何なるものであったのだろうか?
左文字の特徴と古資料を元に想定していくと、豪壮な太刀姿や激しい乱刃が浮かび上がってきた。
激しい沸と鋼に沿って生じる金筋や砂流し、再刃された直刃と比較する… twitter.com/i/web/status/9…

水木刀匠による土置きの実演。もちろん、見せるため用の置き方だよ。会話の中で光の入り方をチェックされていたので、研ぎ師さんの研ぎの時の光を気にする話を思い出した。それだけ環境が大事で勝手が違うんだろうなーと思った。 pic.twitter.com/A1Cy2ZF2ZL

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「義元左文字」式の全工程を終了。義元左文字の原寸図と古資料を並べながら様々な想定が展開し白熱。磨り上げと金象嵌、小さな手掛かりから戦国人達の胸中が垣間見える気が致しました。左から水木良光、佐野翔平、小和田哲男先生、内田義元。 pic.twitter.com/Kcqphr6BpZ

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「義元左文字」歴史学者の小和田先生の槌入れ。義基刀匠から大槌の握り方、構えを伝授。足は鐘木に置き重心を下げ、柄の末端を小指を外して握るのがポイント。神前に見守られながら、玉鋼は鍛えられていきました。 pic.twitter.com/6D2kzpH22X

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

@mirei0831 コメント励みになります!刀剣には色んな表情がありますが、火炎や流水あるいは乱雲、そんな自然天然の精妙な景色を鋼に封入できないかいつも意識しています。観る人の心に響く刀、それが鍛刀の到達点ですね。

今回のプロジェクトで使用する玉鋼です。

玉鋼は現在、島根県奥出雲の日刀保たたらで作られ古式の製鉄技術を継承した貴重な鋼。
この荒々しい鉄塊が長い鍛錬を経て太刀になります!

玉鋼を薄く潰す工程が鍛刀の第一歩。
春風亭昇太さん、小… twitter.com/i/web/status/9…

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

@kurobeniwataame 有難うございます!ようやく道具が自分の手の延長の様になってきたためでしょうか。ちなみに修業時代に手当たり次第に切った鉄板が大量にお眠りになっています…。

【受講者受付開始!】
2018 4/8(日),9(月)に開催致します、《日本刀の基礎&お手入れ実習講座》の参加者を募集いたします。申し込みフォームは以下のURLの、講座の項目の最後に『ご予約はこちら』ボタンがございますので、そちら… twitter.com/i/web/status/9…

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

2/10(土)20時半現在《日本刀の基礎&お手入れ実習講座》のお振込みを完了致しました方へ《確認のメール》を送信致しました。
メールの確認が出来ない方はお手数ですが【お問い合わせフォーム】までご連絡願いますよう宜しくお願い致します。 twitter.com/yosimitu_sword…

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「銘切」イベントの中で銘切の道具にも注目が集まっているのが印象的でした。少し愛用している道具をご紹介します。右が刀剣の刀身彫刻に使う槌と鏨で、左が茎に銘を切る道具達です。実は「彫る」と「潰す」の用途差がこの形の違いを生んでるのです。 pic.twitter.com/LVGbRkjchQ

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「刀剣博物館」先日は刀剣博物館へお越し頂き有難うございました。遠方から来れれた方やSNSで応援してくれた方、沢山のご縁に恵まれとても励みになりました!作刀工程の解説や丁子乱刃の土置き実演、刀製作の面白さや困難さの一端をお伝えできて… twitter.com/i/web/status/9…

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「義元左文字」赤く焼いた玉鋼を春風亭昇太さんが大槌で叩いていきます。初めての人は中心を打ち続ける事は難しいのですが、昇太さんは外す事なく難なくこなされていたのは驚きです。最後は三丁掛けで一気に鍛え鍛錬場には大槌と小槌の小気味良い音… twitter.com/i/web/status/9…

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「義元左文字」槌入れ式では村山浅間神社の宮司により祭事が行われ、太刀製作の成功と無事を祈願。村山浅間神社は大日堂など神仏習合の形態を残し、修験者である内田義基刀匠も縁深い神社です。刀匠自らも祈祷し、義元公500周年そして太刀製作に… twitter.com/i/web/status/9…

Bhre10oo reasonably small
水木良光@yosimitu_sword

「義元左文字」内田義基刀匠の鍛錬場で義元左文字復元プロジェクトの槌入れ式が行われました。刀剣の赤子ともいえる玉鋼を春風亭昇太さん小和田哲男さんという錚々たる方に鍛えて頂き一同深く感謝。この鋼がどんな太刀に成長するか楽しみです。 pic.twitter.com/Q8YuD1syYE

お知らせ
第2回「受け継がれる 匠の技」
3月11日(日)、午前11時から午後4時まで
江東区亀戸梅屋敷多目的ホールにて
刀剣研磨の実演を、弟子の神山貴恵と多田芳徳(蘭丸)が行います。
これ以外にも、表具、鍛金、江戸切子、指物など… twitter.com/i/web/status/9…